« 幻の北斗星 | トップページ | あとは専門家にお任せします »

2011.03.15

どうなる? 日本

幻の北斗星の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。寝台特急北斗星に乗車できないことなど、本当に些細なことであると断言できるような出来事が、次々に起こっていますね。東京電力に対し、菅総理が怒りを露にしたとのことですが、それでもいいじゃないですか。感情を抑えたままで付き合う相手とは、新たなものは何も生まれません。一国の総理が冷静に対処できていないとの指摘を受けているようですが、血の通ったコミュニケーションという観点で考えると、もっと先に進んで行くには、お互いの感情を交わすことが大切だと思います。

 週明けの二日目、いつものように出勤していると、仙台市出身の男性社員が私をゆうゆうと追い越していった。「あっ! 彼に話し掛けるチャンスだ!」と思いながらも、彼が耳にヘッドフォンを耳に挿して何かを聴いていたので、声を掛けるのをためらった。関西在住の方たちは、相手が耳にヘッドフォンを挿していようが通勤の途中に声を掛けて来るが、私はやはり東京に住んでいたこともあり、躊躇してしまうのだ。

 その後、お昼休みを過ぎてトイレに立つと、彼がオフィスの外で誰かと携帯電話で話をしている姿を見掛けた。ときどき漏れ聞こえて来る会話の内容から想像すると、どうやら相手は仙台市出身のご友人で、自分たちの周りで誰も亡くなった人がいないということをお互いに前向きにとらえている様子だった。もしかすると、ずっと連絡が取れなかった友人とようやく電話が繋がったのかもしれない。それを聞いた私は、ひとまずほっと胸を撫で下ろした。

 とは言え、今日も重要なニュースが入って来た。東京電力の福島第一原子力発電所でまたもや火災が発生し、超高濃度の放射線が計測された。その影響で、首都圏でも一時的に通常よりも高い放射線量が計測されたと聞いて、果たして私は、このまま自分がオフィスで仕事を続けることに意味があるのだろうかと思い始めた。私はそれほど放射線に関して詳しいわけではない。しかし、日本は本当にこのままではいけないと感じて、それ以上、仕事に集中できなくなってしまった。何とかしなければ・・・・・・。

 火曜日は、神戸市内の映画館がレディースデイであるために、女性は映画を千円で鑑賞できるのだが、映画を鑑賞する気にはなれず、映画館には立ち寄らずにまっすぐ自宅の最寄駅へと向かった。すると、自宅の最寄駅の改札口で、五月に大阪駅にオープンするという新しいビルの宣伝のためにビラ配りをしている男女に出会った。この人たちの頭の中には、東北地方太平洋沖地震のことも東京電力の福島第一原子力発電所の状況のことも占めてはいないのだろうかと思うと、同じ日本人として無性に腹が立った。こんなときに良くもまあ、五月に大阪駅にオープンするという新しいビルの宣伝などできるものだと、彼らの活動が非常識に思えて仕方がなかったのだ。

 そして、「ガンまる日記」の記事を下書きしているうちに、ほんの少しだが我が家が揺れた。またもや地震のようである。地震情報に注目していると、静岡県東部で震度六強の大きな地震があったようである。この地震による被害の大きさはまだ把握できていないが、震度六強というと、先日の東北地方太平洋沖地震で東京を襲った震度よりも大きいのではないだろうか。

 それに加え、東京電力の福島第一原子力発電所がかなり緊迫した状況にある。次々に押し寄せて来る地震、そして津波発生の恐怖、原子力発電所から漏れ出す可能性のある高濃度の放射能、計画停電による混乱、足りない生活用品・・・・・・。ああ、これからの日本は一体どうなるのだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 静岡県東部で震度六強の大きな地震で被災された皆さん、心よりお見舞いを申し上げます。これから底力を振り絞って頑張って行こうとしているときに、次々に災難が降りかかっています。福島第一原子力発電所の状況はかなり深刻ですね。これまでほとんど意識していなかったことを意識せざるを得ない状況になって来ています。どうか日本が今の危機を乗り越えられますように、願いを込めて。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 幻の北斗星 | トップページ | あとは専門家にお任せします »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51132833

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる? 日本:

« 幻の北斗星 | トップページ | あとは専門家にお任せします »