« 映画『板尾創路の脱獄王』 | トップページ | ホットヨガ(一七六回目) »

2010.02.24

十五回目のバレンタインデー

映画『板尾創路の脱獄王』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 先日、職場で行われた朝礼で、ある方が映画の話題を取り上げられました。私はその映画を鑑賞していたので、どのような感想が述べられるのか、じっと聞き入っていたのですが、私の感じ方とはまったく違っていて驚きました。自分が心を熱くした作品に対し、冷めた口調で語られると、感性の違いを感じてしまい、寂しくなりますね。感性の違いが新たな発見に繋がることもありますが、温度差があるときは、隔たりを感じることもあります。おそらく、映画の好みが合うというのは、生きて行く上で大切にしているものが近いということなのでしょうね。

 遅ればせながら、バレンタインデーの出来事を綴ってみようと思う。バレンタインデーというと、私たちが互いの想いを打ち明け合い、付き合い始めた記念日に相当する。それだけではない。私たちが付き合い始めた日を記念して、この「ガンまる日記」を書き始めたので、現在は、「ガンまる日記」の書き始め記念日でもあるのだ。この二〇一〇年のバレンタインデーで、私たちは付き合い始めて十四周年、私が「ガンまる日記」を書き始めて六周年を迎えた。そして、「ガンまる日記」に設置したカウンターも、おかげ様でもうすぐ五十万アクセスを達成しようとしている。思えば、一日一記事を目指して書き続けて、丸六年が経過したわけである。こうして毎日書き続けて来られたのも、継続的に訪問してくださり、支えてくださった皆さんのおかげである。本当にありがとう。

 さて、今年のバレンタインデーに、ガンモにどんなチョコレートを贈ろうかと考えていたところ、楽天市場に面白いチョコレートが出ているのを発見した。既に多くのメディアで紹介されている有名なチョコレートらしいのだが、工具をかたどった「カーマニアセットチョコレートV3」と呼ばれるチョコレートである。車好きの男性をターゲットにしたチョコレートのようで、チョコレートで作られたモンキーレンチ、スパナ(SSS)、スパナ(SS)、ペンチ、ボルト、キーがセットになっている。私は、「これだ!」と思い、バレンタインデー当日に配達されるように指定して注文し、そのことをガンモには内緒にしておいた。

 そして、いよいよバレンタインデー当日を迎え、注文しておいた商品が宅配ボックスに届けられた。届いた商品を宅配ボックスから取り出したあと、ガンモに、
「宅配ボックスに入ってた荷物だけど、バレンタインのチョコレートだよ」
と言って差し出すと、ガンモはうれしそうに自分で包みを開けた。そして、パッケージの裏に書かれた商品名を見て、
「あっ、これ、あれだろ。工具の形をしたチョコレートだろ」
と私に言った。
「何だ、知ってるの?」
とガンモに尋ねると、何でも会社の後輩が、お世話になった上司のために、同期のみんなでお金を出し合ってこのシリーズのチョコレートを贈ったことがあるらしい。そのときガンモは実物を見たわけではなかったが、そんな面白いチョコレートがあるなら自分も欲しいと思っていたという。

 ガンモは、ようやくそのチョコレートを自分のものにできる喜びをかみしめながら、慎重に箱を開けた。中身を確認したガンモの表情は、チョコレートのように甘く、口元は緩んでいた。そして、うれしそうに、
「これ、欲しかったから」
と言った。

カーマニアセットチョコレートV3
上から、モンキーレンチ、スパナ(SSS)、スパナ(SS)、ペンチ、ボルト、キー

 毎年、バレンタインデーにチョコレートを贈ると、すぐに食べ始めるガンモだったが、工具の形をしたチョコレートにはなかなか手が出せないらしく、しばらく箱に入れたまま大事にしまっていた。ガンモに、
「ねえ、チョコレート食べないの?」
と尋ねても、
「もったいないから食べない」
と言う。

 数日経っても、ガンモはチョコレートを食べようとはしなかった。バレンタインデーのチョコレートは、贈り主である私も一緒に食べることになっているので、私はとうとうしびれを切らして、
「ガンモ、バレンタインデーのチョコレート、一緒に食べようよ」
と誘った。しかし、ガンモは、
「いやだ! 取っとくから」
と抵抗した。

 それから更に数日経っても、ガンモはまだ工具のチョコレートに手を付けようとはしなかった。それでも、ときどき箱を開けて、中身を確認しているようである。そして、ある日、とうとう、
「キーだけでもかじろうかな」
と弱音を吐いた。キーとは、車の鍵の形をしたチョコレートのことである。いかにも鍵らしく見せるため、鍵のギザギザの部分がホワイトチョコレートで出来ている。とうとうガンモもチョコレートを食べる決心が付いたか? と思いきや、ガンモはすぐに思い直し、やはり手を付けないことに決めたらしい。

 そんなこんなで、既にバレンタインデーから十日経過した今でも、ガンモは私の贈ったチョコレートに手を付けてはいない。こんなバレンタインデーは初めてである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このまま行くと、ホワイトデーまでチョコレートは持つかもしれません。(苦笑)まさかガンモは、ホワイトデーに私と一緒にチョコレートを食べようと思っているのでしょうか? それもまた面白いかもしれませんが、はてさて、チョコレートの行方はどうなるのでしょう。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『板尾創路の脱獄王』 | トップページ | ホットヨガ(一七六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47656444

この記事へのトラックバック一覧です: 十五回目のバレンタインデー:

» バレンタイン当日の気持ち [バレンタインデーの本当の気持ち]
バレンタインデーに関するサイト [続きを読む]

受信: 2010.03.01 21:23

« 映画『板尾創路の脱獄王』 | トップページ | ホットヨガ(一七六回目) »