« 高額通信費の代わりに得たもの | トップページ | 長話には至らず »

2009.08.29

ホットヨガ(一五九回目)

高額通信費の代わりに得たものの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 確かに家の中にあるはずなのですが、失くしたメディアはまだ見付かりません。(苦笑)もしかすると、今は私自身に旅行アルバムを作成する時間的な余裕がないために、落ち着くまでどこかに隠れているのかもしれません。その状況にあまり目くじらを立てても仕方がないので、その間にリアルタイムの記事を更新させていただくことにします。今回は、およそ一ヶ月振りのホットヨガの記事であります。

 私の通っているホットヨガスタジオ・オーを経営している親会社から、ある日、一通の葉書が届いた。何だろうと思いながら目を通してみると、それはとても悲しいお知らせだった。八月三十日をもって、私が通いつめた神戸店が閉店してしまうというものだったのだ。そして、この葉書を受け取った数日後、私はおよそ一ヶ月振りに神戸店でレッスンを受けた。

神戸店閉店のお知らせ葉書

 葉書を受け取ったとき、まず最初に頭に思い浮かべたのは、神戸店でお世話になったスタッフの顔だった。おそらく、神戸店を閉店させるという兆しは、私たちがこの葉書を受け取るずっと以前からあったのかもしれない。そうした内部事情を知った上で、最後まで神戸店で働くことができるということが素晴らしいと私には思えたのだ。私自身が同じような問題に直面したとき、彼女たちと同じ選択ができるだろうかとも考えた。

 どのような顔をして受付に顔を出せばいいのか、私は少し戸惑った。扉を開けて受付のスタッフにあいさつをすると、そこにはいつもお話をさせていただいているスタッフが立っていた。私はひとまず、苦笑いをした。ロッカーの鍵を受け取るときに神戸店閉店の話になり、とても残念であることと、最後まで神戸店で頑張っていらっしゃる姿に感動しましたと伝えた上で、残りの言葉を呑み込んだ。いつもお話をさせていただいているスタッフは、
「大丈夫ですか? 通えますか?」
と気遣ってくださった。そう、私は少し前に五十回回数券を購入したばかりだった。前回の回数券の繰越もあったので、私の回数券は五十回以上、残っていた。私は、
「三宮店も梅田店もありますし、通えますよ」
と答えた。神戸店のスタッフは、これからどうなるのだろうと思ったが、敢えて聞かずに私は支度を整えてスタジオに入った。

 今回、参加したレッスンは、六十分のビギナーコースだった。夏休みでしばらく不在にした上に、帰国後も横浜で野外ライブに出掛けたり、またその翌週は身体をゆっくり休ませたい気持ちがあったりと、レッスンに出掛けなかった。帰国直後に横浜に滞在したときに、川崎のラビエでレッスンを受ける計画もなかったわけではないのだが、さすがにその計画は見送った。そのため、しばらく身体が鈍ってしまっているだろうと思い、ビギナーコースのレッスンを選んだのである。

 私と一緒にレッスンに参加していた人たちも、きっと複雑な思いを抱えていらっしゃることだろう。特に、ビギナーコースのレッスンを受けている人たちは、入会されてからまだ日が浅い人もいらっしゃるはずだ。神戸市内には、ほかに三宮店もあるが、利用している交通機関などの関係で、三宮店よりも神戸店のほうが通い易いという方もいらっしゃるかもしれない。スタジオ内は、いつになくしんみりとした雰囲気が漂っていた。

 レッスンの開始時間になり、スタジオに入って来たインストラクターは、さきほど受付であいさつをさせていただいたインストラクターだった。ああ、このインストラクターからここでレッスンを受けるのも、またこのスタジオに通うのも、本当に残り少なくなってしまったのだろうか。

 思えば、これまで私が足を運んで閉店してしまった支店はいくつかある。大阪の心斎橋店、同じく大阪の本町店、名古屋栄店などがそうだ。そしてこの夏、京都四条通店と京都駅前店も閉店してしまったが、来月の初めに、京都の二つのスタジオが合併したスタジオがオープンするらしい。確か本町店で働いていたスタッフは、梅田店や南森町店に勤務されるとうかがった。ということは、神戸店のスタッフも、三宮店や梅田店に勤務されることになるのだろうか。

 久し振りに受けたホットヨガのレッスンでは、ビギナーコースであるにもかかわらず、たくさんの汗をかいた。やはり、保冷専用ボトルに入れた冷たい水が効力を発揮しているようである。暑い夏でも、冷房の効いた部屋で過ごすため、汗をかかなくなってしまっているので、こうして心行くまで汗をかくと、とても心地の良い刺激になった。

 レッスンを終えたあと、いつものようにシャワーを浴びた。このシャワールームも、おそらく閉店後は取り壊されてしまうのだろう。そして、ロッカーも撤去されてしまうのだ。そんなことを思うと、これまで当たり前のようにここで過ごして来た時間が愛しくてたまらなかった。

 着替えを済ませて受付に行くと、店長さんと、さきほどのレッスンを担当してくださったインストラクターが見送ってくださった。伝えたい言葉がたくさんあるのに、何故か言葉にならなかった。

レッスンのときに着ていたTシャツ。この手は、一緒に書かれている真言の通り、オーン(オーム)を意味している。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 葉書を受け取ったときは驚きました。振り返ってみると、失った時間は大きいですね。私は神戸店のスタジオのすぐ隣にある映画館に入り浸り、ホットヨガのレッスンと合わせてほぼ一日中をそこで過ごしていたこともありました。その映画館が去年の十二月で閉館してしまい、今度は神戸店のスタジオの閉館です。映画館とホットヨガのスタジオのある九階は、テナントがなくなってしまうのでしょうか。本当に寂しいことです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 高額通信費の代わりに得たもの | トップページ | 長話には至らず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/46068830

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一五九回目):

« 高額通信費の代わりに得たもの | トップページ | 長話には至らず »