« 映画『人生に乾杯!』 | トップページ | すずらんの湯(14) »

2009.09.17

ホットヨガ(一六二回目)

映画『人生に乾杯!』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。男女の愛を表現する手段として、私は良く、ソウルメイト的な愛だとか、ツインソウル的な愛といった表現を用いますが、本作に登場するご夫婦の愛は、明らかにツインソウル的な愛ですね。共通点の多いソウルメイトは、面での関わりを大切にします。一方、共通点ベースの結び付きを持たないツインソウルは、それぞれが自立し、接点での関わりを持とうとします。強盗を重ねている老夫婦と対照的に描かれている女刑事は、恋人との間に面の関係を求めたために、相手の浮気にひどく苦しむことになったのでしょう。とは言え、面の関わりから接点の関わりへの意識の切り替えはなかなか難しいでしょうね。面の関わりと接点の関わりは、相手の自由意思を許容する度合いも違って来ます。共通点ベースの面の関わりは、相手の意思がいつの間にか自分の意思になったりもするので、もともとお互いの自由意思の領域が少なくても運命共同体であり続けることができます。しかし、接点の関わりは互いに自立し、それぞれが別々の意思を持っていたとしても接点で繋がっていることができるので、互いの自由意思を許容する範囲が広いのです。だから逆に、普段から面の関わりをベースに生活している人と、普段から接点の関わりをベースにしている人が互いに交流を始めると、自由意思を許容する範囲に意識の差が出て来て、価値観の違いを感じることになりますね。

 九月最初の土曜日は、三宮店で六十分のスクィーズクラスのレッスンを受けた。久し振りに三宮店を訪れることになるため、従来からの三宮店のスタッフと顔を合わせるのがちょっぴり恥ずかしいなどと思いながら入口の扉を開けたところ、従来からの三宮店のスタッフである小悪魔インストラクターと、神戸店から異動されたスタッフがあたたかく迎えてくださった。小悪魔インストラクターというのは、レッスン中にきついポーズに対して容赦がないので、私が勝手にそう呼ばせていただいているのだ。私は小悪魔インストラクターに、
「にぎやかになりましたね」
と言った。三宮店には、小悪魔インストラクターやカリスマインストラクターがいらっしゃるので、毎回、顔を合わせるのが楽しみなのだ。

 受付でロッカーの鍵を受け取り、ロッカールームへと向かった。中に入ってみると、やはり、これまで神戸店に通っていた人たちが三宮店に足を運んでいるためか、これまでに体験したことのないほどの混雑ぶりだった。私は、普段から持ち歩いている荷物が多いために占有するスペースが広くなり、何だか申し訳ないくらいだった。

 たくさんの人たちが行き来するロッカールームで慌しく着替えを済ませてスタジオに入ってみると、スタジオ内にもびっしりとヨガマットが敷かれていた。レッスンに参加していたのは、私を入れて二十四名だった。スクィーズクラスは、両手を横に広げて船を漕ぐようなポーズを取ることが多いのだが、隣の人と前後することで、何とか両手を広げるスペースを確保することになった。

 今回のレッスンを担当してくださったのは、神戸店から異動されたスタッフだった。思えば、ここのところ、彼女のレッスンを受けることが多いように思う。彼女はいつも、良く通る声でしっかりと発声し、堅実なレッスンを展開してくださっている。レッスンの場所が神戸店から三宮店に変わっても、これまでのペースを失うことなくレッスンを展開してくださっている彼女に、神戸店時代には気付かなかった魅力を感じていた。

 そして、レッスンを受けながら、私の中に、ある感情が芽生えつつあった。それは、一種の安心感のようなものに近かった。人は、変化を受け入れることに対し、臆病になってしまうことも多い。だから、神戸店でスタッフの顔ぶれが次々に変わり始めたときは少々不安になった。しかし、こうして神戸店のスタッフが三宮店に異動されて、これまでと同じようにレッスンを担当してくださったり、また、従来からの三宮店のスタッフがあたたかく迎えてくださったりすることが、私にとっては、そこに変わらないものを確認できるという意味で安心に繋がっていることに気が付いた。

 スクィーズクラスのレッスンでたっぷりと汗をかき、シャワーを浴びた。スクィーズクラスのレッスンは、七十五分のパワーアクティブコースのように激しくはなく、六十分の集中レッスンなので、疲労感もちょうどいい感じである。ちなみに、三宮店のシャワールームの数は、かつての神戸店のシャワールームの数よりも多い。シャワーを浴びたあと、ソファに座って冷え取り健康法のソックスを重ね履きしていたところ、これまでロッカーのなかったところにまでロッカーが設置されているのを発見した。神戸店を利用していた人たちが三宮店を利用するようになるため、ロッカーの数を増やしてくださったのかもしれない。もともと、ロッカーそのものの数は充分足りていても、細いロッカーであるがゆえに、ほぼ同じ時間にロッカーを利用する人たちが隣同士のロッカーに割り当てられることはほとんどなかった。ロッカーの前でゆったりと着替えをするには、使用するロッカーを少し離して利用者を割り当てるようになっているようだ。

 たくさんの人たちで溢れ返ったロッカールームを出て受付に足を運ぶと、懐かしいカリスマインストラクターが受付に立っていらっしゃったので、久し振りのごあいさつを交わした。三宮店はしばらくご無沙汰してしまっていたが、神戸店から異動されたスタッフとともに、これからは小悪魔インストラクターともカリスマインストラクターともちょくちょく顔を合わせることができるので、それもまた楽しみである。

この日のレッスンで着ていた、シヴァ神の妻パールヴァティの化身と言われているカーリーのTシャツ。
かつてのレッスンで着ていたオレンジ色のカーリーの色違いTシャツ

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m これまで神戸店でレッスンを受けていた人たちが、一斉に三宮店を利用するようになったので、三宮店のスタジオには慌しい雰囲気が漂っていました。ちなみに、神戸店の閉店により、私の回数券は有効期限が一ヶ月延長された上に、回数券も一回分プレゼントしてくださいました。これからも、しっかり活用したいと思います。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『人生に乾杯!』 | トップページ | すずらんの湯(14) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46241357

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一六二回目):

« 映画『人生に乾杯!』 | トップページ | すずらんの湯(14) »