« 映画『悪人』 | トップページ | まだまだ関西人にはなり切れない私 »

2010.09.25

ホットヨガ(二〇一回目)

映画『悪人』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。映画だけでなく、日常生活においても、私は常に本作を鑑賞したときに芽生えたような感情に出会いたくて、毎日を生きているような気がします。しかし、実際はそうではない場面のほうが圧倒的に多いために、私の中ではいつも達成されない想いがくすぶり続けているように思います。

 シルバーウィークはホットヨガ三昧だった。シルバーウィーク二回目のレッスンとなる今回は、梅田店で受けた六十分のリラックスコースのレッスンである。

 この日、どうしても鑑賞したい映画があり、私は梅田まで出掛けた。自宅近くの映画館や三宮の映画館でも上映されている作品なのだが、どちらも上映時間が午前中だったため、出掛ける前に「ガンまる日記」を書き上げたい私としては落ち着かないので、ホットヨガのレッスンを受けたあとに観たい映画を鑑賞できる梅田の映画館で鑑賞することにしたのである。

 シルバーウィーク中は映画館がひどく混雑することがわかっていたので、私はレッスンの前に映画館に立ち寄り、先にチケットを求めておいた。その日は映画を千円で鑑賞できる日ではなく、レイトショーの鑑賞でもなかったので、貯まっているポイントをすべて消費して、二本の映画を無料で鑑賞することにした。

 レッスンの前に映画館に寄るつもりでいつもよりも早めに家を出たため、梅田店のスタジオには比較的早い時間に着いた。いつもは数分の遅刻か滑り込みセーフでレッスンを受けているので、着替えを済ませて早めにスタジオに入ると、まるで優等生にでもなった気がした。

 私は、レッスン中にインストラクターが入口の扉を開けて冷たい空気を送り込んでくださることを期待して、入口付近のヨガマットを選んで腰を降ろした。レッスンの参加者は十一名で、男性会員はNさんだけだった。レッスンを担当してくださったインストラクターは、これまでにもレッスンを担当してくださることのあるインストラクターである。

 横に長い梅田店のスタジオは、レッスン中に熱がこもり、暑くなりがちである。私は、レッスン中にインストラクターが入口の扉を開けて冷たい空気を送り込んでくださることを期待していたのだが、インストラクターは、遠慮がちにほんの少し入口の扉を開閉してくださるだけだった。私は、もっと大胆に入口の扉を開けて欲しくてたまらなかった。

 スタジオの中がひどく暑かったので、私の中にはサボりたい気持ちがむくむくと沸き上がって来た。そこで、いつものように立ちポーズに入る前にスタジオの外に出ることにした。やはりスタジオの外は涼しく、上半身のほてりの強い私にとっては極楽だった。私の計画では、苦手なつるべ落としのポーズが終わる頃にスタジオに戻るつもりだったのだが、スタジオの外でしばらく涼んだあと、頃合を見計らってスタジオに戻ってみると、何と私の苦手なつるべ落としのポーズの真っ最中だった。そのため、仕方なく久し振りにつるべ落としのポーズを取ることになってしまった。

 私がスタジオの外に出てしばらく涼んだからだろうか。レッスン終了後、スタジオを出て行くときに、インストラクターが、
「大丈夫ですか?」
と声を掛けてくださった。リラクスコースのレッスンの途中に外に出て行く人は、あまりいないのかもしれない。

 Nさんが、
「三宮ではないんですね」
と声を掛けてくださったので、「ガンまる日記」を読んでくださっているのだなあとうれしくなった。更には、
「今日も映画ですか?」
と、Nさんには私の行動がバレバレだった。Nさんは、シルバーウィーク前半の三連休の間、毎日レッスンに参加されたわけではなく、途中の一日はお休みされたそうだ。私もシルバーウィーク前半の初日は三宮店でレッスンを受けたあと、三宮で映画を二本鑑賞し、三日目にこうして梅田店でレッスンを受けたあと、梅田で映画を二本鑑賞して帰宅する予定だった。

 ところで、私が通っているホットヨガのスタジオでは、九月十一日から十月十一日までの間にスタンプラリーが実施され、期間中にレッスンを六回受けると、一回分のレッスン無料券がもらえるらしい。私は、シルバーウィーク前半に三宮店でレッスンを受けたときにこのスタンプラリーの存在を知ったのだが、どういうわけか、三宮店ではスタンプラリーのスタンプを押してくださらなかった。しかし今回、梅田店のレッスンを受けたあとに回数券を開いてみると、スタンプラリーのスタンプがちゃんと押されていたのだ。もしかすると、私が梅田店で回数券を購入しているために、梅田店でしかスタンプを押してもらえないのかもしれない。これまでは、このようなキャンペーンが行なわれたとしても、梅田店だろうが三宮店だろうが、支店による区別はなかったはずなのだが、最近は事情が変わったのだろうかと思いながら、梅田店のスタジオをあとにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m つるべ落としのポーズのように、身体をねじるポーズが苦手ということは、そこに私の身体の問題があるからなのでしょうね。私の身体の問題を解決できそうな本が手元に届いたのですが、問題を解決するためには、自宅に平面を作らなければならないようです。家を片付けなければなりませんね。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『悪人』 | トップページ | まだまだ関西人にはなり切れない私 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/49568087

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(二〇一回目):

« 映画『悪人』 | トップページ | まだまだ関西人にはなり切れない私 »