« ひまし油パックへの期待感 | トップページ | 映画『七瀬ふたたび』 »

2010.12.13

非常階段から避難する

ひまし油パックへの期待感の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。仕事中もひまし油パックへの期待感が膨らみ、ひまし油パックのことが頭の中をグルグルと駆け巡っていました。(笑)[ケイシー入門講座]子宮筋腫の動画で奥様が妊娠されたときに大きな子宮筋腫が三つもあったというお話をされているのは、日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀さんです。光田さんの奥様の状況は、私の状況と良く似ていますね。むしろ、光田さんの奥様の筋腫のほうが大きいように思います。私は、MRI画像を見て、自分の子宮がもはや余裕のないほどに筋腫で埋め尽くされている状況を知っていますので、私よりも大きな筋腫を抱えていらっしゃった光田さんの奥様が普通に出産できるほどまで筋腫が縮小されたというお話をうかがって、これはすごいことだと思いました。こうして気に掛けてくださっている方もいらっしゃるようなので、続いて、先週末のI医師の診察の様子も一気にお伝えしようかと思ったのですが、子宮筋腫カテゴリの過去の記事を読んでいたら、だんだん腹が立って来てしまいました。(苦笑)例えば、この記事です。この記事は、現在の主治医であるI医師に出会う前に診ていただいていた、かつての主治医による診察の様子ですが、読み返すだけでも激しいストレスを感じてしまいます。この記事を書いて三年経った今でも、私は子宮全摘手術を受けていません。それなのに、当時、こんなにも威圧的な態度を取られていたんですね・・・・・・。こういう医師もいるんですね。ああ、思い出しただけでも腹が立って来ます。(苦笑)

 早起きのせいか、平日の夜はひどく眠い。我が家はまだ何も暖房器具を使ってはいないのだが、自宅でパソコンに向かうときは、ひざ掛けや毛布などで下半身だけを温めている。私の場合、下半身を温めると気持ちが良くなり、余計に眠くなる。

 ガンモが飲み会だというので、私はガンモが帰宅するまで、ベッドに横になって眠っていた。すると、飲み会から帰宅したガンモが、
「呑んでたビルが火事になって、みんなで避難した」
と言うではないか。私はしばらくの間、寝ぼけ眼でガンモの話を聞いていたのだが、次第に目が覚めて、意識がはっきりして来ると、それは恐ろしい体験だったのではないかと思うようになった。

 「ガンモ、それ、すごい体験だから」
と私が言うと、ガンモは、
「そうだから」
と言った。

 ガンモに詳しい話を聞いてみると、事務所で仕事をしていた同僚たちの間で、仕事帰りに呑みに行こうという話が持ち上がったらしい。そのときガンモは、呑んでいたビルの近くにある顧客のところで仕事をしていたようだ。ガンモの仕事が長引いていたので、呑みに行こうと誘ってくれた同僚たちが、ガンモが仕事をしている場所から近いところにあるそのビルにある居酒屋を飲み会の場所に指定してくれたらしい。そして、ようやく仕事を終えたガンモが同僚たちと合流して呑んでいるうちに、そのビルの一階で火災が発生したというのだ。

 ガンモたちが三階の居酒屋で歓談していると、一階で火災が発生したという館内放送が流れ、非常階段から非難するように誘導されたそうだ。ガンモ曰く、そのとき、煙の臭いもしていたと言う。ガンモたちは非常階段から避難したらしいのだが、そうした緊迫した状況にありながらも、エレベータを使う利用客もいたらしい。

 ガンモは、
「あのビルは良く出来てるよ。非常階段が外にあるから」
と言った。私はその様子を想像してみた。確かに、ビルの造りによっては、非常階段が建物の中に造られているケースもあるだろう。そうなると、今回のように階下で火災が発生した場合、非常階段が既に炎に包まれてしまって使えないこともあるのではないだろうか。しかし、非常階段がビルの外に設置されていたおかげで、室内にいたときは煙を感じていたのに、安全に避難することができたわけである。

 「本当に無事で良かったよ」
と私はガンモに言ったが、考えれば考えるほど恐ろしくなった。同じような状況にあって、逃げ遅れたり、非常階段が炎に包まれてしまったりすることもなく、無事に避難することができて本当に良かったと思う。もしかすると、この世で起こるありとあらゆることは、ほんの紙一重の差でしかないのかもしれない。

 無事に非難できた話がいったん落ち着くと、ガンモは苦笑いしながら、
「実は、避難を促す館内放送が流れてすぐに逃げたから、みんな呑み代を払ってないんだよね」
と言った。確かに、切迫した雰囲気の中で、落ち着いて会計を済ませてから避難する人もいないだろうし、居酒屋としてもそういう体制は取らないだろう。いやはや、お金よりも人命のほうが大切であることへの証明に繋がるような貴重な出来事である。とにかく、無事に避難することができて本当に良かった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このときの呑み代はどうなるのでしょうね。あとから任意で払いに行くにしても、どのテーブルで飲み食いしていたかというのを申告すれば、支払いは可能なのでしょうか。何はともあれ、大事に至らなくて本当に良かったと思いました。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ひまし油パックへの期待感 | トップページ | 映画『七瀬ふたたび』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/50296835

この記事へのトラックバック一覧です: 非常階段から避難する:

« ひまし油パックへの期待感 | トップページ | 映画『七瀬ふたたび』 »