« 映画『インセプション』 | トップページ | 旅行中に不便を感じたこと »

2010.10.10

マンションの大規模修繕(1)

映画『インセプション』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 他人の夢の中に入り込むために、自分自身も眠るという発想は面白いですよね。そんな高度な技を使えるならば、せめて自分だけでも覚醒している状態でもいいとは思うのですが、数人のプロジェクトを組んで、仲間たちと一緒に眠りに入り、任務を遂行しようとするんですね。自分も一緒に眠り込んでしまうと、自分の夢の中に、自分と同じような実力を持った人が入り込んで来やしないかと、冷や冷やしないのでしょうか。(苦笑)

 私たちの住んでいるマンションも、築十二年が経過した。そこで、かねてからの計画だったマンションの大規模修繕が行なわれることになった。マンションの大規模修繕とは、専門の業者にお願いして、共有部分を中心に、マンションのコンクリートのひび割れの修繕や、外観のタイルの張替え、通路やベランダ、それからバルコニーなどの壁や床の塗り替えを行なっていただくというものだ。私たち区分所有者は、こうした大規模修繕のために、修繕積立金をせっせと貯めていた。

 以前にも書いたが、私たちの住んでいるマンションは、早いうちからマンションを建設した会社の子会社であるマンションの管理会社と縁を切り、自主管理に入った。それは、マンションの管理会社に支払う手数料を節約し、将来的に行なわれる大規模修繕のための少しでも多くの積立金を貯めるためでもあった。そのため、マンション管理に関する多くのことを、一年ごとに区分所有者の中から当番制で選出される管理組合の役員が自ら行なっていた。

 今年はマンションの大規模修繕が行なわれることが決まっていたので、マンションの管理組合は臨時総会を開き、私たち区分所有者に対して、大規模修繕に関する説明と大規模修繕に掛かる費用の承認を求めた。そのときの説明によれば、マンションの大規模修繕を担当してくださる建設業者が決まったとのことだった。そして、工事を仲介してくださる業者さんから、私たちのマンションのあらゆる箇所を専門的に点検してくださった結果報告が行なわれた。それによれば、私たちのマンションは、標準的なレベルで建物のいろいろなところにひび割れなどが発生しているそうだ。大規模修繕の工事を行なうことにより、これらのひび割れを補強することができるという。そして、それらの修繕に掛かる費用についても説明がなされた。それらの説明を聞いた私たち区分所有者は、これまでせっせと貯めて来た修繕積立金の中から、マンションの大規模修繕に掛かる費用として数千万の予算を承認した。

 実際に工事が始まったのは、九月に入ってからのことである。工事を仲介してくださる業者さんの話によれば、夏の間はエアコンを使用するため、エアコンの室外機のあるベランダなどに立ち入る必要のある工事がなかなかはかどらないのだそうだ。そのため、こうした修繕工事は、エアコンの室外機が稼動しない秋から冬に掛けて行なうのが望ましいらしい。

 今回の大規模修繕の対象となるのは、主に共有部分であり、個々の部屋の中までは対象とはならない。しかし、共有部分を修繕するといっても、ベランダやバルコニーなどは個々のプライベートエリアに存在しているはずである。そうした個々のプライベートエリアに工事担当の方たちが立ち入る場合、夫婦共働きの私としては、毎回、立ち会わなければならないのかと心配になってしまった。そこで、説明に来られていた仲介業者の方に質問してみたところ、大規模修繕が始まると、マンションの周りに足場が組まれるため、その足場から個々の共有部分であるベランダやバルコニーに出入りできるようになるとのことだった。そのため、立ち会いは必要ないという。ただ、各戸の入口のドアの塗装を行なうときだけは、ドアを開閉する必要があるため、立ち合いが必要なのだそうだ。

 私は、ドアの塗装以外は立ち合いが必要ないと聞いて安心したものの、マンションの周りに足場が組まれるということについて、少々不安を覚えた。何故なら、ここしばらくの間、他に書きたい記事がてんこもり状態だったために、改めて記事には取り上げていなかったが、私たちの住む部屋のベランダには、鳩の父ちゃんたちがずっと住んでいたからだ。マンションの回りに足場が組まれることになれば、父ちゃんたちはベランダに出入りできなくなってしまうのではないか。そんな不安が心をよぎったのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 街を歩いていても、マンションの周りに足場が組まれ、修繕工事をしているのをしばしば見掛けますが、あれはマンションが建設されたときからの計画によるものだったのです。それにしても、足場を渡り歩くような仕事は、高所恐怖症の私にはとてもできない仕事であります。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『インセプション』 | トップページ | 旅行中に不便を感じたこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/49708505

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの大規模修繕(1):

« 映画『インセプション』 | トップページ | 旅行中に不便を感じたこと »