« ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話 | トップページ | 映画『アバター』 »

2010.02.10

携帯電話のスパムメール激減

ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。こうした企画切符は、むしろ私たちが普段から良く利用している切符でもあります。確かに、こうした企画切符を使って小旅行を終えたあとは、切符を購入するために自動券売機に並んでいる人に声を掛けたくなりますね。しかし、実際はなかなか声を掛けられないのが実情でした。ガンモに声を掛けてくださった男性は、私たちが躊躇して実践できなかったことを実践してくださったんですね。

 「きせかえツール」が欲しかっただけ(4)という記事にも書いたように、私のところには、パソコンのメールアドレスだけでなく、携帯電話のメールアドレスにもスパムメールがたくさん届いていた。パソコンのメールアドレスに毎日届いている二百通ほどのスパムメールは、加入しているプロバイダのスパムメールのブロック機能により、ある程度の振り分けが行われているものの、携帯電話のメールアドレスに届くメールにはスパムメールのブロック機能はないため、スパムメールを受信する度に、そのドメインからのメールを受信拒否するという設定を毎回行っていた。しかし、これがなかなかやっかいな作業だった。

 指定ドメインから届くメールの受信拒否を行うと、スパムメールを送信しているほとんどの相手は、私のメールアドレスへの送信を控えるようになる。そのため、既にスパムメールが届かなくなったドメインの情報を上書きしながら受信拒否の設定を行っていた。そうしなければ、携帯電話で受信拒否できるドメイン数には限りがあるからだ。

 スパムメールが届く度に、そうした方法でスパムメールを受信拒否していたのだが、ある時期から、@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpなどの通常の携帯電話のアドレスからスパムメールが届くようになってしまった。おそらく、相手はこうしたスパムメールを効率良く発信するために、受信拒否対象に設定されないドメインに偽装してスパムメールを発信しているはずである。

 これまでの方法ならば、スパムメールが届いたドメインをまるごと受信拒否に設定してしまえばスパムメールをブロックできたのだが、友人たちとメールのやりとりもあるので、@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpのドメインを受信拒否に設定してしまうわけには行かない。しかし、スパムメールを送信して来る相手は、次々にメールアドレスを変えながら、@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpなどの携帯電話のメールアドレスからスパムメールを送り付けて来る。これは困った。

 そこで私は思い切って、携帯電話に届くメールの受信方法を変えてみた。docomoユーザ限定の設定方法ではあるが、私が実践した方法とは、以下の通りである。ちなみに、●と○はラジオボタンを意味し、●がラジオボタンを選択した状態で、○がラジオボタンの選択を解除した状態である。

迷惑メール対策

▼URL付きメール
○設定
●設定解除

▼受信/拒否設定
●設定
○設定解除

「次へ」ボタン → 以下の内容は、「次へ」ボタンを選択したあとの画面である。

▼ステップ1
受信したいメールをチェックしてください。

▽ドコモ(iモード)
▽ドコモ(mopera U)
▽au(EZweb)
▽ソフトバンク
▽イー・モバイル
▽ウィルコム
▽その他携帯など
※ディズニー・モバイルは、ソフトバンクに含まれます。

上記ドメインになりすましたメールを
●拒否する
○拒否しない
※ステップ2で受信するにチェックした場合に有効です。

▼ステップ2
ステップ1以外の携帯・PHSやパソコンからのメールを受信したい場合はチェックしてください。
▽受信する

他のアドレスになりすましたメールは
●全て拒否する
○存在するドメインからのみ受信
○拒否しない
※"全て拒否する"に設定した場合は、ステップ1のドメインになりすましたメールも拒否されます。

▼ステップ3
ステップ1、ステップ2の「なりすましメール設定」で拒否設定した場合でも、パソコンの転送元アドレスやメーリングリストのアドレスを指定することで、これらのメールを受信できます。

