« 映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』 | トップページ | ブリージングストレッチセミナー in 神戸(7) »

2009.11.07

天然ヘナおばさん

映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m あるアンケート結果によれば、月に一回は映画館で映画を観るかという問い掛けに対し、「いいえ」と答えた人が全体の九割以上を占めていました。いやいや、驚きましたね。こんな時代だからこそ、というのもあるのでしょうが、映画を観るならDVDでの観賞で充分という意識もあるのでしょうね。もしくは、劇場公開中に評価の高かったものを選りすぐってDVD観賞するという、いわば「効率的な」観賞方法を取っていらっしゃる方も多いのかもしれません。確かに、劇場で映画を鑑賞しても、DVDで充分だと思ってしまうような作品はあります。そう考えると、映画館で映画を鑑賞することは、一つの賭けのようなものなのかもしれませんね。とは言え、劇場で映画を鑑賞していると、逆に、世間の評価もまったく知らずに、ほんの軽い気持ちで観賞した作品がものすごく素晴らしい作品だったという、棚からぼたもちのような経験ができることも確かなのです。

 十一月になったからなのか、頭に霜が降り始めた。いや、霜ではない。白髪である。そこで、またしてもおよそ二ヶ月振りにダイソーの天然ヘナを使って白髪染めをした。

 今回使用した天然ヘナも、前回前々回分の残りのナチュラルオレンジである。いつものように紅茶のティーパックとレモンで溶こうと思ったのだが、ふと思いついて、それらの他に生卵を一つ加えてみた。ザ・ダイソー ナチュラル ヘナのクチコミ - アットコスメ(@cosme)を参考にさせていただき、より高いトリートメント効果を期待したのである。

 生卵を混ぜ込んだせいだろうか。溶いてみると、天然ヘナがいつもよりも固くなった。それでも気にせずに、ナチュラルオレンジ初体験の記事でご紹介したような容器に移し替えて塗り始めた。すると、塗り込んでいる途中で、溶いた天然ヘナが容器から出て来なくなってしまった。そこで、力任せに容器を押さえたところ、その勢いでキャップが外れ、あろうことか、中に入っている緑の泥のような天然ヘナがぽったりと私の足元にこぼれ落ちてしまったのだ。私は、既に塗り込んだ頭の上の天然ヘナが垂れて来ないように気に掛けながらも、足元にこぼれ落ちた天然ヘナをペーパーで器用に拭き取った。おそらく、生卵を加えたことが原因で、いつもよりも天然ヘナが固くなり、容器の細い管を通らなくなってしまっているにもかかわらず、私が力任せに容器を押さえたものだから、容器に圧力が加わり、容器の中の天然ヘナがたまらず外に飛び出してしまったのだろう。つまり、生卵の入った天然ヘナは、容器の細い管よりも、キャップの側面から勢い良く外に飛び出すという強行策に出たのだ。私は、突然のハプニングに驚いたが、それでも冷静に残りの天然ヘナを頭に塗り込んで行った。

 ハプニングに見舞われながらも何とか天然ヘナを塗り終わると、今度は日本てぬぐいで頭を包み込み、日本てぬぐいの上からターバンを巻いて固定させ、更にその上にシャワーキャップをかぶった。そして、そのまま寝室に戻り、昼寝(と言っても既に夕方だった)をしているガンモを起こさないように静かにくつろいでいた。

 目を覚ましたガンモは、私の頭を見て、
「ヘナをしたんだ」
と言った。起きてトイレに立ったガンモ曰く、いつもよりも洗面所が汚れているという。おそらく、容器に入った天然ヘナが飛び出したときに、私の立っていた足元だけでなく、他のところにも、容器に入っていた天然ヘナが飛び散ったのだ。あとでトイレに立ったときに洗面所を確認してみると、確かに洗面所の一部に天然ヘナが飛び散っていた。

 ところで、我が家では、ガンモと私の休日が一致した日の夕食は、たいてい外食することになっている。とは言え、天然ヘナを塗り込んだのが十七時前だったので、夕食に出掛けて行くために天然ヘナを洗い流してしまうにはまだ早かった。しかも、できれば夕食のあと、買い物もしておきたかったので、私は大胆にも、
「じゃあ、シャワーキャップの上から毛糸の帽子をかぶることにするから、それで出掛けよう」
と宣言し、天然ヘナを包み込んだシャワーキャップの上から大きめの毛糸の帽子を目深(まぶか)にかぶり、出掛ける準備を整えた。子供の頃、自宅で髪の毛をカールするためのホットカーラーを巻いたまま近所のスーパーに買い物に来ている中年のおばさんをしばしば目にしていたが、今は私自身がホットカーラーおばさんならぬ、天然ヘナおばさんになり、天然ヘナを頭に塗り込んだまま外食と買い物のためにガンモと一緒に出掛けて行ったのである。

 こうして私は、お風呂に入るときにガンモよりも一足早く浴室に入り、天然ヘナを丁寧に洗い流した。仕上がった髪の毛を見てみると、これまでよりも赤みが増しているのを実感した。これまでと変わっているのは生卵を加えたことなので、この赤みは生卵が与えた影響なのだろう。エンジ色に近いような赤みがかった髪の毛は、ホットカーラーを巻いたまま近所のスーパーに出掛けていたホットカーラーおばさんに勇気をもらって、私自身が天然ヘナおばさんになることができたおかげである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ちなみに、生卵の持つトリートメント効果のほどは良くわかりませんが、心なしか、染めたあとの匂いは多少抑えられたように思います。とは言え、次回も生卵を入れるかどうかは未定です。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』 | トップページ | ブリージングストレッチセミナー in 神戸(7) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46704773

この記事へのトラックバック一覧です: 天然ヘナおばさん:

» 芸能人愛用コスメ美顔器口コミ人気ランキング [芸能人に口コミで人気沸騰のコスメって?]
芸能人愛用コスメ美顔器口コミ人気ランキング [続きを読む]

受信: 2009.11.10 22:45

« 映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』 | トップページ | ブリージングストレッチセミナー in 神戸(7) »