« 一人、また一人(8) | トップページ | 映画『カラヴァッジョ 天才画家の光と影 』 »

2010.05.05

ホットヨガ(一八四回目)

一人、また一人(8)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ちなみに、私がカラオケで歌った昔のアニメソングとは、『トム・ソーヤの冒険』から「誰よりも遠くへ」、『勇者ライディーン』、『どろろんエン魔くん』などです。『トム・ソーヤの冒険』からは、「ぼくのミシシッピー」も大好きなのですが、曲目リストにありませんでした。子供の頃に観ていたアニメにより、世代の違いが決定的なものになることがわかりました。(苦笑)

 ゴールデンウィーク直前の火曜日、私は休暇を取ってホットヨガのレッスンに出掛けた。派遣社員といえども勤続年数が長いためか、私には年間二十日間の有給休暇があるので、仕事がそれほど忙しくない時期であれば、たいてい休暇を取ることができる。何故、ゴールデンウィーク直前に休暇を取ったかと言うと、前日の夜に、今は違う職場で働いている派遣仲間と二人でご飯を食べに行ったからだ。ご存知のように、平日の私は毎朝五時起きなので、平日の夜にイベントが入るとなると、寝不足に陥ってしまう。とは言え、せっかく派遣仲間と二人でご飯を食べに行くのだから、時間を気にせずゆっくり話をしたい。そう思い、その翌日は休暇を取ったのだ。火曜日に休暇を取ったので、神戸市内にある映画館のレディースデイとも重なった。それならば、久し振りに三宮店でホットヨガのレッスンを受けてみようと思い立ち、映画の上映スケジュールと照らし合わせながら、六十分の脂肪燃焼コースを予約しておいた。

 三宮店に足を運ぶと、いつも懐かしいスタッフが迎えてくれたものだったが、私が南森町店や他の支店に浮気している間に、スタッフの顔ぶれが変わってしまっていた。古くから三宮店でお世話になっていたスタッフにも、神戸店から異動になったスタッフにもお目に掛かることはできなかった。

 この日はたまたまJR線に遅れが出てしまい、スタジオに入ったのは私が一番最後だった。神戸店が閉店してしまった影響で、土曜日や日曜日のレッスンは大盛況の三宮店だが、きっと平日は空いているだろうと思い、軽い気持ちでレッスンを受けようとした私は甘かった。何と、平日だというのに私を入れて十四名もの参加者がいたのである。この方たちも私と同じように、前日の夜に誰かと食事をして帰宅が遅くなってしまったために、有給休暇を取得してレッスンに参加しているのだろうか。それとも、ずいぶん若い人も混じっていたが、実は有閑マダムと呼ばれている人たちなのだろうか。そんなことを考えていた。

 今回、三宮店で顔を合わせたすべてのスタッフがそうであったように、レッスンを担当してくださったインストラクターもまた、初めてお目に掛かるインストラクターだった。教え方が抜群にうまいインストラクターである。また、これまで受けて来た脂肪燃焼コースのレッスンと比べて、レッスン中に取るポーズにもバリエーションがあり、とても新鮮だった。久し振りに、このインストラクターのレッスンをまた受けたいと思えるインストラクターに出会うことができたと思う。

 しかし、スタジオ内が暑かったのか、それともレッスンがきついと思ったのか、今回のレッスンでは、レッスン終了前にスタジオを出て行く人たちが多かった。驚いたことに、レッスン前にスタジオを出て行く人たちはみんな、ヨガマットの上に敷いていたバスタオルと、レッスン中に汗を拭いたフェイスタオルを手に持っていた。どうやら三宮店では、レッスン中に使用したバスタオルやフェイスタオルを自分の手で使用済みタオル入れに返却する仕組みが出来上がったようだ。とは言え、私の知る限りでは、こうした仕組みを採用しているのは三宮店だけである。もしかすると、他の支店でのレッスンに慣れている人が三宮店でレッスンを受けて途中退出するときは、こうした仕組みに気付かずに通り過ぎてしまうかもしれない。

 レッスン終了後、久し振りに三宮店のシャワールームを使用した。最近、利用することの多かった南森町店のシャワールームは、座って休むための椅子が付いているだけでなく、使用しないシャワールームのライトを消しておくことができる。一つ一つのシャワールームに、ライトを制御するためのスイッチが付いているのだ。そんな環境に慣れてしまっていたためか、使用する人がいなくても点灯し続けている個々のシャワールームのライトがとてももったいないと感じてしまった。

 さて、いつも着替えの忘れ物の多い私だが、今回は忘れ物のないように細心の注意を払って準備をしたので、一つも忘れ物をしなかった。私だって、やればできるのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ライトはこまめに消したほうが電気代は安く上がるのでしょうか。私の働いているオフィスでは、階により、解釈が異なるようで、私が働いている階ではこまめにトイレのライトを消すようにしていますが、他の階では電気代節約のため、ライトの付けっぱなしを推奨しているところがあります。以前、蛍光灯は点灯するまでにたくさんの電力を消費するので、一度点灯させた蛍光灯はできるだけ長く使い続けたほうがいいと聞いたことがあります。それに対し、白熱灯はこまめに消したほうがいいとも聞いていました。しかし、今後、白熱灯はなくなって行くんですよね。どうすればエコに繋がるのか、利用者で共通の意識を持つ必要がありますね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 一人、また一人(8) | トップページ | 映画『カラヴァッジョ 天才画家の光と影 』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/48283432

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一八四回目):

« 一人、また一人(8) | トップページ | 映画『カラヴァッジョ 天才画家の光と影 』 »