« 青森~北海道、飛行機と寝台列車の旅(10) | トップページ | 局所的な脱水症状 »

2010.07.26

ホットヨガ(一九四回目)

青森〜北海道、飛行機と寝台列車の旅(10)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今回は三泊四日の旅でしたので、残すはあと一泊のみとなりました。このあと、私たちが向かったのは・・・・・・。次回の記事をお楽しみに。(笑)ところで、本来ならば、三日に一度の映画のレビューをお届けするところなのですが、都合により映画のレビューはしばらくお休みさせていただきます。映画のレビューについては、夏休みの旅行から帰ってしばらく経ってから再開させていただきますね。

 いつも更新が遅れがちなホットヨガの記事を、今回も一週間と一日遅れで書かせていただこうと思う。

 いつものように、梅田店で六十分のリラックスコースのレッスンを受けるべく、私は自宅の最寄駅から電車に乗り、JR大阪駅に降り立った。JR大阪駅から梅田店のスタジオまでが遠いとぼやいている私だが、今回は、ある試みを実践してみようと思っていた。それは、JR大阪駅から梅田店までのルートを変えてみるという試みである。

 これまでの私は、自宅の最寄駅からわざわざホームの先頭のほうまで移動して、阪急電車の乗り場に近い御堂筋口という出口を利用していた。そこから横断歩道を渡り、現在工事中で狭くなっている通路をずんずん進み、HEP FIVEの前まで出たあと、梅田店のスタジオを目指していたのだ。

 しかし、あるとき私は、レッスンを終えて梅田の街をうろうろしながら、ひょっとすると、ヨドバシカメラのほうから回ったほうが梅田店への近道になるのではないかと思った。そして、今回、その試みを実践してみたのだ。

 すると、結果的にはこれまでよりも三分近くも早く梅田店のスタジオに着くことができた。しかも、ヨドバシカメラのほうから回った場合、自宅の最寄駅から電車に乗るときに、わざわざホームの先頭のほうまで移動しておかなくても済む。ということは、自宅の最寄駅のホームから梅田店への移動が始まっているとするならば、私はもうずいぶん長いこと遠回りをしていたことになるのだ。

 これからは、自宅の最寄駅で、特に意識することなくホームの中ほどに立ち、JR大阪駅に着いてもHEP FIVE方面まで回らずに、ヨドバシカメラの前を通って行くことにしよう。おかげで、今回のレッスンでは、過去に遅刻した実績のある電車に乗っていたにもかかわらず、遅刻することなくレッスンに参加することができた。

 レッスンに参加していたのは、女性ばかり十八名の参加者だった。もちろん、その中に私も入っている。そして、レッスンを担当してくださったのは、梅田店でこれまでに何度もリラックスコースのレッスンを担当してくださっているインストラクターである。

 今回のレッスンでインストラクターは、ヒンドゥー語のBGMを流してくださった。アーチストの名前は忘れてしまったのだが、ヨガの世界では有名なシンガーなのだそうだ。ホットヨガのレッスンでは、毎回、レッスン中にリラックス度の高いBGMが流れている。もしも、それらの曲を選んでいるのがそれぞれのレッスンを担当してくださっているインストラクターだとしたら、インストラクターにはレッスン中に流すBGMを自ら選択できるという楽しみもあったのだ。私は、もしも自分がインストラクターになるとするならば、レッスン中に流すBGMを選べることが楽しくてたまらないだろうと思った。もちろん、私がインストラクターになるはずはないので、今後もそんな楽しみはないのだが・・・・・・。

 レッスンに参加している私たちにこうした曲を紹介してくださることも、他のインストラクターとは少し違うところだと思う。リラックスコースのレッスンを担当してくださっているインストラクターは、レッスンに参加している人たちがもっともっとヨガに興味を持てるように、入口を開いてくださっているように思えるのだ。

 今回も、いつものようにたっぷりと汗を掻いた。リラックスコースのレッスンは、他のレッスンよりも動きが激しくないはずなのに、深いポーズを取っているためか、汗を掻く量が多い。インストラクター曰く、ポーズの時間を長く取ることによって、遅筋(ちきん)に働きかけているのだそうだ。私は、激しく動き回ることだけが汗を掻くための唯一の手段ではないことを理解したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m かつて、骨盤コースのレッスンでヘトヘトになっていた私ですが、思えば、骨盤コースはリラックスコースよりももっともっと深いポーズを取っていたのかもしれません。いつだったか、同じスタジオでホットヨガのレッスンを受けていた派遣仲間が、「ビギナーコースのレッスンではそろそろ満足できなくなって来た」と言っていました。確かに私も、久し振りにビギナーコースのレッスンを受けると、あまり汗を掻くことができなくて、物足りなく感じることがあります。ビギナーコースのレッスンもリラックスコースのレッスンも、それほど激しいレッスンではないはずなのに汗の掻き方がまったく異なっているのは、やはり取っているポーズの深さの違いなのでしょうね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 青森~北海道、飛行機と寝台列車の旅(10) | トップページ | 局所的な脱水症状 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/48986354

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一九四回目):

« 青森~北海道、飛行機と寝台列車の旅(10) | トップページ | 局所的な脱水症状 »