「宛先指定受信」ボタン → 「宛先指定受信」ボタンを選択して、携帯電話にメールを転送するときなどに使用するパソコンのメールアドレスを設定しておく。私の場合、親しい友人から届いたメールを携帯電話のメールアドレスに転送しているので、パソコンで使用しているメールアドレスを設定している。

▼ステップ4
ステップ1、2でチェックを外した場合でも、個別にドメインまたはアドレスを指定して受信することができます。

「受信設定」ボタン → 「受信設定」ボタンを選択して、例えば購読しているメルマガやきせかえツールから届くメールアドレスなど、大量に発信されているメールで、スパムメールではないメールアドレスを指定しておく。ここに記載したメールアドレスからのメールは、他の設定で受信拒否の要素があったとしても確実に届く。

▼ステップ5
ステップ1、2でチェックをした場合でも、個別にドメインまたはアドレスを指定して拒否することができます。

「ドメイン拒否設定」ボタン → 「ドメイン拒否設定」ボタンを選択して、受信拒否したいスパムメールの発信元ドメインを指定している。
いま「アドレス拒否設定」ボタン → 「アドレス拒否設定」ボタンを選択して、受信拒否したいスパムメールのメールアドレスを個別に指定している。

 このような設定に変更したところ、これまで一日に何通も届いていたスパムメールが激減した。今ではむしろ、スパムメールが届くことのほうが珍しいくらいである。それでもスパムメールが届いた場合は、これまで通り、▼ステップ5の「ドメイン拒否設定」で受信拒否したいドメインを一つ一つ指定しているのだが、スパムメールそのものの数が極端に減ったので、これまでほどやっかいな作業ではない。

 ちなみに、私は、

▼iモード大量メール送信者からのメール受信制限

についても、以下のように設定している。

iモードメール大量送信者からの500通目以降のメールを
●拒否する
○拒否しない

 この設定が効いているからなのか、以前は山のように届いていた楽天ショップからのメルマガが届かなくなった。楽天ショップからパソコンのメールアドレスに届くメールは一括解除することが可能なのでそれほど煩わしくはなかったのだが、携帯電話に届く楽天ショップからのメルマガは、ショップごとに一つ一つ解除しなければならなかったので、毎回、手間が掛かっていた。何故なら、メルマガを解除するためにわざわざショップごとに個別のURLにアクセスして、自分のメールアドレスを入力した上で解除ボタンを押す必要があったからだ。この作業がなくなったことだけでもずいぶん楽になった。

 ただ、上記の設定で必ずしも問題がないわけではない。携帯電話から楽天ショップを利用したときに、▼ステップ3で楽天のドメインを指定受信に設定しているため、楽天からのオーダー完了メールは届くのだが、ショップからのオーダー完了メールが届かないことが多い。何故なら、メールを指定受信するには、ショップのドメインを知っておく必要があるからだ。とは言え、楽天にいくつもあるショップで、商品を注文する度にそのドメインを追加するのも面倒である。そこで、ショップごとのドメインはわざわざ追加しないようにしているのだが、それが原因なのか、ショップからのオーダー完了メールは私の携帯電話には届かないのである。それでも、注文した商品はちゃんと届いているので、今のところ問題はないと思っている。どうやら、携帯電話に届くメールの門を狭めすぎてしまったようである。

 門を広げるには、▼ステップ4の「受信設定」で、受信したいメールアドレスを登録しておけばいいだけの話なので、もう少し調整が必要かもしれない。とは言え、私と同じように、携帯電話のスパムメールに悩まされている方がいらっしゃるならば、ご参考になれば幸いである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この設定に変えてからは、携帯電話に届くスパムメールに悩まされることもなく、ずいぶん快適になりました。おそらく、もう少し微調整をすれば、更に快適な受信環境が整うことでしょう。docomoの設定メニューを例に挙げましたが、他のキャリアの方も同じようなメニューがあるはずなので、スパムメールに悩まされている方は是非トライしてみてください。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話 | トップページ | 映画『アバター』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47537030

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のスパムメール激減:

« ご厚意で差し出された切符が役に立たなかった話 | トップページ | 映画『アバター』 »