« 映画『東京島』 | トップページ | マンションの大規模修繕(6) »

2010.10.25

マンションの大規模修繕(5)

映画『東京島』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 私としては、何となく不完全燃焼とも言える作品でありました。しかし、女優としての木村多江さんの発声方法にはとても魅力を感じました。やはり、女優さんであるだけに、美しく発声するための訓練を受けていらっしゃるのだなあと思いました。それでは、マンションの大規模修繕(4)の続きを書かせていただきます。

 その後、モリはすくすくと育ち、しばらくはぴいぴいと雛特有の鳴き声を発しながらも、次第に産毛も取れて行き、私たちに対していっちょまえに鳩パンチを食らわすようになった。その鳩パンチがまたかわいいのだ。これまで、我が家からは何羽もの雛たちが巣立って行ったが、モリのようにかわいい鳩パンチを食らわす鳩には出会ったことがなかった。大人の鳩が鳩パンチをすると、バシッと激しい羽の音がするものだが、モリの鳩パンチは、まだ子供であるがゆえにひどく弱く、まるで自分の羽をばたつかせているだけのような戯れにも似た実に頼りないものだった。私たちはモリに、
「そんな鳩パンチ、全然痛くないよ」
と言って笑った。

 また、モリは鳩パンチの威力が弱いだけでなく、嘴(くちばし)で突付く力も弱かった。初代キッコロも、現在のキッコロも、私たちが寝室の窓を開けると、まるで乗り込むように寝室に入って来て、私たちの手をしきりに嘴で突付いた。彼らに嘴で突付かれると、時には痛みさえ感じることがあったものだが、モリに嘴で突付かれても、ただくすぐったいだけだった。鳩パンチ同様、私たちはモリに、
「突付かれても痛くないよ」
と言って笑った。

 そんなモリも、生まれてからしばらくの間は、父ちゃんからのピジョンミルクで育っていた。モリが父ちゃんと並んで餌箱を突付いて大人の鳩の餌を食べるようになったのは、実は私の与えた餌が最初だった。モリが父ちゃんの横に並んで私の差し出した餌箱に初めて頭を突っ込んだとき、すぐさまガンモにそのことを報告すると、ガンモは自分が与えた餌がモリにとっての初めての大人の鳩の餌ではなかったことをひどく悔しがった。しかし、その後、ガンモの差し出す餌箱からも餌を食べるようになったようだ。

 不思議なことにモリは、これまでにないほど人懐っこい態度で私たちに接して来た。我が家に住み着いている鳩でも、警戒心の強い鳩は、決して私たちに餌をねだろうとはしない。しかし、私たちに慣れた父ちゃんや、今はもういなくなってしまった三代目の母ちゃん、そしてキッコロ、モリは、私たちの差し出す餌箱から、餌をパクパク食べる。餌を食べている間の彼らはとても無防備になっている。しかし、そんな無防備な姿を私たちにならさらしても良いと信頼してくれているようなのだ。

 私たちが差し出す餌箱から餌を食べるようになったモリは、私たちが寝室の窓を開けると、部屋の中に入って来て、窓辺に置いている扇風機の上にちょこんと乗ったりするようになった。私たちが止めなければ、扇風機さえも越えて部屋の中にまで入って来てしまいそうだった。これまでいろいろな鳩に出会って来たが、これほど人懐っこい鳩は見たことがない。確かに三番目の母ちゃんがいなくなってから、父ちゃんがピジョンミルクをたくさん出せるようにと、父ちゃんにせっせと餌を与えて来ただけに、私たちは自分たちもモリの子育てに加わっているような気になっていたものだ。モリにもそのことがわかっていて、私たちに対して人懐っこい態度を示してくれているのだろうか。

 ところで、マンションの大規模修繕は着々と進み、鳩たちの住むベランダにも、足場を伝って工事を担当してくださっている業者さんが何度か足を踏み入れたようだ。そして、あるとき、私たちの部屋のポストに、工事を担当してくださっている業者さんから、お知らせが入っていた。それは、他のマンションで効果があったという鳩の撃退法だった。工事を担当してくださっている業者さんは、私たちがのベランダに鳩が住み着いて困っていると思い、私たちに鳩を追い払うための方法を伝授してくださったというわけなのだ。それを読んだ私たちは、とても複雑な気持ちになった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ポストに入っていたお知らせを読んだとき、人間としての立場と、鳩の立場の両方について考えました。私たちの中では、鳩との共同生活が成り立っていましたが、世間から見れば、鳩は迷惑な存在なんですよね。このあと私たちは、人間としての立場を守ろうとするとき、鳩を追い払う行動に出るべきなのかとひどく葛藤することになったのです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『東京島』 | トップページ | マンションの大規模修繕(6) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/49848741

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの大規模修繕(5):

« 映画『東京島』 | トップページ | マンションの大規模修繕(6) »