« 一人、また一人(13) | トップページ | 映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』 »

2010.06.07

ホットヨガ(一八八回目)

一人、また一人(13)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m それぞれの取る立場が異なっているために、どちらかの立場に完全に傾くことができず、なかなか伝わりにくい内容になってしまったかもしれませんね。私自身は子供の誕生を、男女の愛がたまらずはじけた賜物だと思っているところがあります。そして、男女の愛をたまらずはじけさせる方法は、子供を産んで育てる以外にもあると思っているのですね。このあと、婚活をしているという派遣仲間は、「久し振りにいっぱいしゃべることができて良かった!」と喜んでいました。一方、私はというと、もっともっとスピリチュアルな話をしたくてたまらなくなっていました。久し振りに、スピリチュアルな話で盛り上がることのできる直径十二センチの彼女と連絡を取ってみようかなと思いました。

 今から一週間以上前のことになってしまうのだが、梅田店で六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。参加者は比較的多い十八名で、そのうち男性会員は二人だった。レッスンを担当してくださったのは、おそらく梅田店で初めてレッスンを担当してくださるインストラクターである。

 今回は、リラックスコースのレッスンで行なわれているポーズをいくつかご紹介させていただこうと思う。

 揺れる吉祥のポーズは、足裏を合わせて座り、左右にゆらゆらと揺れるポーズである。だるまのように身体が左右にゆらゆらと揺れると、思わず幸せの笑みがこぼれて来る。

 マーメイドのポーズは、両足を投げ出して座り、両手をお尻の後ろについて、片方の足をもう片方の足の上に軽く乗せて身体をねじるポーズである。女性がこのポーズを取ると、少し艶(なまめ)かしい感じがするのだが、男性がこのポーズを取るときは、果たしてどんな気持ちでいるのだろうか。ちなみに、鏡の中に写っている私は、相変わらず「とど」のままだった。「とど」が一週間やそこらで「人魚」に変身できるわけがない。

 つるべ落としのポーズは、田植えをするときのように前に屈んだあと、左右どちらかの方向に向いて両手を上下に大きく広げて一直線に伸ばすポーズである。

 ヴィーナスのポーズは、前屈みになって身体を片方にねじり、ねじった側にある手を上に上げ、もう片方の手は下に下げるポーズである。

 猫のポーズは、骨盤コースでもお馴染みのポーズである。四つん這いになり、猫が伸びをするように背中をぐっと丸めて高く上げたかと思うと、今度は反対に背中を落としてお尻と顔を上げるポーズである。背中を丸めるのも、背中を落とすのも、どちらも交互にゆっくり行なう。

 寝転がって行う牛の顔のポーズは、仰向けに寝た状態で、座って行なう牛の顔のポーズのときのように、両足を組んで行う。

 頭の上で両手を合わせて座る雷のポーズというのもある。まず、両足の踵(かかと)を九十度くらいに広げて立ち、頭の上で両手を合わせる。その状態のまま、ゆっくりと膝を曲げて中腰のような状態になって腰を落として行くのだが、卵巣の働きが鈍り、エストロゲンも減少して膝の痛みを抱えている私にとっては、膝を曲げるのがとてもきついポーズである。

 とは言え、今回も途中退場することなく、最後までレッスンを受けることができた。これまでリラックスコースのレッスンではあまり汗をかくことができなかったようにも思うのだが、今回のレッスンでは汗をたくさんかくことができてとても気持ちが良かった。やはり、私には骨盤コースよりもリラックスコースのレッスンのほうが合っているのは間違いないようだ。

 シャワーを浴びたあとふと思い立ち、シャワールームの近くにあった体重計に乗ってみると、あろうことか、いつの間にか体重が二キロほど増えてしまtっていた。かつては毎日のように体重計に乗って、その日の体重を記録していた私だったが、朝食を果物に変えてからは、ついつい気が緩んで、体重計に乗るのをやめてしまった。きっと痩せるに違いないと過信していたのだ。ところが予想に反して、いつの間にか体重が増えてしまっていた。おかしいではないか。何故だろう?

 レッスンから帰宅したあと、体重が増えていたことをガンモに報告すると、ガンモは、
「バナナは糖分があるんだよ」
と言った。確か、古久澤先生のメルマガには、朝の果物は食べたいだけたっぷり食べて良いと書かれていたはずだった。もしもガンモの言うことが正しいのだとすると、私は朝食にバナナを食べ過ぎてしまっているのだろうか?

 いや、おそらくだが、私の場合、半身浴を実践できていないせいだろうと思う。平日の生活の余裕のなさに加え、気温が上昇してからは、湯船でじっくり温まらずにシャワーで済ませたりして、下半身が温まっていなかった。おまけに仕事中のオフィスは冷房が入っているので、余計に下半身が冷えて代謝が悪くなっているのではないだろうか。これでは、上半身のほてりが収まらないはずである。やはり、何とか時間を作って二十分の半身浴を実践し続けなければならないだろう。体重増加の現実を前に、そんな決意を固めたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 朝食に果物を食べていれば痩せられるものだと過信していました。(苦笑)思えば、朝食を果物に変えた直後は、一日に何度も便通があったのに、最近は一度だけになっていました。私の場合、やはり下半身の冷えがきついのでしょうね。おそらく下半身を温めることが、上半身のほてりを収めることにも繋がり、同時に代謝を良くする方法でもあるのだと思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 一人、また一人(13) | トップページ | 映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/48573735

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一八八回目) :

« 一人、また一人(13) | トップページ | 映画『てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~』 »