« 外国人から観た日本語 | トップページ | 映画『山のあなた 徳市の恋』 »

2010.01.26

「イノコズチ」と「オオバコ」が加わる

外国人から観た日本語の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 本当にたくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。香港の地下鉄(MTR)の中で撮影した日本語の縦書きバッグは、至るところで目撃情報があるようです。中には、日本の電車の吊革広告から文字を拾ったのではないかという説もあります。確かに、雑誌の表紙に書かれているような文字ではありますが、それにしても「お即買い!」という新語が気になりますね。(笑)

 前回の診察で、トイレが近くなってしまったことをI医師に相談させていただいたところ、I医師はこれまで処方してくださっていた桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)をやめて、新たに八味地黄丸(はちみじおうがん)という漢方薬を処方してくださった。おそらく、この新しい漢方薬の効き目を確認されるためだろう。I医師により、一ヵ月後の診察を予約するように指定されていたので、先日、その診察を受けて来た。私がお世話になっている病院は完全予約制の病院だが、一ヵ月後の予約だったためか、診察の予約が既に埋まってしまっていたらしく、今回は待合室で数十分待つことになった。

 ようやく私の名前が呼ばれ、診察室に入ってみると、I医師は私に、新しい薬の効き目について尋ねてくださった。私は、
「服用し始めた翌日から、早朝に目が覚めてトイレに立つということはなくなりました。トイレの回数も減りました」
と答えた。そう、I医師が処方してくださった八味地黄丸は、トイレの回数を減らすという点においては、素晴らしい効き目を発揮してくれていた。これまで、早朝になると膀胱がパンパンに膨れ上がり、目覚ましをかけた時間よりもかなり早い時間に目が覚めてしまっていた状況とはおさらばし、目覚ましを掛けた時間までぐっすり眠ることができるようになったのだ。とは言え、私が訴えていたもう一つの症状は、筋腫により骨盤の位置がずれてしまっているため、改善されてはいない。

 私は、更に付け加えた。
「ただ、足に冷えを感じるようになって来たのと、以前よりも顔のほてりが強くなったように思います。桂枝茯苓丸(血流を良くする働きがある)と併せて服用することはできないのでしょうか」
思えば、足が冷え始めたのは、昨年末の北海道旅行のあたりからだ。その頃、I医師に処方していただいていた桂枝茯苓丸が切れてしまったので、市販の桂枝茯苓丸を購入した。しかし、保健調剤の桂枝茯苓丸と、市販の桂枝茯苓丸の成分が違っていたために、血流を良くする働きが衰えてしまっていたのかもしれない。I医師は、足に冷えを感じると訴える私に、
「二つの漢方薬をいっぺんに服用してもらうことも可能ですが、桂枝茯苓丸と八味地黄丸の飲み合わせは難しいですね」
とおっしゃった。どうも、それら二つの漢方薬を飲み合わせることにより、活かされなくなる薬の成分があるらしい。そこでI医師は、いつものように漢方薬のアンチョコをポケットの中から取り出して、パラパラとめくった。

 「八味地黄丸に二つの薬草を加えた薬で、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)という薬があるんですが、それですと、下半身の冷えが改善されると言われています。ただ、八味地黄丸と同様に、のぼせの副作用があります」
なるほど、この一ヶ月間、服用していた八味地黄丸に良く似た成分を持つ漢方薬を処方してくださるようである。私は、副作用について無頓着だったのだが、顔のほてりが少し強くなったように感じられたのは決して気のせいではなく、八味地黄丸の副作用もあったようだ。しかも、新たに処方してくださる牛車腎気丸もまた、同じ副作用があるらしい。要するに、漢方薬にトイレの回数を減らす効果を求めた場合、顔のほてりは犠牲になってしまうというわけだ。

