« 映画『Disney'sクリスマス・キャロル』 | トップページ | 更年期引退(前編) »

2009.12.31

ホットヨガ(一七二回目)

映画『Disney'sクリスマス・キャロル』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 「クリスマス・キャロル」もクリスマスの歌のことではありますが、「クリスマス・ソング」とは違うのだそうですね。「クリスマス・ソング」が単なるクリスマスの歌だとすると、「クリスマス・キャロル」は、イエス・キリストの生誕に関した宗教的な意味合いを持っている歌のことだそうです。

 十二月の最終土曜日は、久し振りに三宮店でホットヨガのレッスンを受けた。最近は、大阪や京都の支店でレッスンを受けることが多かったのだが、今回はレッスンのあと、三宮から二つ先の神戸で予定が入っていたので、少し早めに三宮店に予約を入れておいたのだ。神戸店が閉店してしまってからというもの、週末のレッスンの予約がなかなか取りにくかった三宮店だが、少し早めに予定を立てることで、レッスンの予約が取れることがわかった。

 久し振りに三宮店の受付に顔を出すのは、何となく気恥ずかしかった。何しろ私は、神戸店が閉店してしまってからというもの、三宮店には一度しか足を運んでいないように思える。一体どんな顔でスタッフにごあいさつをすれば良いのだろうと思いながら入口の扉を開けると、店長さんをはじめとする三人のスタッフが迎えてくださった。店長さんは、かつて神戸店の店長さんだった方である。久し振りにお目に掛かったところ、以前よりもずっとスリムになられていた。

 久し振りの三宮店のレッスンだというのに、行きのJR線が遅れていて、三宮店に着いたときには既にレッスンの開始時間を一分ほど過ぎていた。何でも、踏み切りの遮断棒が折れていたらしい。そのため、どの列車も徐行運転を心掛けていたようだ。

 急いで着替えを済ませてスタジオに入ってみると、以前から良くお話をさせていただいているインストラクターが担当してくださるレッスンだとわかった。インストラクターに久し振りのごあいさつをしたい気持ちを抑え、空いているヨガマットに駆け寄り、準備を整えた。今回参加したのは、六十分の脂肪燃焼コースである。スタジオに入ってみて驚いたのだが、レッスンに参加されている方たちの人数をまともに数えられないくらいびっしりとスペースが埋まっていた。人数を数え始めると、目が回りそうだったのだ。次第に余裕が出て来て、やっとのことで数え終わると、参加者の数は何と、私を入れて二十四名だった。これほどの盛況ぶりでは、なかなかレッスンの予約が取れないはずである。

 脂肪燃焼コースのレッスンで最もきついのは、両腕をピンと伸ばした上で、ブロックを肩の高さまで持ち上げて身体を左右にねじるポーズだ。ブロックと言っても、発泡スチロールの軽いブロックである。その軽いブロックを、両腕をピンと伸ばして持つだけでもかなりのエネルギーを消耗するのだ。

 反対に、気持ちがいいのは、仰向けに寝転がり、片足だけカエルのように外側に折り曲げて開き、折り曲げた足とは反対方向に顔を向けるポーズだ。おそらくこれは、骨盤の歪みを矯正するポーズだと思う。骨盤が歪んでいる私は、このポーズがとてもぎこちないのだが、他の人たちには見た目も美しいポーズとなっている。私も骨盤の歪みを矯正して、他の人たちのように美しいポーズで決めたいものだ。

 レッスンを終えてスタジオを出るとき、インストラクターに久し振りのごあいさつをした。その後、シャワールームに雪崩れ込んだのだが、シャワーの数はたくさんあるはずなのに、どういうわけか、多くの人たちがシャワー待ちの列を作って並んでいた。どうやら、壊れて使用できないシャワールームがいくつもあるらしい。見ると、電気の点いていないシャワールームがいくつもあった。

 ようやく順番が回って来て、空いたシャワールームに駆け込んだのだが、おっちょこちょいの私は、またしても忘れ物をしてしまった。今度は、下着のショーツを忘れてしまった。これは困った。受付に行けば、おそらく使い捨ての下着を販売しているはずだが、下着を忘れたことを申し出るのは何となく恥ずかしい。そこで私は仕方なく、ショーツを履かずに直接ズボンを履いた。その後、何食わぬ顔で受付にロッカーの鍵を返しに行き、「良いお年をお迎えください」とごあいさつさせていただいたあと、歩いて数分のところにある百円ショップに足を運んだ。そこで一枚二百十円のショーツを買って、トイレで着替えることにしたのだが、ムートンブーツを履いている上に、ホットヨガの荷物をトイレの個室に持ち込んでいたので、着替えるのにかなり手間取ってしまった。それでも、このままショーツを履かずにウロウロすることを考えると、どうしても着替えずにはいられなかった。

 ようやくショーツを履き終え、ズボンもムートンブーツも履き直すと、トイレから出て、次なる目的地である神戸へと向かった。

今回のレッスンで着ていたTシャツ。ハヌマンのようでいて、ハヌマンではない?

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今年最後の記事は、ホットヨガの記事となりました。いつもはおよそ半日遅れで記事を書いていますが、今回はリアルタイムで書いています。今年も皆さんから、本当にたくさんのエネルギーをいただきました。来年の二月で「ガンまる日記」は丸六周年を迎えます。こうして毎日書き続けて来られたのも、「ガンまる日記」を熱心に読んでくださったり、また、応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆さんもどうか良いお年をお迎えください。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『Disney'sクリスマス・キャロル』 | トップページ | 更年期引退(前編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47170177

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一七二回目):

« 映画『Disney'sクリスマス・キャロル』 | トップページ | 更年期引退(前編) »