« ホットヨガ(二一八回目)(前編) | トップページ | カリプソオカマショー »

2011.01.20

ホットヨガ(二一八回目)(後編)

ホットヨガ(二一八回目)(前編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 首の凝りが身体の固さに関係していたというのは、驚きでしたね。ということは、身体の柔らかい人たちは、首の後ろが凝っていないのでしょうね。私は、プライベートでも仕事でもパソコンに向かうことが多いので、人一倍首の凝りがひどいのかもしれません。

 レッスンを終えたあと、私は携帯電話から、いつもレッスン予約時にアクセスしているホットヨガのサイトを開いて、スタッフブログへのリンクを探してみた。しかし、そのサイトからはスタッフブログがリンクされていなかったため、残念ながら参照することができなかった。

 シャワーを浴びたあと、着替えを済ませて受付に足を運んでみると、会員の女性と受付のスタッフが何やら話し込んでいた。私はその間に割り込んでしまうことを躊躇しながらも、受付のスタッフに、
「こんにちは」
とあいさつをした。何故ならそのスタッフは、三宮店や梅田店でお目に掛かった南森町店のスタッフだったからだ。受付のスタッフは、
「三店舗でお会いしましたね」
と声を掛けてくださった。

 先ほどまでスタッフと話し込んでいた会員さんは、
「ブログ見てないけど、塩飴をもらいましたよ」
とおっしゃる。そして、私にも、
「塩飴、もらったらどうですか。きっともらえますよ」
とおっしゃる。私は、携帯電話からスタッフブログのページにはアクセスできなかったので、
「ブログを読んでいないのでダメですよ」
と正直に答えた。するとその会員さんは、
「じゃあ、私がもらった塩飴をあげますよ」
と言って、さきほど受付で受け取ったばかりの塩飴を私に差し出してくださる。ずいぶんフレンドリーな会員さんである。

 私が困っていると、会員さんは更に、
「私もブログを見てないのに塩飴をもらったので、言えば、きっともらえますよ」
とおっしゃる。しかし、実際は見ていないのだ。戸惑う私に、会員さんは、
「じゃあ、見るということにしてもらったらいいじゃないですか」
とおっしゃる。私はとうとう腹をくくり、
「わかりました」
と言った。すると、その様子を見守っていた受付のスタッフが、
「じゃあ、見るということで」
と言って、私に塩飴をくださった。実際、南森町店をあとにしてから、私はパソコン用のサイトからスタッフブログを参照した。確かに南森町店の記事のほとんどは、今回、骨盤コースのレッスンを担当してくださったインストラクターが書かれているようだった。そのインストラクターなりの世界を持っているように思えた。

いただいた塩飴

 その後、受付では、今回の骨盤コースのレッスンの感想に花が咲いた。その会員さんも、骨盤にずれがあるのを認識してはいるが、自分ではなかなか矯正することができないとおっしゃっていた。そして、今日のレッスンがとても良かったともおっしゃっていた。私も、これまで南森町店で骨盤コースを担当されていたインストラクターのレッスンとは内容が異なっているものの、とてもためになるレッスンだったとコメントした。

 受付のスタッフ曰く、今回の骨盤コースは、年末用の特別レッスンなのだそうだ。ということは、骨盤コースのレッスンが通常のレッスンに組み込まれた場合、また別のレッスンになるということなのだろう。

 会員さんは、私が大きな荷物を抱えているのをご覧になり、
「私も以前はたくさんの荷物を抱えていて、『これから山に登るの?』と、人から良く言われてたんですけど、えらい目に遭って、生活を変えたんです」
とおっしゃった。「これから山に登るの?」というのは、私もしばしば人から言われていることである。その日も、自宅の最寄駅の駐輪場のおじさんに、
「山にでも登るの?」
と言われたばかりだった。

 会員さん曰く、重い荷物を背負っていると、腰を痛めてしまうそうだ。会員さんは、これまで仕事の荷物やらホットヨガの荷物やらをリュックに詰め込んで背負って歩いていたが、腰を痛めてしまったことをきっかけに、キャスター付きのリュックに変えて、コロコロ転がしながら歩くようになったのだそうだ。その話を聞いた途端、受付のスタッフが、
「そう言えば、以前はずっとリュックを背負っていらっしゃいましたよね?」
とおっしゃった。

 私が、会員さんの愛用していらっしゃるキャスター付きのリュックに注目していると、会員さんは、
「もし買うなら、キャスターが四つ付いているリュックを買うといいですよ」
とアドバイスしてくださった。そのほうが安定性もあり、キャスターのある方向にリュックを傾けることなく、スーツケースのようにコロコロとまっすぐ転がしながら歩くことができるからだそうだ。

 これはいいことを聞いたと私は思った。確かに私も重いリュックを背負っているとき、腰に負担が掛かっていることは実感している。とは言え、実は私はキャスター付きのリュックも持ってはいるのだが、リュックが大きい上にキャスターが付いているため、これまでよりもかえってたくさんの荷物を詰め込んでしまうため、使用を中止していたのだ。しかも、キャスターが二つしか付いていないので、リュックを転がして歩くときは、リュックをキャスターのある方向に傾けなければならなかった。それでも、会員さんの話はとてもためになった。会員さんは、私が腰を痛めてしまってからでは遅いということで、私に貴重な体験談を聞かせてくださったのだと思う。

 その後、私は、南森町店でレッスンを受けたときにいつも利用している定食屋さんで昼食をとった。ありがたいことに、およそ数ヶ月振りの利用だったにもかかわらず、お店の人が私のことを覚えてくださっていた。というのも、私はいつも、お店で用意された割り箸を使わずに、My箸を利用して特定の店員さんに印象付けていたからだ。私のことを覚えてくださっていた店員さんが、他の店員さんに、
「あっ、この方は箸はいらないから。お箸はお持ちだから」
と言ってくださり、
「お久し振りですね」
とあいさつしてくださったのだった。

 久し振りに訪れた南森町で、このようにいろいろな想いを交わすことができて、とても有意義だったと思う。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガのレッスンを受けていると、着替えやバスタオル、お風呂セット、水などを持ち歩くことになるため、かなりの大荷物になるんですよね。レッスン時の荷物を軽くするためには、レッスンウェアやバスタオルをレンタルしたり、水も購入したりという方法がありますが、それでは一回のレッスンが少し割高になってしまいます。中には荷物の少ない人たちもいますが、そういう人たちは、どこかで水を購入し、バスタオルもレンタルして、腹巻も使わず、靴下もきっと重ね履きすることなく一枚で、ひざサポーターも使用していないんでしょうね。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(二一八回目)(前編) | トップページ | カリプソオカマショー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/50642784

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二一八回目)(後編):

» SI単位 換算 [初心者のためのSI単位]
SI単位を詳しく解説したサイトです。各単位の換算表も完備 [続きを読む]

受信: 2011.01.21 07:05

« ホットヨガ(二一八回目)(前編) | トップページ | カリプソオカマショー »