« 互いに反対向きに寝る | トップページ | 映画『告白』 »

2010.07.13

ホットヨガ(一九二回目)

互いに反対向きに寝るの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 上半身のほてりは、私たちの寝方にまで影響を及ぼしました。(苦笑)もうすぐ梅雨が明けて、本格的な暑さがやって来るそうですね。じめじめした梅雨は出掛けるのも億劫で憂うつですが、上半身のほてりが悩みの私にとって、本格的な暑さと比べるとどうでしょう。多少じめじめしていたとしても、気温が低いほうがまだ救いかもしれません。

 またしても一週間と二日遅れのホットヨガの記事をお届けしたいと思う。いつもの曜日のいつもの時間に、梅田店でリラックスコースのレッスンを受けた。今回は心を入れ替えて、いつもよりも一本早い電車に乗ることができたので、ほとんど遅刻することなくスタジオに入ることができた。JR大阪駅から梅田店のスタジオまで、私の足でどれくらい掛かっているのだろうと、時計を見ながら正確に測ってみたところ、およそ十五分だった。これは、信号待ちの時間が比較的短い場合の所要時間なので、信号待ちの時間がもう少し長ければ、私の足ではやはり二十分程度掛かってしまうかもしれない。

 レッスンに参加していたのは、私を含めた十三名の参加者だった。前回のレッスンの二十一名もの参加者数と比べると、圧倒的に少ないと言える。男性会員の参加者も〇(ゼロ)名だった。

 レッスンを担当してくださったのは、三週連続で同じインストラクターである。こうして何度もリラックスコースのレッスンを担当してくださっているインストラクターだが、実際は、リラックスコース以外のレッスンにヨガの得意分野があるらしい。それでも、このように集中してリラックスコースのレッスンを担当してくださっているのは、それなりの理由があるのだろう。私も梅田店でレッスンを重ねるうちに、こちらのインストラクターからリラックスコースのレッスンの手ほどきを受けることが当たり前になって来た。

 インストラクターは、ヨガにはいろいろなヨガがあり、ここで教えているヨガだけがすべてではないとおっしゃった。もちろん、このスタジオには通って欲しいけれども、例えばキャンドルに火を灯して行うキャンドルヨガと呼ばれるヨガもあり、関西にもキャンドルヨガを体験できるところがあるので探してみてくださいともおっしゃった。このように、インストラクターがレッスン中に他のヨガを紹介してくださるのは珍しいことである。これは、インストラクターご自身がヨガをより深いところまで体験されているためで、レッスンに参加している私たちにも、ヨガとの関わりが表面的なもので終わって欲しくないという願いが込められているのだろう。

 こうして今回も、気持ち良く汗を掻いてレッスンを終えた。シャワーを浴びて着替えを済ませたあと、受付にロッカーの鍵を返しに行く前に、私は自分の財布と相談してみた。そろそろ回数券の有効期限が切れるのだが、ひょっとすると銀行に行ってわざわざお金をおろして来なくても、五十回回数券を購入できるかもしれないと思ったのだ。クレジットカードを使用することができれば、クレジットカードと連携している飛行機のマイルもずいぶん貯まるはずなのだが、現在は現金でしか回数券を購入することができないので仕方がない。

 そして私は受付で、
「そろそろ回数券の有効期限が切れるので、回数券を購入しようと思っているのですが、五十回回数券は、おいくらでしたっけ?」
と尋ねてみた。残念なことに、受付のスタッフから返って来たのは、私の財布に入っている金額よりも多かった。私の希望する五十回回数券は、十万円近い金額だったのだ。私は、
「わかりました。では、次回に購入させていただきます」
と言って、すたすたと梅田店のスタジオをあとにした。

 一年前に神戸店で五十回回数券を購入したものの、私の使用していた回数券は、次回のレッスンを含めてあと十七回分も残ってしまった。使用期限の過ぎた回数券は、次回、五回以上の回数券を購入するときにすべて繰り越されるのだが、果たして現在のペースのままレッスンを受け続けたとして、次回購入する五十回回数券も消費し切れるのだろうか。

 以前は、仕事帰りの平日の夜も神戸店や三宮店に立ち寄ってレッスンを受けていたものだったが、仕事でフレックスタイム制が廃止され、五時起き生活に変わってからは、翌日も仕事を控えているとなると、例えレディースデイであっても映画鑑賞を見送ってしまうほど、時間に余裕がない。つまり、平日に身動きが取れないので、どうしても週末か休日中心のレッスンとなってしまうのだ。この状況を何とかしなければ、おそらく回数券の消費率は今後も変わらないだろうと思う。とは言え、三十回回数券を購入すれば、一回分のレッスン料が五十回回数券よりもわずかに割高になってしまう。私は、五十回回数券を購入するか、三十回回数券を購入するか、一週間悩んで決めることにしたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こうして振り返ってみると、かつては平日の夜に人と会ったり、ホットヨガのレッスンを受けたり、映画を鑑賞したりして充実していたんですよね。しかし今は、翌日の仕事が気になってしまい、思うように活動できていません。(苦笑)そのため、何もかも週末に予定を組み込んでいるので、週末もまた、余裕のない状態に陥ってしまっているんですよね。さて、次回、五十回回数券を購入するか、三十回回数券を購入するか、お楽しみに。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 互いに反対向きに寝る | トップページ | 映画『告白』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/48873187

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一九二回目):

« 互いに反対向きに寝る | トップページ | 映画『告白』 »