« 出雲~倉敷一人旅(8) | トップページ | 「冷やし腕」始めました。 »

2010.06.14

映画『オーケストラ!』

出雲~倉敷一人旅(8)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m これで、書きかけだったすべての記事の連載が終了しました。今度の週末からは、先日出掛けた新たな旅について書かせていただこうと思います。三泊四日の旅なので、こちらも長くなりそうですが、季節が変わらないうちに完結させたいと思っています。(笑)

 本作は、劇場で予告編を観て、「公開されたら絶対に鑑賞しよう!」と心に決めて鑑賞に臨んだ作品の一つである。ロシア映画だと思って鑑賞していたところ、鑑賞後に作品情報を参照してみると、フランス映画だということがわかった。監督はルーマニア出身なので、撮影後の編集作業がフランスで行なわれたということなのだろうか。

 かつてロシアのボリショイ交響楽団の指揮者を担当し、脚光を浴びていたアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。あるとき仕事をしていたアンドレは、パリのシャトレ劇場から届いたFAXに、出演できなくなってしまった楽団の替わりに演奏してもらえないかと書かれているのを発見した。それは、現在のボリショイ交響楽団宛に届いたFAXだったが、アンドレは無断でそのFAXを拝借し、かつて自分が指揮者だった頃の楽団員たちをかき集めて当時のボリショイ交響楽団を再結成し、シャトレ劇場からのリクエストに応えるべくパリで演奏するという大それた計画を立てるのだ。

 コメディタッチに仕上がっている本作には、様々な笑いの種が散りばめられている。フランス語を話せる共産党員を仲間に引き入れ、マネージャーに仕立て上げたかと思えば、先手を打ってこちらから連絡を取り付けることにより、みるみるうちにシャトレ劇場と出演契約を成立させる。とは言え、マネージャーとなった共産党員は、かつてアンドレが指揮者を担当していた頃に彼を裏切る行為をしていたため、当時の楽団員らと対立が絶えない。

 何とか楽団員たちをかき集めるのだが、全員がパリに行くにはパスポートが必要だった。しかし、正規の発行ルートに頼っていては、もう間に合わない。そこで、闇ルートでパスポートを入手することを試みるのだが、パリへの出発当日に、空港の片隅で正々堂々と楽団員全員のパスポートを偽造する連携プレイは実に面白い。同様に、楽団員たちがパリで使用する楽器をまとめて調達しようとするのだが、そんな大切なことさえもギリギリに決まる。とにかく、一つ一つが正当な方法ではなく、思いつく限り裏の方法で、着々と準備を進めて行くのだ。

 何とかかき集めた楽団員たちは、どういうわけか、パリに渡ってもリハーサルに参加する気配もなく、観光客気分でパリを満喫している。また、パリ滞在中の出費を抑えるために、興行主であるシャトレ劇場に何かと支払いを回そうとするのだが、それもなかなかうまく行かない。なかなか思うようにことが運ばない状況に追い込まれながらも、とうとう演奏の本番を迎える。一方、アンドレがソリストとして指名したバイオリニストの女性とアンドレの間には、何らかの個人的な事情がありそうでもある。まさしくパリでは、何かが起ころうとしていた。

 このように、本当にこんなことが起こっていいのだろうかと突っ込みたくなるような展開ではあるものの、それらが大真面目かつ面白おかしく描かれているので、鑑賞する人も大真面目に鑑賞する羽目になる。

 また、ロシア人を演じている人たちが、それなりにフランス語を話せてしまうというのも驚きである。島国である日本人の感覚からすると、フランス語を特別に勉強したわけでもなさそうな人が、ほとんど不自由なくフランス語を話せるというのは想像できないものである。おそらく、楽団員たちの住んでいるロシアは、大陸が繋がっているために他国の言語が容易に入って来るのだろう。そんな有り得ないようなことが次々に起こり、ついには成功を収めるという、笑いの止まらないハッピーエンドストーリーなのだが、彼らがひどく大真面目だからだろうか。有り得ないようなことが次々に起こったとしても、観客は笑いながら受け入れてしまうのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 長い目で見ればコメディ映画なのかもしれませんが、出演者がみんな大真面目なので、どの笑いも滑りません。(笑)考えてみると、かつての著名な指揮者が今はさえない清掃員という設定も、なかなか有り得ないシチュエーションだと思います。それだけ柔軟なストーリーということなんでしょうね。充分、楽しませてもらいました。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 出雲~倉敷一人旅(8) | トップページ | 「冷やし腕」始めました。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/48635407

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『オーケストラ!』:

» 映画「オーケストラ!」ラストまでちょっと我慢、素晴らしい瞬間を待て。 [soramove]
「オーケストラ!」★★★★ アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン出演 ラデュ・ミヘイレアニュ監督、124分、2010年4月17日、2009,フランス,ギャガ (原題:LE CONCERT )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「かつて天才指揮者と呼ばれたアンドレは、 今は劇場清掃員をしている、 当局に抵抗したため、指揮棒を折られ没落したのだ、 そんな彼が... [続きを読む]

受信: 2010.06.27 00:59

« 出雲~倉敷一人旅(8) | トップページ | 「冷やし腕」始めました。 »