« ブリージングストレッチセミナー in 岡山(3) | トップページ | 映画『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 »

2011.02.24

ホットヨガ(二二四回目)

ブリージングストレッチセミナー in 岡山(3)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。古久澤先生の漢字の解釈は、「なるほど!」と思いますよね。セミナーで学んだことを一気に書き上げてしまうと、セミナーの余韻から遠ざかってしまうような気がしてしまいますので、余韻に浸りながら、少しずつ書かせていただきますね。

 二月の三連休の初日は、三宮店で六十分の骨盤コースのレッスンを受けた。祝日のレッスンには、日曜日のレッスンスケジュールが適用されるので、レッスンは夕方からである。

 受付には南森町店のスタッフがいらっしゃったので、またしてもごあいさつをさせていただいた。それにしても、良くお目に掛かるスタッフである。

 今回のレッスンには、十三名の方たちが参加されていた。三連休になると、旅行に出掛ける方が多いのか、いつもよりもレッスンの参加者が少なくなりがちなので、三連休にして十三名の参加者は多いほうだと思う。レッスンを担当してくださったのは、受付ではしばしばお目に掛かってはいるものの、レッスンを担当してくださるのは初めてのインストラクターである。

 狭いスタジオに十三名の参加者が集まったためか、参加者の体温でスタジオ内の気温がぐんぐん上昇し、多くの人たちがタイミングを見計らってはスタジオの外に出て涼んでいた。スタジオ内が暑かったせいか、呼吸の浅い私も汗がたくさん出て来た。ここのところ、五百ミリリットル入りのペットボトルの水を一本用意するだけで足りていたのだが、汗をたくさん掻いたせいか、レッスンを終える前に用意した水をすべて飲み干してしまいそうだったので、セーブしながら飲んだ。

 思えば、南森町店で骨盤コースのレッスンを受け始めた頃、私は自分の骨盤を動かすことや、お尻の穴を締めるといったことが、感覚として理解できていなかった。それくらい、私の骨盤の状況はひどかったのだと思う。しかし、今では自分の骨盤がどこを向いているのかがわかるようになり、お尻の穴も、意識して開いたり閉じたりできるようになった。それらの変化を振り返ると、私の骨盤は本当に固まってしまっていたのだと思う。それほど固まっていれば、骨盤周りが病気になってしまってたとしても、決しておかしくはない状況だったと思う。

 ところで、最近の私は、骨盤周りを温めることを意識して実践している。例えば、これまでオフィスで仕事中に使用していたひざ掛けをバージョンアップさせて、下半身を丸ごと巻き付けられるマイクロファイバー毛布に変えた。ひざ掛けだけでは、ひざ掛けの当たっていない腰周りがひどく冷えてしまうためである。実際、仕事中にトイレに立つと、ひざ掛けの当たっていない部分がひどく冷たかったのだ。また、上半身は半袖Tシャツ一枚でも、せめてお腹周りだけは温めようと、ショールをお腹に巻き付けて仕事をしている。このように、いろいろな意味で、骨盤周りやお腹周りを温めることの大切さを実感しているこの頃である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 過去を振り返ってみると、私の骨盤の状況は本当にひどい状態だったことがわかります。自分の骨盤を意識するようになったのも、古久澤先生のおかげですね。(笑)それだけに、ホットヨガの骨盤コースのレッスンが、インストラクターの頭の中で、単なる知識として存在するだけに留まってはいないかどうかを敏感にキャッチしています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ブリージングストレッチセミナー in 岡山(3) | トップページ | 映画『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/50963356

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二二四回目):

« ブリージングストレッチセミナー in 岡山(3) | トップページ | 映画『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 »