« ホットヨガ(一七九回目) | トップページ | 夢のコラボセミナー 心と体と気づきのストレッチ in 神戸(14) »

2010.03.22

映画『忘れえぬ想い』

ホットヨガ(一七九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m YouTubeでフラダンスを検索してみたり、ベリーダンスを検索してみたりしましたが、やはりどちらも骨盤をふんだんに使って運動していますね。特にベリーダンスに至っては、もう、「うひゃーっ!」という感じです。(笑)

 こちらもGyaO!で視聴した作品である。本作を鑑賞しようと思ったきっかけは、今年一月に出掛けた香港が舞台となっていたからだ。香港を訪れたときに、二階建ての大きな路線バスや路面電車のほかに、以下のようなミニバスが街を走っているのを目撃した。広東語がわからなかったため、滞在中に利用することはなかったのだが、香港の街を走るバスとして、そのこじんまりしたサイズがとても気になっていた。本作は、そんなミニバスの運転手たちの物語である。

香港の街を走っていたミニバス

 ミニバスの運転手であるマンが、ある日、交通事故で亡くなってしまう。マンの恋人だったシウワイは、マンを亡くした悲しみに暮れる暇もなく、マンの連れ子であるロロとの生活が降り掛かって来る。ロロを実の母親に引き取ってもらうという選択肢もあったのだが、敢えてそうしなかった。シウワイは、マンが亡くなったときに運転していたミニバスを活用して生活費を稼ごうと、思い切ってミニバスの運転手を始める。しかし、慣れないミニバスの運転手の仕事は、なかなか思うようには行かない。そんなシウワイを見るに見かねて、マンの仕事仲間であり、マンが交通事故に遭ったときの発見者でもあるファイが、わざわざ時間を割いてミニバスの運転手としてのコツを叩き込んでくれる。

 私は、本作を鑑賞して初めて、香港で見掛けたミニバスの運転手が、個人事業主のような存在であったことに気が付いた。ミニバスの運転手にとってのミニバスは、所属する会社の持ち物ではなく、個人事業主としての立派な営業資本だったのだ。そのため、ミニバスを維持して行くお金も自分で捻出しなければならない。本作の中では、何とかミニバスの運転手を始めようと決意したものの、ミニバスの修理費や維持費などでどんどんお金が消えて行くシウワイの苦悩が描かれている。

 また、ミニバスの運転手が効率的に利用客を拾う方法や、ミニバスの縄張り、更には協定や組合など、香港のミニバスの世界が実にリアルに描かれてもいる。観光目的で香港を訪れただけでは決して見えなかったミニバスの裏の世界が明るみになるのも面白い。

 ファイはシウワイに、ミニバスの運転手としてのノウハウを惜しみなく伝授しようとしただけでなく、金銭的な援助もためらわなかった。ファイはシウワイたちの住んでいるアパートに頻繁に出入りし、マンの連れ子であるロロとも次第に打ち解け合った。シウワイとファイの間には、愛が芽生えてもおかしくはない状況だった。

 シウワイとファイとロロの三人が一緒にいると、あたかも愛情で結ばれた家族であるかのように見える。しかし、シウワイとファイは夫婦ではないし、ロロは亡くなったマンの連れ子である。シウワイとファイの間には、明らかに愛情が芽生えていそうな雰囲気なのに、二人はなかなか決定的な愛の言葉を口にしようとはしない。単に意地を張っているだけなのか、それとも、決定的なことを口にして、今の関係が壊れてしまうのが怖かったのか、それはわからない。

 シウワイと親しくしていることで、仕事仲間から冷やかされがちなファイだったが、実は、そんなファイにも事情があり、最後にはそれが明るみになって行く。そうした上で、今後、シウワイとファイが男女として一緒に生きて行くかどうかが決まる。

 シウワイを演じているのは、常盤貴子さんにそっくりのシリア・チャンである。マンの恋人を演じているときは、恋する女性そのものだったはずなのに、愛するマンを亡くしてからは、ロロを育てるために急にきりりとして来る。シウワイからロロに注がれる感情は、果たして同情なのか愛情なのか。はたまた、ファイからシウワイに注がれる感情は、同情なのか愛情なのか。同情と愛情の境界線について、鑑賞する人たちに問い掛けて来る作品であると言える。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ファイを演じているのは、ラウ・チンワンという俳優さんですが、いかにも香港にいそうなタイプの男性です。(笑)力強さもあり、本作のファイ役としては適役だったと思います。それにしても、ミニバスの世界はこんなにも厳しかったんですね。確か、ミニバスの中では英語のアナウンスが流れないはずなので、主に地元の人たちに利用されているようなイメージがありました。もしもまた香港に足を運ぶことがあれば、勇気を振り絞って乗車してみたいものです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一七九回目) | トップページ | 夢のコラボセミナー 心と体と気づきのストレッチ in 神戸(14) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47885040

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『忘れえぬ想い』:

» 店舗様追加でございます〜( ̄∠  ̄ )鐓� [女の子GOGO!!のブログ]
ど〜も〜『女の子GOGO!!』でございます( -д-)鐓�本日も店舗様が追加されました〜。追加されたお店は。。。おっとっと、そればっかりは言えませんぜ、ダンナ〜( [続きを読む]

受信: 2010.03.24 20:48

« ホットヨガ(一七九回目) | トップページ | 夢のコラボセミナー 心と体と気づきのストレッチ in 神戸(14) »