« 映画『ゼロの焦点』 | トップページ | 仮面を外す »

2009.12.28

ハイスコア

映画『ゼロの焦点』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m インターネットを徘徊していて、テレビドラマ化された松本清張さんの作品をまとめたサイトを見付けました。一九九〇年代だけでこれだけあるんですね。他の年代へのリンクをクリックしてみても、まだまだたくさんあります。作品の数の多さに、とにかく驚きです。そう言えば、本屋さんに行くと、松本清張さんの文庫本がずらりと並べられていたのを思い出します。書くことに喜びを見出していなければ、きっとここまでは書けないでしょうね。

 一週間ほど前の週末のことである。ガンモが、
先月のTOEICの結果が、月曜日にメールで送られて来るはずだから」
と言った。実力を出し切ることのできた先月のTOEICの試験の結果がようやく出るという。思えば、私はこの日をずっと心待ちにしていたのだ。

 いよいよ試験結果がメールで送られて来るという先週の月曜日、仕事を終えた私は、持ち歩いているノートパソコンを立ち上げて、電子メールをチェックした。以前ならば、個人所有のノートパソコンを職場に持ち込むことができたので、休憩時間にノートパソコンを立ち上げて電子メールをチェックすることができたのだが、現在は個人所有のノートパソコンを職場に持ち込むことは固く禁止されてしまっているので、職場から離れた場所でこっそり電子メールを開いた。

 はやる気持ちを抑えながら、TOEICの個人ページにアクセスしてみると、そこには先月受験したTOEICのスコアが表示されていた。あっ・・・・・・。何と、ハイスコアだった。ダントツというわけではないが、これまでのハイスコアをわずかに五ポイント上回っている。しかも、リスニングのスコアが伸びているではないか。とは言え、過去に今回と同じリスニングのスコアを獲得したこともあったのだが、そのときは今回のような確かな手ごたえは感じられなかったはずなので、超能力によるものだったかもしれない。

 今回の試験を受けた頃の私は、BBCをMP3化して毎日のように聴き込んでいた。しかも、耳から流れて来る英語がとても心地良くて、ほとんど中毒になるくらい、たくさんの英語を聞き込んでいた。毎日のように英語のシャワーを浴び続け、静かにリラックスしているときでさえも、頭の中で、音としての英語が流れ続けていたほどだった。今回のリスニングのスコアには、どうやらその効果が表れたようである。それに対し、リーディングのスコアは、相変わらずといったところだった。

 私はすぐにガンモに電話を掛けたが、ガンモは仕事がとても忙しく、電話にも出られない状態だった。私は早くこの感動をガンモに伝えたい気持ちでいっぱいで、半ばイライラしながら、ガンモの携帯電話にハイスコアが出たことを知らせるメールを送った。メールならば、仕事が落ち着いたときに読んでくれるだろうと思ったからだ。しかしガンモは仕事が忙しい上に、携帯電話の電波が届き難い場所で仕事をしていたため、私が送信したメールに目を通してはいなかったようだ。

 その後、自宅の最寄駅に着いたので、ガンモにもう一度、電話を掛けてみると、ようやく電話が繋がった。まだ忙しそうだったので、TOIECの結果が出ていること、ハイスコアを獲得したことを手短に話した。ガンモは、自分のスコアも、時間を見付けて確認してみると言った。

 私はガンモよりも先に帰宅し、日頃の睡眠不足を補うべく、ひと眠りした。ガンモが仕事から帰宅したのは、深夜のことだった。ガンモは、私がハイスコアを獲得したことをひどく気にしていて、
「何点だったの?」
と身体をすり寄せて尋ねて来た。私は眠い目をこすりながら、ノートパソコンを開いて、自分のスコアが表示されているページを見せた。ガンモは自分のスコアに、そろそろ私が追いついて来るのではないかと冷や冷やしていたらしい。私がハイスコアを獲得したと言っても、ガンモにはまだ百点以上も負けてしまっているのを確認して、ほっとしたようだ。とは言え、今回のスコアで言えば、ガンモとの差は百五点にまで縮まった。

 私は、
BBCをMP3化して毎日のように聴き込んでいたから、リスニングが伸びたんだよ」
と言った。するとガンモは負けじと、
「俺なんて、最近、リスニングは何にも勉強してないもんね」
と言う。ちなみに、ガンモは私よりもリスニングのスコアが三十点ほど高い。確かに、私が五時起き生活を始めてからというもの、ガンモが英語の勉強らしい勉強をしているところを見たことがない。かつては、夜、寝る前にニンテンドー DS Liteを使って、耳で聞いた英語を書き取るディクテーションなどのレッスンを行っていたのに、最近は、私が早く就寝したがるものだから、ガンモが自宅で英語を学習する時間がないのだ。ただ、通勤中にニンテンドー DS Liteを開いて時々勉強しているようだが、それも微々たるものである。

 私などは、調子に乗って、またしても英語の学習法のノウハウをインターネットで購入してしまった。いやはや、今度のノウハウは凄い。このノウハウなら、ガンモとの百五点の差を縮めるのも夢ではなさそうだ。このように、毎回、新しいノウハウに夢を馳せて来たが、ようやく素晴らしいノウハウを得ることができたので、他の人のノウハウをインターネットで購入するのも、これで終わりにしたいと思っている。ガンモとの戦いは、まだまだ続くのであった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m リーディングはなかなか伸びませんが、リスニングはすぐにスコアが伸びますね。BBCのインターネットラジオから収集したMP3ですが、意識を集中させて聴かなければ意味がないことがわかりました。ただ流しているだけで英語力が身に付くとうたっている英語教材の広告もありますが、それは嘘だと思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『ゼロの焦点』 | トップページ | 仮面を外す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/47144017

この記事へのトラックバック一覧です: ハイスコア:

« 映画『ゼロの焦点』 | トップページ | 仮面を外す »