« ソフトウェア技術者として思うこと | トップページ | 幻の北斗星 »

2011.03.13

ソフトウェア技術者として思うことの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 避難所に掲げられている掲示板やインターネット上に公開されている行方不明の方たちの情報を、時間をかけてデータベースなどを使って地道に管理することで、正確な安否確認が可能になるのではないかと思います。そうした情報整理は、現地にいなくてもFAXやインターネットを駆使すればできる作業なので、例えば遠隔地にいる求職中の方たちに政府や自治体などがお給料を払って実践してもらうという手もありますよね。そんな中で、行方不明者の情報が、今度は警察に集められるというニュースを拝見しました。行方不明者の情報は、一箇所に集められるのではなく、反対にどんどん分散化が進んでしまっているように思います。情報を一箇所に集めて適正に管理することが大切なのに、分散化が進んでしまっていることがとても残念です。

 どんな悲惨な状況の中にあったとしても、そこに感動はある。各国から次々にレスキュー隊が到着し、大地震で被災された方たちの救助や避難所への救援物資の配給に当たり始めた。自らの生命にさえ危険を及ぼす可能性のある人命救助の作業は、日頃から訓練を積んだ人たちでなければ難しい。今、日本には、そのように訓練された人たちが各国から続々とやって来ている。聞くところによれば、世界の数十ヵ国から、こうしたレスキュー隊の派遣の申請があったそうだ。有り難いことである。

 救助され、大地震発生以来、初めて顔を合わせる家族や友人、知人たちと抱擁を交わす人たちの姿もある。外国には、日常的に抱擁を交わすシーンがあるが、日本では余程のことがない限り、誰かと抱擁を交わしたりはしない。しかし、大震災を経験された方たちの間には、ごく自然な形で親しい人たちと再会したときに抱擁が行われている。そこには、日本人特有の恥ずかしさはない。離れ離れになっていた家族との再会を果たし、例え住む家がなくなっていたとしても、
「生きているだけでいい」
とここに生きている喜びの声を漏らした人もいる。

 被災地ではない場所にいる私たちが、ニュースという映像を通してこのようなシーンを見るということは、私たちが生きて行く上で最も大切なものは何であるのかを擬似体験させてもらっていることになる。それは、究極的な状況でなければ体験することができないような、ある意味、貴重な出来事でもある。

 しかし、その一方で、テレビという娯楽から遠ざかってしまったことに対し、退屈な気持ちを露にする人もいるようだ。テレビが大地震の報道特番で埋め尽くされているために、どうやら変化を求めているようなのだ。世界各国から次々にレスキュー隊が到着しているというのに、同じ日本に住む日本人が、大地震に対して無関心であるというのは、恥ずかしいものである。

 そんな中、東京電力圏内で、早くも十四日から、一日三時間から最大六時間程度の計画停電が実施されることになった。原因は、東京電力の発電所が相次いで停止したためである。正直言って、これはかなりの混乱を招くことだろう。停電中は電車も止まり、発電機のない信号機も止まる。街も屋内も暗くなる。生命に関わる医療器具はどうなるのだろう。国民に充分な備えもないまま、計画停電が実施されようとしているが、見方を変えると、半ば強引ではあるものの、政府の対応の早さに感心する。混乱は避けられないかもしれないが、そんな中からも、新たな秩序が生まれることを期待したい。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 大地震の発生から丸二日が経ちましたが、慌しい状況の中にあっても、次々に新しい対策が練られ、実践されているようですね。これらの経験を通して、私たちは、何が一番大切なことであるかを間違いなく体験させられているように思います。うまく言えませんが、普段から、色を重ねるかのごとく、いろいろなことが層になって起こっているように思います。層の中では、ネガティブとポジティブが必ずセットになっています。そして、何らかの事情で層が変わり、普段は起こり得ないようなことが次々に起こっているように思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ソフトウェア技術者として思うこと | トップページ | 幻の北斗星 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/51114820

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ソフトウェア技術者として思うこと | トップページ | 幻の北斗星 »