« BBCをMP3で聴こう! | トップページ | カングーにいっぱいの親の愛 »

2009.10.22

映画『モーテル』

BBCをMP3で聴こう!の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m iTunesには、Podcastなる機能があるようですね。私はiTunesは使っていても、Podcastの機能は使っていません。中には英語教材のような番組もあるようですが、無料のインターネットラジオをソースにした、日本語による解説のない生の英語もいいものですよ。(笑)

 本作を鑑賞したのは、今から二ヶ月以上も前の八月十五日のことである。できる限り劇場公開中の作品のレビューを取り扱いたいと思い、少しの間、他の作品のレビューを優先して書かせていただいたので、本作のレビューを書くのがすっかり遅くなってしまった。本作は、劇場公開中に何度も予告編を目にして気になる作品としてリストアップしていたものの、鑑賞には至らなかった。予告編には確か、殺人シーンが収録されたビデオを鑑賞していたモーテルの宿泊客が、「ビデオに映っているのはこの部屋だ!」と気付くシーンが盛り込まれていたように思う。レンタルDVDショップで本作のDVDを見付けたとき、何となくその予告編を観たときの衝撃が思い出され、普段はこの手の作品は好んで鑑賞しないというのに、DVDでの鑑賞に踏み切ったのである。

 夫婦としての危機を迎えている二人が、手強い外敵と戦いながら再び結束を固めて行くプロセスを描いた作品としては、最近鑑賞した映画『30デイズ・ナイト』が記憶に新しい。外敵との戦いは命を賭けた激しい戦いとなり、その激しい戦いを通して、失われかけていた夫婦の絆を取り戻すのだ。あたかも、恐ろしい殺人鬼たちとの命を賭けた戦いが描かれているようでいて、実は夫婦の絆を取り戻すための心理セラピーだったととらえてみると、なかなか面白い。

 本作で感じる怖さとは、心霊的な現象を目の当たりにする怖さではなく、人為的な行為に対する怖さである。相手は自分と同じ人間であるはずなのに、単に退屈しのぎの快楽を得るために、モーテルの宿泊客をターゲットに次々に殺人を繰り返している。そんな恐ろしい殺人鬼たちは、感情を司る神経細胞の一部が既に死んでしまっているのかもしれない。そんな生死を賭けた危機から、夫婦は必死に逃れようとする。

 私は、この危機を乗り越えた夫婦が、今後、どのような関係を結んで行くのかがとても気になった。死を覚悟しなければならないほどの恐怖を体験することで取り戻した夫婦の絆は、実は期間限定の魔法のようなもので、彼らが日常生活に戻ってしまえば、再び同じような問題に直面したりはしないのだろうか。何故ならこの夫婦は、抱えていた問題を直視して、ともに地の底から這い上がった絆を持った夫婦ではないだけに、本当の意味での夫婦の絆が取り戻せたのかどうか、心配だったのだ。この夫婦が再び夫婦の危機を感じたとき、あの一体感を再び感じたいと思い、モーテルでの恐ろしい出来事を再体験したいなどと思ったりはしないのだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こんな記事を書くと、遊園地などで、「壊れかけた夫婦の絆を取り戻すためのアトラクション」なるものが開発されるかもしれませんね。(苦笑)何となく、この夫婦がモーテルで体験したことは、夫婦の絆を取り戻すためのきっかけに過ぎないという気がして来ました。大切なのは、モーテルを出て日常生活に戻ったあとだと思います。まあ、ホラー映画を観て、このような感想を抱く人は少ないと思いますが・・・・・・。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« BBCをMP3で聴こう! | トップページ | カングーにいっぱいの親の愛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46559455

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『モーテル』:

« BBCをMP3で聴こう! | トップページ | カングーにいっぱいの親の愛 »