« ホットヨガ(一八〇回目) | トップページ | 映画『抱擁のかけら』 »

2010.03.30

何としてでも足首を守る

ホットヨガ(一八〇回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。「先生」という呼び方と「インストラクター」という呼び方を私の中でどのように区別しているかというと、一番の違いは、そこに師弟関係が生まれるかどうかだと思います。前者は師弟関係が生まれる可能性を含んでいますが、後者は生まれませんよね。また、エネルギー的に言えば、前者の場合は教えている対象の一人一人に向けてエネルギーが注がれているように感じられますが、後者の場合は一人一人ではなく、集団に向けてのみエネルギーが注がれるように思います。さて、宮津(みやづ)にカニを食べに行った話の執筆途中ではありますが、旅行アルバムとの連携が必要になる記事となりますので、比較的時間のある週末に書かせてください。旅行アルバムと「ガンまる日記」との同時更新は、平日の私にはとてもとても手が負えません。(苦笑)続きは週末までお待ちくだされば幸いです。

 「ガンまる日記」をもう何年も読んでくださっている方ならば、現在の職場で、私が冷房に苦しんで来たことを良くご存知のことと思う。ある時期まで、冷房の冷たい空気が頭の上からざんざんと降り注ぎ、帰りの電車の中の冷房でさえも遮(さえぎ)りたくなるほど、冷房に対する恐怖を感じていたことがあった。また、冷房で足元が冷え切ってしまっているため、夜も寝られず、仕事を休んだことが何度もあった。そのあたりのことは、冷房対策カテゴリにまとめている。

 三月の半ば頃から、早くもオフィスに冷房が入り始めた。オフィス内にはパソコンなどの電子機器がたくさん設置されているため熱がこもりやすく、少しでも暖かくなると冷房が入るのだ。冷房が入ると、オフィスの空気は下が冷たくなりがちである。そのため私は、上半身は半袖Tシャツで過ごしながらも、下半身はズボンの下に暖かいタイツと冷えと取り健康法の四枚重ねの靴下、それからムートンブーツといういでたちである。しかし、冷房が入ると、やはり足元が寒い。これだけの重装備で固めていても、特に足首が冷えるのである。

 女性にとって足首を冷やすことは、婦人病の悪化に繋がる。そこで私は、足首を冷房から守るべく、更なる装備を固めた。活躍しているのは、百円ショップで購入した薄いビニール製のサウナスーツのズボンをカットして作ったレッグウォーマーと、同じく百円ショップで購入した発汗作用を促すグッズである。これらを足首の周りに装備させて、冷たい空気をブロックしている。最初のうちは、百円ショップで購入した発汗作用を促すグッズだけで足首を守っていたのだが、これを巻いていてもなお足首が冷えるため、同じく百円ショップで購入した薄いビニール製のサウナスーツをカットして作ったレッグウォーマーを併用したのである。

足首を冷房から守るため、百円ショップで購入した薄いビニール製のサウナスーツのズボンをカットして作ったレッグウォーマーの上から、同じく百円ショップで購入した発汗作用を促すグッズを巻いている

 写真で見ると、更なる装備を重ねて、太い足が余計に太く見えるようにも思える。しかし、こうでもしなければ、冷房の入ったオフィスで足首を守り切れないのだ。特に現在の私の場合、卵巣の働きが鈍り、女性ホルモンの分泌が減少しているため、足元が冷え易く、冷えた足元を温めるために身体が頑張り過ぎて、上半身がほてるという状況である。その状態で更に足元が冷えるとなると、とても気持ちが悪いのだ。何としてでも足元を暖かくしておかなければ、ずっと不快感が伴い続ける。経験されている方ならおわかりいただけると思うが、上半身は暑いのに、下半身は寒いという状況は、とても気持ちが悪いものなのだ。

 更に私は、上から降り注いで来る冷房の冷たい空気から頭を守るため、帽子もかぶっている。その上、首にもタオルマフラーやネックウォーマーを巻いているという状況だ。三月の段階で既にこの状況なので、これからの季節は更に、オフィスの冷房との戦いが繰り広げられる可能性が非常に高い。そのため、皆さんが待ち望んでいるはずの暖かい春も、オフィスに冷房が入るとなると、もうちょっと待って欲しいと願うこの頃なのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 足元が冷えて、上半身が暑いという状況は、本当に気持ちの悪いものです。古久澤先生によれば、身体の上下の温度差を取るためには、半身浴が良いとのことですので、現在、時間を一生懸命調整して、半身浴を実践しようとしているところです。この先、足元が寒くならない冷房が開発されれば、私からノーベル賞ならぬまるみ賞を進呈しますよ。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一八〇回目) | トップページ | 映画『抱擁のかけら』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47955535

この記事へのトラックバック一覧です: 何としてでも足首を守る:

» 本格サウナスーツなら、スリムスーツazure [本格サウナスーツなら、スリムスーツazure]
楽天ランキング1位の高級素材のサウナスーツ・ダイエットウェアならスリムスーツazureです。 [続きを読む]

受信: 2010.04.23 19:15

« ホットヨガ(一八〇回目) | トップページ | 映画『抱擁のかけら』 »