 私は、
「いろいろな漢方薬のいいところを組み合わせて処方していただくことはできないのでしょうか」
とI医師に質問してみた。しかしI医師は、
「保健調剤の範囲内で処方しているので、それは難しいですね」
とおっしゃった。確かに漢方薬というと、いろいろな薬を混ぜ合わせた上で調合してくださるところもあるが、そのような漢方薬は保健の適用外であるようだ。おそらく、保健調剤の範囲内で処方してくださるということは、製薬会社により製造されたパッケージ製品を利用するという意味なのだろう。

 I医師は、
「牛車腎気丸は、八味地黄丸に『イノコズチ』と『オオバコ』を足したもので、八味地黄丸の効能のほかに、下半身の冷えが改善されるようになります。『イノコズチ』は、草むらを歩いていると、服にくっついてくる小さな雑草があるでしょう。あれですよ」
とおっしゃった。なるほど、その雑草なら私にも覚えがある。しかし、そのような雑草が漢方薬の成分になっているとは侮れないものだ。

 牛車腎気丸は、八味地黄丸の効能をカバーしているということなので、私は牛車腎気丸を二ヶ月分処方していただいて診察室を出た。そして、前回と同様、病院の近くにある薬局に足を運び、処方箋の用紙を差し出した。すると、前回は八味地黄丸の在庫が一つもなくて完全なる取り寄せとなってしまったにもかかわらず、今回の牛車腎気丸は二ヵ月分すべてではないにしても、何十包かは持ち帰りできるという。ただ、二ヶ月分のすべてを持ち帰ることはできなかったため、不足分については薬剤師さんに注文していただいて、後日取りにうかがうことになった。薬剤師さんに尋ねてみると、八味地黄丸よりも牛車腎気丸のほうがポピュラーな漢方薬なのだそうだ。この漢方薬で下半身の冷えが改善されれば、少なくとも私の悩みの一つは解決することになる。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

 これまで服用していた桂枝茯苓丸には、顔のほてりを抑える働きや、血流を良くする働きがあった。その漢方薬を服用しなくなったことで、これまで意識してはいなかったが、桂枝茯苓丸が足の冷えや顔のほてりに貢献してくれていたことを知ったのだった。というわけで、再び、新たな漢方薬との付き合いが始まった。次回の診察は、二ヵ月後である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m I医師に、「何故私の身体は女性ホルモンの分泌量が減ってしまったんでしょうか?」と尋ねると、I医師は、「卵巣がサボってるんですよ」とおっしゃいました。私の卵巣は、何故、サボるようになってしまったのでしょうね。何だかそこが未だに気掛かりではあるのですが、これ以上、筋腫を大きくしてはいけないと、身体の自己防衛機能が働いたと思うことにしています。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 外国人から観た日本語 | トップページ | 映画『山のあなた 徳市の恋』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47401117

この記事へのトラックバック一覧です: 「イノコズチ」と「オオバコ」が加わる:

» 旅行バッグ.com [旅行バッグ.com]
旅行バッグついての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010.01.28 14:37

» 新婚旅行 国内 ランキング [新婚旅行 国内 ランキング]
新婚旅行 国内 ランキングについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2010.02.01 21:35

» オオバコダイエットの効能と口コミ(効果と方法) [ダイエットちょっぷ]
オオバコダイエットも始めました [続きを読む]

受信: 2010.02.02 17:09

» よもぎホットシート [女性のお悩み解決します♪]
女性のお悩み解決します★ジャムウ★minishop★http://pigletpoo3.web.fc2.com//nulenule/ ◆よもぎホットシート韓国エステで注目されている、よもぎ蒸しをご存知ですか?デリケ―トな部分を温めて、内側から美容と健康をお手入れするものです。通常は専用のよもぎに火をつけて、出てくる煙を内側から取り入れます。美容には良いのですが、煙のニオイや器具などが面倒! そこでこの『よもぎホットシート』がオススメ。ショーツに貼り付けるだけで、どなたでも手...... [続きを読む]

受信: 2010.02.06 22:17

« 外国人から観た日本語 | トップページ | 映画『山のあなた 徳市の恋』 »