« ゴッホやレンブラントには遠くても、大型チェスに癒される | トップページ | 映画『トイレット』 »

2010.11.01

ホットヨガ(二〇七回目)

ゴッホやレンブラントには遠くても、大型チェスに癒されるの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 改めて撮影した写真を眺めてみると、地元の方たちが大型チェスを楽しんでいる場所には、もともと、チェスのための碁盤(じゃないですよね。囲碁じゃないんだし。(苦笑))が描かれているのですね。しかも、この大型チェスの駒(と言うのでしょうか?)は、チェスを終えたあと、どこに仕舞うのでしょうね。どこにも収納せずに、出しっ放しにしておくのでしょうか。

 ここのところ、少しずつ平日の仕事帰りを有効活用しようと、思い切って、レディースデイに映画を鑑賞したりしている。フレックスタイム制が廃止されてからというもの、五時起き生活が始まってしまったため、平日はできるだけ早めに帰宅して「ガンまる日記」の下書きをしたあと、翌日の仕事に備えるというのが常だった。しかし、心の中にはいつも、もっと平日の仕事帰りを有効活用したいという思いもあり、思い切って仕事帰りに寄り道をしてみたのだ。その結果、週に一日程度なら、仕事帰りに寄り道をして寝不足になったとしても、何とかリカバリできることがわかって来た。

 その調子で、とうとう、ホットヨガのレッスンにも参加してみた。フレックスタイム制が廃止される前までは、仕事帰りに神戸店のスタジオに立ち寄って、ホットヨガのレッスンを受けていたものだった。神戸店のすぐ隣にはお気に入りの映画館もあり、ホットヨガのレッスンにも通いたいし、映画も観たいという葛藤を抱えてもいた。今になって思えば、あの頃がとても懐かしく思う。

 仕事帰りにホットヨガのレッスンを受けようと思ったのは、二週連続でガンモと一緒に週末を利用して泊まりで出掛ける予定を入れていたため、レッスンに間隔が空いてしまうと思ったからだ。私は、三宮店でリラックスコースのレッスンが受けられる木曜日の夜を選んでレッスンに参加した。

 レッスンの参加者は十五名で、平日の夜のレッスンとしては多いと感じた。きっと私以外の方たちは、ほぼ日常的にこのレッスンに参加されているのだろう。私は、平日の夜を自由にできる人たちがちょっぴりうらやましかった。ちなみに、レッスンを担当してくださったのは、自分の書いた台本を読む堅実なインストラクターである。

 神戸店のスタジオに通っていた頃から、夜のレッスンに参加しても、あまり汗が出ないことを実感していたが、やはり今回も、スタジオ内がひどく暑くなっているにもかかわらず、ほとんど汗は掻かなかった。おそらく、汗をたくさん掻こうと思ったら、午前中の排泄の時間にレッスンを受けるほうがずっと効果は高いのだろう。夜に汗をあまり掻かないのは、午前中と違って夜が蓄積の時間であるという身体のリズムと関係しているのだと思う。おそらく夜は、身体が水分を逃がしたがらないのだと思う。

 スタジオの中がとても暑かったので、やはりいつものように、つるべ落としのポーズの前になるとスタジオの外に出て、しばらく涼んだ。それにしても、上半身にほてりがあるというのは、なかなかやっかいなことである。一時的に寒くなったので、この秋、二日間だけ長袖を着て出掛けてみたが、今は再び半袖に戻っている。以前よりも気温が低くなっているので、さすがに半袖を重ね着しているが、腕が暑いので、常に生腕をさらしておきたい。心配なのは、この先、オフィスに暖房が入ることだ。今でさえ、オフィスに着くと半袖Tシャツ一枚になって仕事をしているというのに、暖房が入ってしまえば、私はこれ以上、何を脱げば良いのだろう。

 それはさておき、久し振りに平日のレッスンを受けて感じたことは、自宅から水を持参するのが重いということだった。私はいつも、ホットヨガのレッスンを受けるとき、浄水器を通した一リットルの水を自宅から持参する。週末に受けているレッスンでは、ホットヨガのレッスンセットと映画鑑賞のためのひざかけを用意して出掛けて行くのだが、仕事帰りにホットヨガのレッスンを受けるとなると、通常のレッスンセットに加え、仕事に出掛けて行くために必要なものも同時に揃えておかなければならない。ということは、オフィスに着いてから食べている朝食のバナナや昼食のお弁当も一緒に持参することになるのだ。それらをすべて一つのバッグに詰め込んで持参するのは、正直言ってかなり重い。それならば、せめて水だけでも、レッスンの直前に自動販売機などで購入すれば良いのではないかと思われるかもしれないが、水に対するこだわりもあったりして、できるだけ自宅から持参したいのだ。

 夜は身体が水分を逃がしたがらないように出来ているのだとすると、仕事帰りにホットヨガのレッスンを受けるのは、あまり効率的ではないと感じた。やはり、ホットヨガのレッスンは、身体のリズムに合わせて、休日に余裕を持って受けたいものである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 以前から、夜にレッスンを受けてもあまり汗を掻かないことは実感していましたが、今回、レッスンに参加してみてそれが決定的になりました。ホットヨガでなくても、ヨガは午前中の空腹時に行うのが一番いいと聞いたことがあります。私の場合、ホットヨガなので、汗をたくさん掻くことができることを最初から期待しているんですよね。今後も仕事帰りにレッスンを受けるかどうかはわかりません。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ゴッホやレンブラントには遠くても、大型チェスに癒される | トップページ | 映画『トイレット』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/49911799

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二〇七回目):

« ゴッホやレンブラントには遠くても、大型チェスに癒される | トップページ | 映画『トイレット』 »