« 映画『ジュリー&ジュリア』 | トップページ | 携帯電話のスパムメール激減 »

2010.02.09

ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話

映画『ジュリー&ジュリア』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 本当にたくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。映画の中だけの脚色なのか、それとも、人生のある時期においての出来事だからなのか、二組のご夫婦には子供さんがいらっしゃらないように見受けられました。そのせいか、子供のいない私たち夫婦の関係と重ね合わせながら、二組のご夫婦を見守らせていただきました。

 最近、ガンモは大阪の事務所で仕事をすることが多くなって来たので、仕事帰りに最寄駅の自動券売機で大阪までの回数券を購入しようとしていたらしい。すると、見知らぬ男性に声を掛けられたのだそうだ。男性は、
「この切符で、区間内ならどこへでも行けるので使ってください」
と言いながら、ガンモに一枚の使用済み切符を差し出したという。

男性に差し出された使用済み切符:冬の関西1デイパス・大人(普通列車乗車券)

 見ると、その切符は広範囲に渡って関西地区のJR線を乗り放題できる「冬の関西1デイパス・大人(普通列車乗車券)」というものだった。おそらくその男性は、その切符を使用して関西地区のJR線をあちらこちら乗り降りして、この一日を過ごされたのだろう。そして、小旅行を終えて最寄駅まで戻って来たものの、その日いっぱい、その切符を利用することができるので、これから普通列車の乗車券を購入しようとしている人に声を掛けて、自分の使用したこの便利な切符を使ってもらおうと思ったのだろう。

 ガンモは、せっかくのご厚意なのでありがたく頂戴したそうだが、ガンモが自動券売機で購入しようとしていたのは普通列車の乗車券ではなく、後日使用するための大阪までの回数券だったので、何となく目的が達成できずにもやもやした気持ちを抱えてしまったそうだ。しかも、この乗車券を譲ってくださった男性がすぐに立ち去ろうとせずにしばらく自動券売機の周辺にいらっしゃったので、再び自動券売機に向かうこともできず、やきもきしていたという。

 しばらくして、ようやくその男性が立ち去ったので、ガンモは自動券売機で大阪までの回数券を購入したそうだ。

 おそらくその男性は、ガンモが普通列車の乗車券を購入しようとしていると思い込んでガンモに近付いて来られたのだろう。その男性にしてみれば、この切符さえあれば、関西地区のJR線沿線ならばほとんどどこへでも行くことができるので、むしろ人の役に立つことをしたという気持ちにさえなっていたかもしれない。しかし、ガンモが欲しかったのは普通列車の乗車券ではなく、後日から使用する回数券だったので、譲り受けた乗車券を役立てることはできなかった。帰宅したガンモは、
「もうちょっと時間が早ければ、この切符を使ってどこかに出掛けて行ったんだけど、もう遅かったのでやめたよ」
と苦笑いしながら、私にこの話を聞かせてくれたのだった。役に立つと思われて差し出されたものが、実際は役に立たないものだったというちょっぴり苦いお話である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「役に立つと思われて差し出されたものが、実際は役に立たないものだった」という故事成語はあるのでしょうか。ほんのちょっと調べてみたのですが、見当たりませんでした。反対に、役に立たないと思っていたものが、実際は役に立ったという故事成語なら、いろいろありそうでした。こうした状況に対応した新しい言葉を作って欲しいものです。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『ジュリー&ジュリア』 | トップページ | 携帯電話のスパムメール激減 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47528255

この記事へのトラックバック一覧です: ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話:

« 映画『ジュリー&ジュリア』 | トップページ | 携帯電話のスパムメール激減 »