« どうなる? 日本 | トップページ | 拮抗するエネルギー »

2011.03.16

あとは専門家にお任せします

どうなる? 日本の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 東北地方太平洋沖地震が発生してからというもの、私の周りでもいろいろなことが起こっています。またまた些細なことではありますが、そう言えば、迷惑メールが激減していますね。また、登録しているいくつかのショッピング用メルマガも休刊されているため、いつものようにメールを処理する作業に追われることなく、自分の作業に集中することができます。これまで迷惑メールの削除を含めてメールを処理するのに費やしていた時間がどれだけ膨大だったかがわかります。できれば、今のメール量を保ちたい気がしますね。

 今朝、いつものように勤務先への道を急いでいると、仙台市出身の男性社員が私を追い越して行った。その後、勤務先の入口のところで彼に追い付いたので、彼が耳からヘッドフォンを外していることを確認した私は、
「ご家族の方、大丈夫なんですか?」
と声を掛けた。すると彼は、
「多分、大丈夫だと思います」
と答えた。私は、想定外の返答に驚いた。何故、断定ではなく推定なのだろうか。彼の表情は、何とか笑顔を作ろうと努めているかのようだった。ひょっとすると、実際はご家族の方たちの安否確認が取れていないのだろうか。何となく込み入った事情がありそうだったので、私はそれ以上、尋ねるのをやめて自分の席に着いた。

 その後、気になったので、彼の事情を知っていそうな人に朝の彼とのやりとりを話して聞かせた。すると、
「ご家族は全員無事で、何とか連絡も取れてるようだけど、今は避難所にいらっしゃるようだよ」
とのことだった。私はそれを聞いて、客観的に、まずは彼のご家族が全員無事だったことに安堵した。しかし、避難所にいらっしゃるということは、大地震や津波のために住んでいた家が激しく損傷してしまっている可能性が考えられる。そのために、彼は今後のことを思い、複雑な表情を示したわけだ。あの凄まじい状況からすると、せめて命だけでも助かって良かったと思うのは、第三者的な発想なのかもしれない。

 その一方で、私は、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した火災のことで頭がいっぱいだった。もしも核燃料が大爆発して、大量の放射性物質が広範囲に広がりでもしたら・・・・・・。そう思うと、私は居ても立ってもいられず、実家の父母やガンモに、もしもこの先何かあったら、docomoの提供する災害用伝言板にメッセージを残すこと、または災害用伝言ダイヤルの一七一に電話を掛けることを提案しておいた。

 また、携帯電話が使えなくなってしまったときのことを考えて、災害時に連絡を取りたい人たちの電話番号を、携帯電話の電話帳の情報を頼りにアナログの手帳に書き出しておいた。普段の生活で携帯電話に頼りすぎているために、電話番号などのデジタルな情報はすべて携帯電話に付属の電話帳で管理していたのだ。これでは、携帯電話が電池切れのときに電話帳の情報を参照することができない。しかし、こうしてアナログの手帳に情報を書き出すことによって、書き出した情報を手掛かりに、伝言サービスを利用して連絡を取り合うことができるだろう。

 仕事中も、福島第一原子力発電所の状況が気になり、アクセス履歴が残ってしまうにもかかわらず、ニュースサイトをちょくちょく見ていた。水曜日は、自宅近くの映画館がレディースデイで映画を千円で鑑賞できるというのに、昨日と同じく映画館に足を運ぶこともせず、まっすぐ帰宅した。

 その帰り道、携帯電話のニュースサイトで、冷却の必要な核燃料プールに陸上自衛隊のヘリから水を投下して冷却する作業が試みられたものの、上空からでは作業員の被曝が避けられないため中止されたというニュースを知った。その作業に期待していただけに私はいよいよ先行きが不安になった。しかし、帰宅して携帯電話のワンセグ機能を使ってニュース番組を見ようとすると、既にほとんどのテレビ局においてニュースの特番が終了し、娯楽番組が放送されていることを知り、拍子抜けしてしまった。燃料プールを冷却できないことは、これまでの状況ほど深刻な問題ではなかったということなのだろう。私は、まるで人々に読み捨てられた雑誌をいつまでも大事に抱えているような気持ちになってしまった。多くの人たちは、早くも次の段階へと進んでいるのである。

 その後、東京電力の福島第一原子力発電所で発生している問題が、既に使用済の核燃料が持っている熱を冷ますことに留まる問題であり、実際に稼動中の原子炉に関わる問題ではないことがわかった。それならば、あとは専門家の方たちにお任せするしかないだろう。原子力発電に関する専門家たちも、海外から日本に駆けつけてくださっているようである。

 それにしても、問題が発生してから命がけで作業に当たってくださっている福島第一原子力発電所で働く東京電力や関連会社の方たちには、本当に頭が下がる思いである。一方で、被曝を恐れた宅配業者が救援物資を運んでくれないという問題も浮上している。仮に、福島第一原子力発電所の問題が落ち着いたとしても、ガソリン不足のために被災地の避難所で生活している人たちのところまで救援物資が行き届かない問題は残ったままである。また、ここに来て、被災地も急に冷え込みが厳しくなり、燃料不足がかなり深刻化しているそうだ。こうして便利な世の中になってしまったからこそ、ひとたび何かが欠けてしまうとなかなかリカバリできない。むしろ、今ほど便利でなかった昔のほうが、いろいろ工夫してやりくりしていたのではないかと思えてしまう。思えば、今ほど便利でなかった昔に行っていた工夫は未来へと向かう前向きの工夫だが、便利な世の中で行う工夫は、過去へと向かう後ろ向きの工夫になってしまうために、ひとたび便利さに慣れてしまうと、なかなか後戻りできないのかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m まだまだ課題が山積みの日本ではありますが、少しずつ問題が解決しつつあるのではないかと期待感を持って見守っています。不謹慎かもしれませんが、今、国民の中に一体感が生まれているのに、それが解けてしまうのは寂しい気もしますね。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« どうなる? 日本 | トップページ | 拮抗するエネルギー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51141239

この記事へのトラックバック一覧です: あとは専門家にお任せします:

« どうなる? 日本 | トップページ | 拮抗するエネルギー »