« 映画『96時間』 | トップページ | 戦利品は毛糸の帽子とガネーシャTシャツ »

2009.10.09

ホットヨガ(一六五回目)

映画『96時間』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 皮肉なのは、強い強いお父さんがキムの母親である元妻と別れた原因が、かつての仕事のハードさにあったことでしょうか。しかし、そのハードな仕事で培った能力が、愛娘を救ったんですよね。このあと、強い強いお父さんが元妻と簡単に復縁したりしたら、更に突っ込みどころの多い作品になったと思われます。(苦笑)

 シルバーウィークと有給休暇の九連休中、またしても京都店に出掛けてホットヨガのレッスンを受けた。今回も自宅近くの大型映画館のあるショッピングセンターの無料駐輪場に自転車を停めて、そこから阪急電車の最寄駅まで数分掛けて歩いた。

 シルバーウィークも終わり、平日の金曜日だったためか、電車はいくらか空いていた。予定よりも早めに烏丸に着いたので、私は駅のホームでしばらくボーっとして時間を潰した。

 今回受けたレッスンは、六十分のフリースタイル/ピラティスコースである。フリースタイルのピラティスというと、まだ京都駅前店があった頃、六月に一度だけレッスンを受けている。今回のピラティスコースのレッスンを担当してくださったのは、六月にレッスンを担当してくださったインストラクターだった。その方がどこか別のスタジオからホットヨガのスタジオに出張されているというのは、もしかすると私の勘違いだったのかもしれない。驚いたことに、ピラティスのレッスンを担当してくださったインストラクターは、六月にお目に掛かったときよりもずいぶんスリムになられていた。

 平日のレッスンだったためか、レッスンの参加者はわずか十名と少なかった。私は、六月受けたピラティスのレッスンのあと、シャワーを浴びているときに大変な呼吸困難に陥ってしまったため、今回のレッスンは吐く息と吸う息を特に意識して行った。ヨガのレッスンには慣れているものの、ピラティスのレッスンには慣れていないので、息を吐くタイミングと吸うタイミングがなかなか掴み難かったのだ。呼吸に注意を払っていたものの、やはりピラティスは、呼吸を吐くタイミングと吸うタイミングがとても難しかった。おまけに今回は生理中のレッスンだったため、少し貧血気味だったのか、途中でボーっと気が遠くなるような感覚も味わうことになった。

 レッスン中、最もきつかったのは、腕立て伏せである。大きな筋腫があるために、お腹に力が入らない私には、まるで拷問のように思えた。しかし、インストラクター曰く、多少の違いはあるものの、誰でも同じだけ自分の身体を使うことができるとのことだった。いやはや、果たしてそれはどうだろう。少なくとも私には、何らかの制限により、他の人が楽に取れるポーズであっても、なかなか取れないポーズがある。例えば、お腹の前で足を抱えて座る簡単なポーズにしても、大きな筋腫が邪魔になり、なかなか思うように身体を曲げることができない。訓練によって、いつかそれらの制限が取れて、他の人たちと同じように楽にポーズが取れるようになれるとはなかなか考えにくい。

 レッスン後にシャワーを浴びたあと、ロッカールームで帰り支度を整えていると、ロッカールームがやけににぎやかなのに驚いた。私が普段、平日のレッスンには参加していないからだらろうか。週末を中心にちょろちょろと参加している私と違って、平日のゆったりとした時間にレッスンに通うことのできる方たちは、レッスンで顔を合わせる回数も多く、交流を結び易いのかもしれない。

 地味なポーズの多いピラティスのレッスンだったが、無意識のうちに身体の内側の筋肉が使われていたようで、翌日になると、軽い筋肉痛を感じることになった。今回は、別の用事との兼ね合いでピラティスのレッスンを受けることになったが、できれば私は、やはり骨盤コースのレッスンを受けたいと感じたのだった。

レッスンのときに着ていたTシャツ。おそらく仏様だと思うのだが、印相を調べても、何の仏様なのかはわからなかった

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ピラティスは、とても地味なレッスンなのに身体に「ききます」ね。(笑)ただ、私のように大きな筋腫持ちにとっては、とても辛いレッスンであることは確かです。インストラクターは、今回のレッスンで自分が苦手だと感じたポーズが、本当は自分の身体にとって最も必要なポーズだとおっしゃいました。私の場合、腕立て伏せが苦手なポーズということになるのですが、腹筋を鍛えることが私の身体の改善に繋がるとはとても思えません。(苦笑)私の場合はもっと根本的なところに原因があると思っていますので、やはり、同じフリースタイルのレッスンに通うならば、骨盤コースのレッスンに通いたいですね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『96時間』 | トップページ | 戦利品は毛糸の帽子とガネーシャTシャツ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46445642

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一六五回目):

« 映画『96時間』 | トップページ | 戦利品は毛糸の帽子とガネーシャTシャツ »