« 映画『瞳の奥の秘密』 | トップページ | 忍者紀行(4) »

2010.12.03

ホットヨガ(二一二回目)(後編)

映画『瞳の奥の秘密』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m イレーネの役を演じていたソレダ・ビジャミルという女優さんに、私は何かの映画でお目に掛かっているはずだと思うのですが、過去に出演された作品情報を拝見しても、本作の情報しか掲載されていませんでした。ということは、私にとっては既知感のある不思議な女優さんということになりますね。(笑)彼女はとても魅力的な女優さんだと思います。それでは、ホットヨガ(二一二回目)(前編)の続きを書かせていただきますね。

 まず始めに、カリスマインストラクターは 
「どのくらいのペースでレッスンに通えますか?」
と私に尋ねてくださった。私は、京都店のレッスンに通えるペースのことだと思い、現在、兵庫県の○○市に住んでいることと、かつて南森町店で骨盤コースのレッスンを受けていたこと、現在は三宮店か梅田店でリラックスコースのレッスンを受けていることなどを話した。

 どうやらカリスマインストラクターは、レッスン中に私があまり汗を掻いていなかったことを随分気に掛けてくださっていたらしい。私がレッスン中にフェイスタオルをほとんど使用していなかったので、このままではいけないと思われたようだ。

 それに対し、私は、
「午前中のレッスンでは、それなりに汗は掻くのですが、夕方から夜に掛けてのレッスンでは、あまり汗が出ませんね」
と答えた。その日は十七時からのレッスンだったので、私にとってはあまり汗の掻かないレッスンに相当する。そのため、私には当たり前のこととして、あまり気にも留めていなかったのだ。とは言え、カリスマインストラクターはレッスン中に、滝のように汗を掻いていた。となると、やはり私があまり汗を掻いていないことを不思議に思われたとしても仕方がないだろう。

 カリスマインストラクターは、私に、
「レッスンのときに行っている呼吸法をここで実践してみてください」
とおっしゃった。私が言われた通りに実践してみると、カリスマインストラクターは、
「ああ、それは普通の呼吸ですね」
とおっしゃった。どうやら私は、レッスン中に行う呼吸が浅く、ヨガで行う呼吸法が実現できていないらしい。そのときになって初めて、私は「なるほど」と思った。私の筋腫がここまで大きくなってしまったのも、呼吸が浅いからではないかと思ったのだ。

 更に、カリスマインストラクターは、私に、
「お腹に手を置いて、お腹を膨らませて、次にお腹を凹ませるように呼吸してみてください」
とおっしゃった。私はカリスマインストラクターに言われたように、お腹に手を置いて大きく呼吸を続けた。確かに、お腹に手を置いて呼吸をすると、息がお腹まで行き届いているのが良くわかった。その様子を見届けたカリスマインストラクターは、
「レッスンのときはお腹に手を置いて、意識的に呼吸を行ってください。お腹に手を置いて呼吸しても、怒るインストラクターはいませんので」
とおっしゃった。

 考えてみれば、私は自分の呼吸が浅いことを、普段から特に意識していたわけではなかった。しかし、こうしてカリスマインストラクターに指摘されてみると納得が行く。呼吸が浅いために血液がお腹まで行き渡らず、お腹の中の老廃物をうまく排泄することができずに筋腫が成長したり、下半身の冷えが起こってしまっているのではないだろうか。

 カリスマインストラクターは、
「呼吸が深くなると代謝が良くなり、自律神経が活発になり、体温調節もできるようになって来ます」
とおっしゃった。まさしくそれは、現在の私が求めている姿である。卵巣の働きが鈍り、エストロゲンの分泌量が減少しているために上半身のほてりを感じていることも、自律神経の働きが活発になることで改善されるかもしれないのだ。

 カリスマインストラクターは、私に、
「お風呂に入るときに、湯船には浸かっていますか?」
と尋ねてくださった。私は、マンションの大規模修繕(9)に書いたような事情で、まだシャワー生活を続けていた。そこで私が、
「シャワーで済ませてますね」
と答えると、カリスマインストラクターはとても残念そうに、
「普段からホットヨガのような環境を作っておくと、汗が出易くなりますので、是非、湯船にゆっくり浸かって、湯船の中で深い呼吸をしてください」
とアドバイスしてくださった。

 私はカリスマインストラクターに厚くお礼を言って、ロッカールームへと移動した。ホットヨガのレッスンを始めてから、この夏で丸四年が経過したが、レッスン終了後にインストラクターから個別にアドバイスをいただいたのは初めてのことだった。私はすがすがしい気持ちで京都店のスタジオをあとにした。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m レッスン終了後にインストラクターから個別にアドバイスをいただけるなんて、実にありがたいことであります。例えインストラクターの中にも、レッスンを受けている私たちの中にも、個別にアドバイスしたい、あるいはアドバイスを受けたいという願望があったとしても、いろいろな状況を先回りして考慮し過ぎてしまい、実行に移すだけの判断ができない場合があります。しかし、このときはそうではなかったのですね。特に誰の判断を仰ぐわけでもなく、カリスマインストラクターはレッスンのあと、私に時間があるかどうかを尋ねてくださいました。もしかしたら、ほんのちょっとの判断を下すだけで、そのあとに起こる出来事は、まったく違うものになるのではないでしょうか。みんな変わりたいという芽を持っているのに、その芽を積極的に育てようとしていないだけなのかもしれません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『瞳の奥の秘密』 | トップページ | 忍者紀行(4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/50206250

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二一二回目)(後編):

» ヨガの種類 [ヨーガ呼吸でストレス社会を乗り切る]
ヨガには、数々の種類、流派があるようで、たまたま私のヨガ講師は、「ハタヨガ」の産みの親である師匠のお弟子さんであることから「ハタヨガ」を実践されているのだと思う。だから私も「ハタヨガ」しかわからないのだが、インターネットで調べると「世界最大のヨガサイト(yogainfo.jp)」というのがあった。3種類ぐらいだろうと思っていたが、10数種類記載されていたので、良くメディア広告で見聞きし印象にあ... [続きを読む]

受信: 2010.12.10 16:25

« 映画『瞳の奥の秘密』 | トップページ | 忍者紀行(4) »