« 映画『レオニー』 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震に思うこと »

2011.03.10

ブリージングストレッチセミナー in 岡山(8)

映画『レオニー』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m こういう作品を鑑賞すると、お互いに与え合うことのできる男女関係はとても珍しいのだとわかります。レオニーとヨネ・ノグチは正式な夫婦ではなかったのでしょうが、ヨネの書いた英語の詩や文章にレオニーが手を入れることでヨネの本が世間に認められ、売れたということからすると、レオニーのほうが一方的にヨネに与えていたものが多かったのではないかという気がしますね。それでは、ブリージングストレッチセミナー in 岡山(7)の続きを書かせていただきます。

 古久澤先生がひととおりお話をされたあとは、セミナーの参加者全員で体操の実践に入った。以前も書かせていただいたように、今回のセミナー会場となった五福座はとても寒かったので、体操で身体を動かすと身体が温まって来るのではないかという期待感があった。

 体操の実践に入ると、当然、これまでメモを取り続けていた筆記用具を置くことになるので、すべての体操を鮮明に思い出すことができない。覚えている限りで書かせていただくと、ヨガの三角のポーズのように、身体の側面を思い切り伸ばし、深呼吸をしたときに、身体の側面にも空気が行き渡るようなストレッチを行った。

 また、手の長さや足の長さが違う場合の矯正なども簡単にできるとレクチャーを受けたのだが、ここに正確に記せるほど内容を覚えてはいないのが残念である。セミナーに参加されている方たちにモデルになっていただいて、古久澤先生がセミナー参加者の前でレクチャーしてくださったのである。とは言え、体操の内容をすっかり忘れてしまってもいいように、四月になると、古久澤先生の体操の本が出版されるそうだ。その本の中には、今回のセミナーで実践した体操も含まれているらしい。

 私がはっきりと覚えているのは、骨盤の歪みを矯正するという体操である。仰向けに寝転がり、まずは両足を立てて、両方の手でそれぞれの足首を掴んで手前に引き寄せたあと、片方の足を内側に捻(ねじ)る体操である。そのとき、足の外側が張ると食べ過ぎの警告らしい。片方の足が終わると、続いてもう片方の足も行う。私はやはり、左の足をねじるときに痛みを感じた。私は早速、この体操を、ホットヨガのレッスンの前にヨガマットの上で行う体操として実践させていただいている。

 古久澤先生の体操は、一人で行うものもあれば、他の参加者の方と組んで行う体操もある。去年の神戸セミナーのときは、会議室で行われたので、誰かと組になって体操を行うことはなかったのだが、その神戸セミナーの数ヶ月前に行われたもう一つの神戸セミナーは身体を動かせる場所で行われたので、その場で出会ったばかりの方と組になって体操を行った。二人で行う体操は、二人が同時に同じことをして引っ張り合ったりするのではなく、片方が完全に受身になり、もう片方が能動的に働き掛けるようになっている。分かり易く言えば、片方は施してもらう方、もう片方は施す方、ということになるだろう。今回、私は、去年の神戸セミナーでお目に掛かったHさんとパートナーを組ませていただいて、体操の実践に及んだ。Hさんは、普段から古久澤先生の体操教室に通っていらっしゃるだけに、とても慣れていらっしゃった。

 古久澤先生のセミナーに参加して思うことは、他の参加者の方たちとの距離が近くなることである。私が最初に参加した神戸セミナーは、マンションの一室というこじんまりとした空間で行われたのだが、そこでは自分が呼んで欲しい名前をシールに書いて、名札代わりに服の上から胸に貼り付けていた。その次に行われた神戸セミナーでも同様だった。また、体操の実践では他の参加者の方と組むことになるため、そこでコミュニケーションが発生する。こういうところは、常に自分一人だけの世界を守り続けるホットヨガのレッスンとは大きく異なっているところである。

 ところで、今回実践した体操の中で、やはりホットヨガの骨盤コースのレッスンでも実践している体操があった。それは、私が最初に参加した神戸セミナーでも実践した体操なのだが、四つん這いになったあと、伸ばしている左手の間に右手を通して、そのまま頭や右肩を床に落として身体をねじる体操である。左手の間に右手を通したあとは、反対側も同じように行う。私はこの体操で、足が浮いてしまっていたらしく、Hさんが浮いていることを指摘してくださった。私としては、足が浮いてしまっていることを特に意識してはいなかったので、おそらく私の身体は、この体操をしたときに足を浮かせなければならないほどの歪みがあるのだろうと感じた。

 有り難いことに、こうして体操で身体を動かしているうちに、だんだんと身体が温まって来たのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 体操の内容を詳細にお伝えすることができなくて申し訳ありません。(苦笑)おそらく、その体操を実践することで、身体のどこに働きかけているかを理論的に理解することができれば、体操の内容をあとから組み立てることも可能なんでしょうね。今はそれが難しいので、四月に発売されるという古久澤先生の体操の本に期待したいと思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『レオニー』 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震に思うこと »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリージングストレッチセミナー in 岡山(8):

« 映画『レオニー』 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震に思うこと »