« 映画『シャッター アイランド』 | トップページ | 青森~北海道、飛行機と寝台列車の旅(1) »

2010.06.18

ホットヨガ(一八九回目)

映画『シャッター アイランド』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 少し前に友人から、どうしても観たい映画があったので、定価の千八百円を払って映画を観て来たというメールが届きました。一回の映画鑑賞に、千八百円の出費は痛いですよね。私の場合、派遣会社の福利厚生サービスを利用すれば、多くの映画の鑑賞券をわずか千二百十円で手に入れることができます。以前はこのサービスを良く利用していたのですが、最近はほとんど利用しなくなりました。というのも、レイトショーなら、派遣会社の福利厚生サービスを利用するよりも十円安い千二百円で映画を鑑賞できるからであります。それに加え、私はいくつかの映画館の会員サービスに加入しています。それらの会員サービスは、鑑賞を重ねて行くとポイントが溜まり、溜まったポイントを消費して好きな映画を無料で鑑賞することができるようになっているのです。そのため、千円や千二百円で映画を鑑賞してせっせとポイントを貯めておいて、割引の効かない休日の昼間にポイントを消費して鑑賞するという方法を取っています。

 日曜日に、いつものように梅田店で六十分のリラックスコースのレッスンを受けた。家を出るのが予定よりも遅くなってしまい、梅田店に着いたのは、ちょうどレッスンが始まった頃だった。受付のスタッフに、
「レッスンはもう始まっていますので、お急ぎください」
と言われ、ロッカールームで準備を整え、スタジオに滑り込んだ。

 梅雨に入り、雨が降っていたからだろうか。いつもよりも参加者の数が少ないように思えた。参加者は私を入れて十二名で、そのうち男性会員は一人だけだった。鏡越しに観察してみると、レッスンに参加されている男性会員は、以前、少しお話をさせていただいたNさんではないか。そう、Nさんは、ホットヨガに関する記事をインターネットで検索しているうちに、この「ガンまる日記」にたどり着いてくださった貴重な方なのである。

 レッスンを担当してくださったインストラクターは、おそらく梅田店では初めてレッスンを担当してくださるインストラクターだったと思う。いつものように、私が選んだヨガマットは、前列に並べられたヨガマットだった。横に広く、インストラクターの使うヨガマットと前列に並べられたヨガマットの距離が比較的接近している梅田店のスタジオにおいては、後列の参加者に向かって話し掛けようとするインストラクターの声が聞き取りにくかった。

 今回のレッスンで不思議に思ったのは、途中で休憩のポーズ(シャバーサナ:屍のポーズ)が入ったことである。通常のレッスンでは、休憩のポーズ(シャバーサナ:屍のポーズ)が二回入るのだが、これまでのリラックスコースのレッスンにおいて、このポーズは、すべてのポーズを取り終えたあとに一回だけ行なわれていたはずだった。インストラクターが、リラックスコースのレッスンを他のレッスンと同様に扱ってしまったのか、それとも意図的にそうされたのか、本当のところはわからない。

 レッスンを終えてスタジオを出るときに、Nさんにご挨拶をさせていただくと、
「ブログ、読ませてもろてます」
と言ってくださった。有り難いことである。フリーパス会員のNさんは、週末は連続してレッスンの予約を入れてらっしゃるのだそうだ。そう言えば、かつて神戸店があったときも、フリーパス会員の方は、朝から連続してレッスンを受けていらっしゃった。しかし、連続でレッスンを受けられるとなると、レッスン中に飲む水やレッスンウェアはどのように用意されているのだろうか。かくいう私も、一日に二回のレッスンを受けたことがあったが、そのときは、レッスンウェアを二セット持参したはずだった。ホットヨガのレッスンは、汗をたっぷり掻くだけに、レッスンを終えたあとは必ず着替えをしたくなるだろう。一セットのレッスンウェアだけでも荷物が多くなるはずなのに、二セットも三セットも持参するのは大変ではないだろうか。レッスンを受けている間に、洗濯機や乾燥機を借りることができるならば、一日中でもレッスンを受けられるかもしれない。

 ところでこの日のレッスンには、比較的ご年配の女性たちがグループで参加されていて、ロッカールームはとてもにぎやかだった。もしかすると、初めての体験レッスンだったのだろうか。通常、体験レッスンは、ビギナーコースのレッスンが対象だったと思うのだが、もしかすると、リラックスコースのレッスンも対象になっているのかもしれない。ある方が、ご自分のロッカーがどこにあるのかわからないと迷子になっていらっしゃったので、私がそのロッカーまでご案内した。その方は、
「自分のロッカーもわからないなんて」
と言いながら笑っていたが、そうした出来事も、仲間たちと一緒にレッスンに参加すれば、ともに笑い合うことができるようだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m JR大阪駅から梅田店までは比較的遠いので、余裕を持って家を出なければなりません。(笑)しかも、JR線を利用するときは、最寄駅の階段から一番遠いところの車両に乗り込んで、JR大阪駅に着いたら御堂筋口という改札をくぐることになります。頑張って、最寄駅のホームを端まで移動しておかなければ、JR大阪駅に着いたあと、利用客で溢れ返ったホームを端から端まで歩く羽目になってしまうのです。少々大げさではありますが、梅田店に通うには、それなりの苦労があるんですよね。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『シャッター アイランド』 | トップページ | 青森~北海道、飛行機と寝台列車の旅(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/48667701

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一八九回目):

« 映画『シャッター アイランド』 | トップページ | 青森~北海道、飛行機と寝台列車の旅(1) »