« おじやで回復したおやじ(前編) | トップページ | 映画『GOEMON』 »

2009.09.22

おじやで回復したおやじ(後編)

おじやで回復したおやじ(前編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 文中で触れた「無責任な警戒心」とは、例えば、電車に乗っているときに人身事故が起こったとしましょう。そのときに気に掛けるのは、人身事故で亡くなった人のことではなく、自分自身のこれからのスケジュールのことだったりするのではないでしょうか。また、幼児を狙った殺人事件が起こると、テレビのニュースなどで、地元の人たちにマイクが向けられます。地元の人たちの口から語られるのは、亡くなられた幼児に対するお悔やみの言葉ではなく、自分の子供の心配だったりします。新型インフルエンザへの対応に関しても、企業の取る方針に従うということは、それらの対応にも似た「無責任な警戒心」に触れることになります。愛情で結ばれた関係と、そうでない関係には、どうしても温度差が生まれてしまいますからね。ただ、ガンモの場合は新型インフルエンザではなかったのでこのようなことが言えるとしても、もしも新型インフルエンザだったとしたら、感染を拡大させないための協力はしなければなりません。

 熱が下がったとはいえ、仕事をしていてもやはりガンモのことが気になる。自宅で休養しているガンモに電話を掛けてみると、
「熱は下がったけど、下痢は続いている」
と言う。どうやら、医師に処方してもらった整腸剤よりも下痢の勢力のほうが勝っているらしい。ガンモには喉の痛みもなく、咳も出ていなかった。医師の診察通り新型インフルエンザではないのだとすると、高熱は一日で収まったものの下痢はまだ続いているというガンモのこの症状は一体何なのだろう?

 私が仕事から帰宅してみると、ガンモは前日よりもずっと元気になっていた。そのため、ガンモに注ぐ私の意識が前日よりも緩くなったと感じたガンモが、
「きのうのまるみは、おじやを作ってくれたりして優しかった。まるみのおじやで良くなったから」
と名残惜しそうに言った。私も、無防備な状態でベッドに横たわるガンモを思い出し、
「きのうのガンモは特にかわいかったよ」
と懐かしむように言った。元気になった途端、私のサービスが行き届かなくなったので、ガンモはちょっぴり寂しい気持ちになっているようだった。

 私が、
「今日もおじやを作ろうか?」
と言うと、ガンモは、
「うん」
と言った。前日は、ガンモの分のおじやしか作らなかったが、今度は私の分のおじやも一緒に作ることにした。そして、前日とほぼ同じ材料でおじやを作ったのだが、もう少し塩味を加えるために鮭フレークをまぶした。

 こうして二人でほくほくのおじやを食べた。ガンモがおいしいと言ってくれると、私はついつい調子に乗ってしまう。それからも、私はことあるごとにおじやを作っている。

 それはさておき、二日間に渡る休養により体調がほぼ回復したガンモは、翌日、仕事に出掛けて行くことになった。下痢がまだ続いていたので、私はかつて使用していた市販の生理用紙ナプキン(市販の紙ナプキンはケミカルナプキンなので、子宮の健康のためにも使用をやめて、私は洗って繰り返し使える布ナプキンを愛用している)をガンモが仕事で使うカバンの上にそっと置いておいた。まだ下痢が続いていたガンモは、それをカバンに忍ばせて仕事に出掛けて行ったようだ。ガンモに生理用ナプキンの使い心地を尋ねてみると、
「お客さん(ガンまる用語で生理用ナプキンのこと)を付けていると、あったかいということがわかった」
などと言った。

 ガンモの下痢は二、三日続き、ようやく通常の状態に戻ったようだ。同じ頃、ガンモの職場にノロウィルスに感染した人がいたらしい。その人に、
「○○さん(私たちの苗字)もノロウィルスに感染されたんですか?」
と尋ねられ、ガンモは自分の症状もノロウィルスだったのではないかと思ったそうだ。

 ノロウィルスについて調べてみると、O型の人が感染しやすいと書かれている。確かにガンモはO型である。しかし、ノロウィルスの主たる特徴として挙げられている嘔吐の症状は、ガンモにはなかった。ということは、ガンモはノロウィルスに感染したわけでもないことになる。

 一体ガンモの症状が何だったのか、未だにわからず終いではあるのだが、今ではすっかり元気になり、二十四時間連続勤務というハードな仕事もこなしている。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m おじやは、ダイエット食としても良さそうな感じですね。おじやについて調べてみたところ、いろいろな方たちのおじやレシピのページに辿り着き、楽しく拝見させていただきました。おじやには、作る人によっていろいろなバリエーションがあって、とても楽しいですね。また、おじやと雑炊との違いが書かれているページもありました。はてさて、「私が作ったのは雑炊なのか、それともおじやなのか?」と疑問に思いましたが、私にとっての雑炊は、みんなでお鍋を突付いたあとに、残り汁にご飯を混ぜて作るというイメージがあります。それに対し、おじやは最初からおじやを作る目的でお鍋に材料を入れるというところが違うのではないでしょうか。だから、私が作ったのはおじやです。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« おじやで回復したおやじ(前編) | トップページ | 映画『GOEMON』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46288499

この記事へのトラックバック一覧です: おじやで回復したおやじ(後編):

» 新型インフルエンザ [新型インフルエンザ]
2009年は新型インフルエンザが世界的流行した年になりました。新型インフルエンザの症状や感染した時の対応の仕方などを説明しています。 [続きを読む]

受信: 2009.09.23 14:10

» 子宮内膜症 コンサル.com [子宮内膜症 コンサル.com]
子宮内膜症についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009.09.24 15:44

» 子宮筋腫 知識ネット [子宮筋腫 知識ネット]
子宮筋腫についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2009.09.25 09:57

» 生理痛 緩和 [生理痛 緩和]
生理痛 緩和についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009.10.01 13:08

« おじやで回復したおやじ(前編) | トップページ | 映画『GOEMON』 »