« 映画『BOX 袴田事件 命とは』 | トップページ | ホットヨガ(一九六回目) »

2010.08.23

難しいトイレ(9)

映画『BOX 袴田事件 命とは』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。現在も上映中の映画館の情報を見てみると、やはり事件の起こった地元の静岡県が一番多いように思いました。また、逮捕から実に四十四年も経っているというのに、袴田さんの支援団体があちらこちらに出来ていて、その方たちが真剣に立ち上げたブログもありました。袴田さんには、それだけの人たちが突き動かされる何かがあるのでしょうね。

 アムステルダム中央駅からユトレヒトまではオランダ鉄道でおよそ三十分だったため、景色を眺めていると、列車の中でゆっくりトイレに行く時間がなかった。そこで私たちは、ユトレヒト駅構内にある有料トイレを利用することにした。

 有料トイレの入口には自動改札があり、五十セント(ユーロ)を投入することにより、ゲートが開いてトイレを利用できる仕組みになっていた。私たちはそれぞれ、五十セント(ユーロ)を投入してゲートを開けて、下まで降りて行った。

ユトレヒト駅の構内にある有料トイレ。そこには自動改札があり、五十セント(ユーロ)を入れると、ゲートが開き、下にあるトイレを利用できるようになっていた

 下まで降りて行くと、いつもトイレをきれいに保ってくれているおばさんがいた。おばさんは、女子トイレが使用される度に個室を掃除してくれていた。私たちはおばさんのおかげで、快適にトイレを利用することができた。

 さて、私たちは、ユトレヒトで観光した帰りにもこのトイレを利用させていただいた。夜も遅かったので、そのときはもう、トイレをきれいに保ってくれているおばさんはいなかった。おばさんはいなくても、トイレの入口が自動改札なので、トイレの利用料金の五十セント(ユーロ)は確実に徴収される。それはいいのだが、帰りに利用したトイレで、私はちょっと奇妙な光景に出くわした。何と、切羽詰った様子で男子トイレに入って行く若い女性を見掛けたのである。

 このトイレは、ある程度まで透明な素材が使われているため、男子トイレから女子トイレの一部や、女子トイレから男子トイレの一部が良く見えるようになっていた。また、自動改札を通ると、男子トイレ、女子トイレと、それぞれ別の階段を降りて利用することになっていた。もしもその女性が間違って男子トイレに続く階段を降りてしまったならば、もう一度、階段を昇って、女子トイレに続く階段を降りなおすか、おばさんの待機しているところにある通路を渡って、男子トイレから女子トイレまで移動することになる。しかし、その時間はもはやおばさんの姿はなかったので、おばさんのいるところにある通路の扉は閉まっていて、男子トイレから女子トイレに通り抜けできない状態になっていた。それならば、もう一度階段を昇って、女子トイレに続く階段を降りて行けばいいのに、その女性はひどく落ち着いた様子で、そのまま男子トイレの個室を利用したのだ。

 私は、女性の大胆な行動に驚いていた。男子トイレには、ガンモも入っていたはずなので、私はトイレから出たあと、すかさず、
「ねえ、男子トイレに若い女性が入って行ったでしょ」
とガンモに尋ねてみた。するとガンモは、
「そうそう、いたいた。驚いたけど、彼女、きっと常習犯だよ」
とは言った。ガンモによれば、その女性は男子トイレで物怖じする様子もなく、堂々としていたそうだ。
「多分、女子トイレが混んでいるのを知ってて、常習的に男子トイレを利用してるんじゃないの?」
とガンモは言った。

 仮にそうだとしても、若い女性が男子トイレで用を足すなんて、勇気ある行動である。私はガンモに、
「もしかして、露出狂みたいな女性だった? それとも実は女装している男性とか?」
と興味津々に尋ねてみたが、どれも当てはまらなかったようだ。

 日本では、男性が女性専用車両に乗っているだけでも恥ずかしそうにコソコソと出て行くというのに、男子トイレに入っても堂々としている若い女性がいるとは、国民性の違いなのだろうか。とは言え、もしも男性が女子トイレに入って来たならば、痴漢扱いされてしまうに違いないというのに、女性が男子トイレに入っても痴漢扱いされないのだから、トイレの利用に関して言えば、女性のほうが優位と言えるのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 日本では、女子トイレがひどく混雑していることを理由に、おばさまたちが男子トイレを利用することがありますが、若い女性が堂々と男子トイレの個室を使用しているのには驚きましたね。「間違って男子トイレに入ってしまったけど、急いでいたからいいいや」という感覚だったのかもしれません。あれだけ堂々としていると、かえって隙を与えず、男性たちは何も言えないかもしれません。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『BOX 袴田事件 命とは』 | トップページ | ホットヨガ(一九六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/49235190

この記事へのトラックバック一覧です: 難しいトイレ(9):

« 映画『BOX 袴田事件 命とは』 | トップページ | ホットヨガ(一九六回目) »