« 京都くろちくのガーゼマフラー | トップページ | 映画『森崎書店の日々』 »

2011.03.29

ホットヨガ(二三〇回目)

京都くろちくのガーゼマフラーの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。記事をアップしたあと、京都くろちくのショッピングサイトを参照していたら、他にもいろいろな商品があることがわかり、とても楽しい気持ちになりました。そう言えば、数年前に初めて京都くろちくの肌触りの良いガーゼマフラーを購入したときに、同じお店で売られていた和柄のガーゼマスクも購入したんですよね。自分のマスク姿は鏡にでも映し出さない限り、確認することはできませんが、モデルさんが和柄のガーゼマスクを着けているのを見ると、やはりかわいいですね。私もこのガーゼマスクを着けているときは、かなり視線を感じてしまいます。(笑)京都くろちくさんには、これからもいろいろな和雑貨を提供してくださることを期待しています。さて、東北地方太平洋沖地震に被災された方たちを支援するニュースがいくつか入って来ました。まずは、イスラエルから医療チームがやって来て、被災地で仮設診療所を開き、診療活動を行ってくださっているとか。仮設診療所では、レントゲン撮影や血液検査などの本格的な診察が行われているそうですね。本当に有り難いことです。また、フィンランド在住の日本人女性たちがTwitterなどで声を掛け合って、日本の被災地に向けて、水を使わない赤ちゃん用のミルクを贈ってくださったそうですね。みんなそれぞれに、得意分野を活かして、できることを実践してくださっているのですね。その熱意に胸が熱くなりました。

 東北地方太平洋沖地震が発生して日本全体が深い悲しみと大きな混乱に見舞われている中、私はホットヨガのレッスンに出掛けた。東北地方太平洋沖地震が発生した翌日の三月十二日土曜日のことだったが、決して淡々と出掛けて行ったわけではない。頭の中は、東北地方太平洋沖地震のことでいっぱいだった。

 いつものように、梅田店で六十分の骨盤コースのレッスンを受けたのだが、同じ日本であれほどの大地震が起こったというのに、関西地方はまったくと言っていいほど被害もなく、すべてが普通に機能していた。街を歩いている人たちは、一体どんな気持ちで家を出て来たのだろう。その日の朝、派遣仲間から届いたメールには、今日は出掛ける予定だったがキャンセルして自宅にいるつもりだと書かれていた。私も彼女の気持ちは良くわかった。ショックがあまりにも大き過ぎて、とても出掛ける気持ちにはなれなかったのだろう。

 私も迷ったのだが、レッスンをキャンセルしても仕方がないと判断し、思い切って出掛けることにした。おそらく、多くの人たちが派遣仲間のように自宅で過ごしているために、レッスンの参加者は少ないのではないかと思っていた。しかし、着替えを済ませてスタジオに入ってみると、何と二十名もの人たちがレッスンに参加していたのだ。梅田店の骨盤コースのレッスンでいつもお見掛けするご年配の方もレッスンに参加されていた。やはり、関西地方では日常が続いているのだと思った。ちなみに、男性会員の参加者は、またしてもゼロだった。

 レッスンを担当してくださったのは、梅田店で最も多くレッスンを担当してくださっているインストラクターである。そう、かつて南森町店や京都店のスタジオでもお目に掛かったことのあるインストラクターである。インストラクターは、骨盤コースのレッスンを担当してくださるのは初めてだったのだが、有り難いことに、かつて南森町店で行われていたオリジナルの骨盤コースに近いレッスンを展開してくださった。そう、これまで梅田店で骨盤コースのレッスンを担当してくださった他の二人のインストラクターが省略してしまっていた、四つん這いのポーズで前足を折り込むポーズが省略されなかったのである。私は、もはや梅田店では南森町店で受けていたようなオリジナルの骨盤コースのレッスンは受けられないと諦め掛けていた。しかし、今回のインストラクターによって、見事に再現されたのである。

 私はいろいろと想像を巡らせた。実に都合のいい解釈かもしれないが、ひょっとすると梅田店に通じているどなたかが私の書いているホットヨガの記事を読んでくださっていて、骨盤コースのレッスンを担当してくださっている梅田店のインストラクターにこっそり伝えてくださったのかもしれないとも思った。あるいは、私と同じように南森町店で骨盤コースのレッスンを受けていた方がいらっしゃって、勇気をもってインストラクターに話してくださったのかもしれない。同じ梅田店の中で、省略されたポーズを取っているインストラクターが少なくとも二人はいらっしゃるという状況の中で、オリジナルに近いレッスンを展開してくださるインストラクターがいらっしゃるということは、何らかの方法で練習用のDVDに立ち返るきっかけがあったのではないだろうか。実は、こんな都合のいいことを考えてしまったのは、今はなき神戸店のスタジオの店長さんをはじめとする一部のスタッフが、私の書いているホットヨガの記事を読んでくださっていたからだ。

 ちなみに、今回のレッスンでは、たくさんの汗を掻くことができた。私と同じように汗を掻いた人が多かったのか、レッスンを終えてスタジオを出るときに、床にたくさんの汗が飛び散っていた。

 シャワーを浴びて着替えを済ませたあと、受付にロッカーの鍵を返しに行くと、今回のレッスンを担当してくださったインストラクターが、
「大丈夫でしたか?」
と話し掛けてくださった。おそらく、私が一部のポーズを見送っていたために、気に掛けてくださったのだろう。私は、
「実は、子宮筋腫がかなり大きいので、うつ伏せになったり、また、お腹の筋肉を使うポーズは取れないんです」
と告白した。するとインストラクターは、「なるほど」という表情をされていた。私は、インストラクターが展開してくださったレッスンが、かつて南森町店で行われていたオリジナルの骨盤コースのレッスンにかなり近いレッスンだったことへの御礼をインストラクターに言いたかったのだが、何となく言いそびれてしまい、そのまま梅田店のスタジオをあとにすることになってしまったのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 梅田店でオリジナルの骨盤コースに近いレッスンを受けることができて、本当に良かったと思います。これで安心して(?)梅田店で骨盤コースのレッスンを受け続けることができます。(苦笑)東北地方太平洋沖地震が発生しても、関西地方の日常は変わっていませんでしたね。日本は小さな国だと教えられて来ましたが、西と東の違いを強く実感した一日でした。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 京都くろちくのガーゼマフラー | トップページ | 映画『森崎書店の日々』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51252237

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二三〇回目):

» ダイエットDVD の紹介と関連商品一覧 | ダイエット商品無料紹介サイト 効くダイエット通販 Diet Product eStore [ダイエット商品無料紹介サイト 効くダイエット通販 Diet Product eStore]
ダイエットDVD 本 食品 飲料 サプリメント グッズの通信販売ならおまかせ 商品ページ レビューの口コミで効果的なダイエット方法を比較して下さい [続きを読む]

受信: 2011.04.27 19:39

« 京都くろちくのガーゼマフラー | トップページ | 映画『森崎書店の日々』 »