« 東北地方太平洋沖地震に思うこと | トップページ | 層 »

2011.03.12

ソフトウェア技術者として思うこと

 普段はほとんどテレビを観ない私も、先日機種変更をしたばかりの携帯電話がワンセグ携帯なので、テレビの報道特番やインターネットから配信されている海外のニュース番組に釘付けになっている。被害の状況は想像をはるかに上回るもので、新しいニュースが伝えられる度に悲惨な状況に胸を痛めている。自分に何ができるかを模索する中で、今回は、伝えられるニュースの中で気になったことを、ソフトウェア技術者という立場から書いてみたいと思う。

 まず、これほどの情報化社会であるにもかかわらず、いくつもの情報の関連付けが行われていないことを残念に思う。被災者の方たちが知りたいのは、離れ離れになってしまっているご家族や友人、知人たちの安否に関する情報だろう。それなのに、災害情報の掲示板などがあちらこちらに分散されていて、本気で誰かを探したいと思ったら、複数の災害情報の掲示板にアクセスして検索しなければならない。

 私は利用していないので詳しいことはわからないのだが、最近流行りのTwitterというサービスから、他のつぶやきサービスにも同時に書き込みができるようになっているらしい。あるいは、Twitter以外のつぶやきサービスから、自分のTwitterのアカウントに書き込みができるようだ。このようなことが実現できるならば、複数の災害情報の掲示板に書き込まれた情報を一箇所にまとめることができるのではないだろうか。すなわち、どの災害情報の掲示板にアクセスしたとしても、同じ情報を参照できるという仕組みが最も望まれているのではないかと思う。そうでなければ、せっかくの情報があちこちに溢れ返るばかりで、意味をなさなくなってしまう。

 とは言え、大地震発生当初から、携帯電話が通じにくくなったり、メールの配信も遅延したりしているようである。これほど携帯電話が普及しているはずの世の中なのに、いざというときに携帯電話が通じないのは不便なものである。今後、強く望まれる携帯電話とは、緊急時にも通じる携帯電話だと思う。そのためには、日頃から最大限の稼働率でシステムを稼動させるのではなく、災害発生時などの携帯電話の需要の多いときに、稼働率を自動的に拡張させられるようなシステムを組み上げておくことが必要であるように思う。コンピュータの世界において、障害が発生したときのために代替サーバとして待機しておくサーバが用意されている場合があるが、これの応用で、障害が発生したときにのみ自動的に拡張されるサーバを仮想サーバとして用意しておけば、運用コストもそれほど掛からないのではないだろうか。

 しかし、携帯電話を使う以前に、電気が足りていないという実情もある。鉄道会社も、電力会社からの電気の供給待ちのために停まっているらしい。それに加え、東京電力の福島第一原子力発電所で爆発事故があった。原子炉の熱を除去するために継続的に水を供給し続けなければ、炉心溶融と呼ばれる核燃料の一部が溶け出す現象が発生して、多くの人たちが被爆する恐れがあるという。多くの電力を供給するために、原子力発電所を設けてまかなっているわけだが、多くの電力をまかなうには、それだけの危険性も伴うということなのである。考えてみれば、私たちは、常に多くの電力が供給されることに甘えてしまっている部分もあるように思う。福島第一原子力発電所の爆発事故について記者会見を行った枝野官房長官は、国民に対し、節電を呼び掛けていた。

 ちなみに、節電に関するチェーンメールが飛び交っているようだが、関西電力圏に住んでいる私のところにも、以下のような節電を呼び掛けるチェーンメールが届いた。

■お願い■

関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。

一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!

こんなことくらいしか関西に住む僕たちには、祈る以外の行動として出来ないです!

このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!

 実際は、六十キロヘルツから五十キロヘルツに変換するときに多くの電力が失われるため、関西電力圏の人が節電しても、あまり力にはなれないらしい。また、関西電力も、チェーンメールで協力を呼び掛けるようなことはしていないと自社のホームページで明言している。ちなみに、このようなチェーンメールが増えると、携帯電話やインターネット上に多数のメールが流れることになるため、本当に連絡を取りたい人が連絡を取り辛くなってしまうという意見もある。実際、私自身も、今回の大地震が発生してから、メールの遅延が発生するという状況に直面している。ただ、節電については、今回のような大地震という状況でなくても、日常的に必要なことだと思っている。

 ニュース番組を見ていて不思議に思ったのは、食料や毛布が足りていない避難所がいくつもあるということだった。情報だけでなく、救援物資についても、必要なときに必要なものを届けるということがまだまだ実践されていないようである。取材陣が、そのような避難所まで足を運んでいるというのに、救援物資も届けずに取材しているというのが何とも理解できない。彼らにとっては取材をすることが仕事であり、救援物資を運ぶのは担当外ということなのだろう。寒い東北地方で電気も通じず、食べ物もなく、毛布も足りていない状況がどれだけ辛いか、私には想像もつかない。しかも、これまで住んでいた家が地震や津波により破壊されてしまっている場合、避難所生活を終えたとしても途方に暮れるばかりなのだ。

 そんな状況にあっても、冷静に見守ることができるのが、菅総理のご活躍ぶりである。兼ねてより、私は、日本にリーダーが誕生しないことを嘆いていた。それは、去年の夏休みにオランダのアムステルダムでマダム・タッソーろう人形館を訪れたときに強く感じたことでもある。世界中の著名人の蝋人形が並べられる中で、日本人の蝋人形が一体も確認できなかったのだ。しかし、今や菅総理のご活躍ぶりは、全世界のニュース番組で流れている。もしも菅総理がこれからの日本を引っ張ってくださったならば、日本だけでなく、世界に認められる総理大臣になれるかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 願いも空しく、新しい情報が入る度に被害者の方たちの数が拡大していますね。この先、余震が落ち着いたとしても、課題は山積だと思います。被災地の方たちもそうですが、日本のリーダーとなるべき方たちも、充分な睡眠時間を確保できていないのではないでしょうか。自分が政治に携わらないのに、いつも文句ばかり言っている国民ではありますが、彼らの頑張りが、いつか国民に認められる日も近いような気もしています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 東北地方太平洋沖地震に思うこと | トップページ | 層 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51108520

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェア技術者として思うこと:

« 東北地方太平洋沖地震に思うこと | トップページ | 層 »