« 子供のいる家庭と子供のいない家庭 | トップページ | 映画『つぐない』 »

2010.01.05

ライブで過去を振り返る

子供のいる家庭と子供のいない家庭の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。選択した状況によっては、人生を通して同時には選択することのできない状況がありますよね。例えば、家庭に子供のいる状況と家庭に子供のいない状況を同時に選択することはできません。だからこそ、それぞれの状況で体験していることは、とても貴重で意味のあることなのだと思います。どちらを体験するにしても、自分で選択したそれぞれの状況の中で、本当に精一杯生き抜いているのであれば、双方の体験に優劣はないように思います。

 仕事収めの翌日は、好きなアーチストの年末恒例のライブに参加した。ライブ仲間のお友達とライブ前の早い時間に待ち合わせをして、コーヒーをすすりながらじっくり話をした。私は普段、コーヒーを積極的には飲まないのだが、マクドナルドの携帯クーポンを使用すれば、一杯わずか百円でコーヒーが飲めるので、時間も気にせずゆっくり話のできるマクドナルドを利用したのだ。

 早めに待ち合わせをしたというのに、旅行のことや映画のこと、健康のことなどを語り合っているうちにあっという間に時間が過ぎ、間もなくもう一人のライブ仲間と待ち合わせる時間になった。年末恒例のライブはいつも二十一時半頃にお開きになるため、ライブの前に晩御飯を食べておこうということになり、食事のできる場所へと移動してイタリアンを食べた。ここでもまた、話をすることがたくさんあった。ああ、おしゃべりに熱中していると、時間が経つのが本当に速い。

 こうして、少し早めの晩御飯を食べたあと、歩いて会場へと向かった。毎年足を運んでいるその会場は、関西地方では比較的大きな会場である。今回は、アリーナ席の十二列目という素晴らしい席をライブ仲間のお友達が用意してくださった。アリーナ席は、スタンド席よりも前後の幅が広く、荷物の多い私でも、荷物を楽に収めることができた。

 定刻よりも少し遅れてライブは始まった。同じライブに毎年参加していても、ライブを通して感じることは毎回違う。どういうわけか、今回のライブでは、過去を振り返ることになった。演奏している彼らと出会ってからこれまでのことが頭の中を駆け巡る。私が初めて彼らの曲をラジオで聴いたのは、今からおよそ二十九年前のことである。それが彼らとの第一次接近遭遇だとすると、その後、第二次接近遭遇を果たし、第三次接近遭遇をも経て現在に至る。

 人間同士が長く関わり続けるためには、決して一方的であってはならない。長く関わりを持っている人たちとは、何らかの相互関係が成り立っている。その相互関係が、現在と未来を継続的に繋いで行く。若い頃のような盲目的な気持ちは既に失われてしまっているとしても、彼らと一生レベルで関わり続けようとする覚悟が、私の中には芽生えている。おそらく、私の周りにいるライブ仲間の友人たちも、同じ気持ちだろうと思う。

 思えば、学生の頃、アルバイトをしながら、一年間で三十本近くの彼らのライブに参加したのが私自身のピークだった。その頃、ツアー先のホテルの同じ部屋で卒論を書いていた友人も、まだバリバリの現役である。彼らを通してたくさんの友人たちと出会い、一部の友人たちは既に別の夢を見始めたものの、未だ多くの友人たちが相変わらず私と同じ夢を見続けている。私には、そのことが当たり前のようでもあり、奇跡であるようにも思えるのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ステージに立っている彼らを見ながら、冷静にこれまでのことを振り返っていました。彼らを通してたくさんの友人たちと出会うことができたのは、私にとっての宝だといつも思っています。友人たちとの付き合いも次第に長くなって来たので、まるで彼らを軸にして、その周辺を一緒にお散歩し続けているような感じですね。ガンモと出会うことができたのも、彼らを好きになったおかげでもありますし、とにかく、彼らにはとても感謝しています。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 子供のいる家庭と子供のいない家庭 | トップページ | 映画『つぐない』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47216065

この記事へのトラックバック一覧です: ライブで過去を振り返る:

« 子供のいる家庭と子供のいない家庭 | トップページ | 映画『つぐない』 »