« マンションの自主管理 | トップページ | メリハリのハリ? »

2009.09.08

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

マンションの自主管理の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 私たち夫婦には子供がいないので、普段は同じマンションの住民の方たちとじっくり話をする機会はほとんどないのですが、管理組合の役員に当たった年には、同じ役員の方たちと比較的密な交流が持てたように思います。やはり、多くの人たちとやみくもに関わるのではなく、少人数の集まりの中で自分と合う人と引き合い、交流を深めて行くのがいいですね。

 手元にある映画の鑑賞ノートには、本作の鑑賞日として七月十九日と記載されている。そう、まだまだ劇場公開中である本作は、夏休みの旅行に出掛ける少し前に、ガンモと二人で鑑賞したのだ。二ヶ月近く前に鑑賞した映画がまだ劇場公開されているのだから、このシリーズの作品がいかに多くの人たちに受け入れられているかが良くわかる。

 ハリー・ポッターシリーズは、私が最初に原作を読み始めたことがきっかけではまり、やがてガンモをも巻き込み、ガンモと一緒に全作品を劇場で鑑賞している。ただ、監督が毎回異なっているので、映画としては何となく作風に一貫性がないと思っていたところ、本作の監督は前作と同じ監督で、しかも最終作の監督も担当されることになっているのだそうだ。とは言え、この手の映画は、鑑賞した側からすぐに内容を忘れてしまうので、前作の記憶などもうはるか彼方である。

 子供たちが主役の映画であるだけに、ハリーやロン、ハーマイオニーの成長ぶりが毎回気になっている。二年前にロンドンでミュージカル『メアリー・ポピンズ』を鑑賞したところ、購入したプログラムに記載されている子役の数があまりにも多いのに驚いた。どうやら子役たちは、役の年齢よりも成長すると降板されるらしい。サザエさんが実写版で映画化されたとしても、おそらく同じ子役で配役され続けるわけではないだろう。原作者のJ・K・ローリングがハリーポッターシリーズをこれ以上執筆しないことで、映画化されたときの配役が変わる心配がなくなるとも言える。

 さて本作だが、世間の評価はどうであれ、私の感触では、これまで鑑賞したハリー・ポッターシリーズの中では一番良かったように思う。最初の頃は、原作が忠実に再現されている喜びを感じながら鑑賞していたものだが、ある時期から原作を読まなくなってしまったので、原作と比較することなく純粋に映画として楽しめるようになった。どの作品だったかはもう忘れてしまったのだが(確か、湖の中に潜って対決するシーンがあった作品)、中には構成が難解で理解に苦しむ作品もあった。本作は、ストーリーも良く理解できたし、途中の展開も良かったと思う。

 ところで、本作に出演されている役者さんたちの中で、私がいつも注目しているのは、ヘレナ・ボナム=カーター(ハリー・ポッターシリーズでは、シリウス・ブラックを殺した女性)である。映画『チャーリーとチョコレート工場』などの作品で知られるティム・バートン監督と内縁関係にあるヘレナは、ティム・バートン監督の作品はもちろんのこと、様々な映画作品に出演されている。私は彼女の、他の人たちが厳格に守っているであろう境界をいとも簡単に超えてしまう演技が好きだ。日本の女優さんで言うと、大竹しのぶさんに近いものがある。彼女の演技を見ていると、与えられた役に対し、常に自分を極限に配置し、その役に没頭しているのがわかるのだ。もしも私がこれから女優さんになれるのなら、彼女のような女優さんを目指したいとさえ思う。

 今回は、「ええっ? 本当に?」と疑ってしまうような、かなりハラハラする事実を突きつけられたまま終わってしまった。いつも、どことなく悪役の雰囲気が漂っているスネイプ先生も、今回に限り、本当は悪役ではなかったというフォローなしに出番が終わってしまった。原作を読んでいないので、果たしてこの先どうなるのかはわからない。しかし、物語がクライマックスに差し掛かっているのは良くわかる。いよいよ最終作では、ヴォルデモート卿との激しい戦いが繰り広げられるのだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 本シリーズ作も回を追うごとに、恋愛色が豊かになって来ましたね。(笑)最初、ハリー役をダニエル・ラドクリフくんが演じると決まったとき、私自身が原作を読んだときに抱いたイメージとはまったく異なっていたので、かなり戸惑いました。しかし、今では彼以外のハリーは有り得ないとさえ思っています。それに対し、ロンとハーマイオニーは、最初から原作通りのイメージでしたね。最終作が、ハリーやロンに髭が生えないうちに完成することを祈っています。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« マンションの自主管理 | トップページ | メリハリのハリ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46163673

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』:

» 全国初の逮捕者!!公開前映画「ウルヴァリン XーMEN ZERO」ネットで流した男!!【動画あり】 [全国初の逮捕者!!公開前映画「ウルヴァリン XーMEN ZERO」ネットで流した男!!【動画あり】]
全国初逮捕者 公開前映画 ウルヴァリン XーMEN ZERO ウルヴァリン XーMEN ZERO動画 ウルヴァリン XーMEN ZEROユーチューブ ウルヴァリン XーMEN ZEROニコニコ動画 XーMEN動画 映画XーMEN XーMENブログ ブログ 最新映画ウルヴァリン XーMEN ZERO ピアキャス XーMENピアキャス 動画 画像 ピアキャスト ピアキャストウルヴァリン XーME�... [続きを読む]

受信: 2009.09.09 13:04

» 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(お薦め度★★★★) [erabu]
監督、デヴィッド=イェーツ。脚本、スティーヴ=クローヴス。原作、J=K=ローリン [続きを読む]

受信: 2009.09.10 04:07

« マンションの自主管理 | トップページ | メリハリのハリ? »