« ブリージングストレッチセミナー in 神戸(8) | トップページ | お伊勢参りを試みる »

2009.11.15

映画『4分間のピアニスト』

ブリージングストレッチセミナー in 神戸(8)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m スワイショウは、繰り返すことにより効果が得られるようなので、職場のトイレでこっそり実践するくらいでは、とても足りないかもしれませんね。しかも、トイレで実践しているところを誰かに見られたら、怪しいと思われるのは間違いありません。(苦笑)

 本作が劇場公開されていた頃、私はホットヨガ神戸店のすぐ隣にあった映画館で本作が上映されているのを認識していたように思う。しかし、当時の私のスケジュールと本作の上映スケジュールがかみ合わずに、鑑賞を断念したというおぼろげな記憶がある。ということで、九月二十三日のシルバーウィーク中に本作をDVDで鑑賞した。

 年老いたピアノ教師クリューガーは、女子刑務所でピアノを教えている。女子刑務所に新しいピアノを搬入し、レッスンを受ける生徒を募っていたところ、無実の罪で囚われているジェニーと出会う。気性の激しいジェニーは、時には手のつけられないほど大暴れするものの、ピアノの実力には目を見張るものがあった。クリューガーはそんなジェニーの才能に注目し、厳格な態度でピアノを教えようとする。出会ったばかりのクリューガーとジェニーはまだぎこちなかったが、厳しいピアノレッスンを通して二人は次第に打ち解け合って行く。

 やがてジェニーは、ピアノコンクールに出場する許可をもらい、ピアノコンクールで四分間だけ演奏することが許される。クリューガーとジェニーは、ピアノコンクールに向けて練習に練習を重ねて行くのだが・・・・・・。

 鑑賞し始めると、まず圧倒されるのは、ジェニーのとてつもない気性の激しさである。一体何に怒りを感じているのだろうと思ってしまう。しかし、やがてそんな気性の激しさも、彼女自身の孤独から来ていることがわかる。それは、身近な人に自分を理解されない孤独だったのかもしれない。すなわち彼女は、心の中に深い傷を負い、誰に対しても心を閉ざしていたのだ。

 実は、ピアノ教師として厳格な態度を取り続けていたクリューガーもまた、心に深い傷を負っていた。後半は、クリューガーが自分の心の傷をジェニーに告白するシーンもある。時には手のつけられないほど気性の荒いジェニーに対し、クリューガーが長年心の奥にしまいこんでいた秘密を告白するのだから、クリューガーにしてみれば勇気ある行動である。しかし、そうなるに至ったのは、その少し前に、クリューガーがジェニーから重大な告白を聞き、二人の間に生まれた特別感を守り通したかったのかもしれない。また、あることで感情を爆発させてしまったジェニーを、何が何でもなだめたい気持ちがあったのではないだろうか。二人の間にようやく芽生えた絆を守るためと、ある大それた計画のために・・・・・・。

 ジェニー役を演じている新人女優のハンナー・ヘルツシュプルングは、何と千二百人の中からオーディションで選ばれたのだそうだ。さすが、それだけの高倍率をクリアして来ただけあって、気性の荒いジェニーの役にぴったりはまっている。暴れ回る演技もいいが、刑務所の自室の机に鍵盤を掘り、熱心にピアノの練習を重ねる姿もいい。そんな気性の荒い爆弾のようなジェニーと、ピアノのレッスンを通じて心を通い合わせて行くクリューガーの大それた計画とは・・・・・・。

 たいていの場合、何らかの闇を抱えている人物が前を向いて歩き始めるには、光を見出すプロセスが描かれるものである。では、ジェニーにとってクリューガーは光だったのかと問われれば、そうでもないような気もする。光というよりも、心の中に同じ闇を持っていた「同士」と表現するほうが、よりしっくり来るように思う。ジェニーがクリューガーに対して少しずつ心を開き始めたのは、クリューガーの中に自分と同じ闇を見出し始めていたからなのかもしれない。全体的に、光というよりも闇が表現された映画ではあるのだが、闇の中で情熱が燃えたぎるようなエネルギッシュな作品となっている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 本作はドイツ映画なんですよね。全体的にダークなイメージが漂ってはいるのですが、ジェニーの演奏が素晴らしいからでしょうか。彼女のピアノに対する情熱に引き上げられる作品です。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ブリージングストレッチセミナー in 神戸(8) | トップページ | お伊勢参りを試みる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46776385

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『4分間のピアニスト』:

» 当たる馬券だけ買えばいいのはわかってます [お得な競馬情報]
自慢じゃないが競馬が好きだ。思えば今までいくらつぎ込んだかわからない。ところが今じゃ連戦連勝!その極意とは・・・勝つための馬券はこうして探せ! [続きを読む]

受信: 2009.11.17 11:31

« ブリージングストレッチセミナー in 神戸(8) | トップページ | お伊勢参りを試みる »