« 映画『愛を読むひと』 | トップページ | ホットヨガ(一五六回目) »

2009.07.20

多読がもたらしたもの

映画『愛を読むひと』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m さすが、劇場がひどく混雑しているだけあって、とても見応えのある作品でした。考えてみれば、マイケルは法学を学んでいたわけですから、そちらの方面でハンナをサポートすることもできたんですよね。でも、それをする勇気がなかったわけです。自分のほうがハンナに振られたという思いと、学んだ法学を活かし、希望に満ちたこれからの自分の人生のことを思うと、積極的に動くことができなかったのかもしれません。

 六月の最終土曜日は、大阪・梅田の貸会議室で、派遣会社の主催するTOEICのIPテストを受けた。ここのところ、私の英語学習法は、Oxford Reading Tree一色に染まっていた。eBayでイギリスの出品者からせっせと自分のレベルにあったOxford Reading Treeを購入しては、イギリスの出品者との簡単なメッセージのやりとりを楽しむとともに、時間を見付けては、生きたイギリス英語の表現に触れていた。それこそ、中毒ではないかと思うくらい、熱心に読みふけっていた。また、どのステージのどの作品を購入し、読み終えたかを、Excelで管理するのも楽しかった。

これまでに読んだStage 8から14までのOxford Reading Tree

 Oxford Reading Treeを読むのは本当に楽しく、私はとうとう楽しみながら英語を学習する方法を見付けたと喜んでいたものだ。もともと私は大学時代にイギリス英語を選択科目として履修していたこともあり、そのときに触れたイギリス英語の抑揚がとても心地良かったので、どちらかと言えばアメリカ英語よりもイギリス英語が好みだった。Oxford Reading Treeは、イギリス英語に触れたい私の好奇心を心地良く刺激してくれる、本当に楽しく最適な読み物だった。

 このように、春頃からOxford Reading Tree一色に染まっていたので、今回のTOEICのIPテストでは、確実にリーディング力がアップしているだろうと思っていた。実際、試験が終わったあとも、かなりの手応えを感じていたはずだった。何故なら、リーディング問題の試験終了前に感じる「まったくもって時間が足りない!」という焦りの感覚が、いつもよりも緩やかだかったからだ。

 IPテストを終えたあと、私はガンモに電話を掛け、いつものように、
「ひょっとすると、大台に乗ったかもしれない」
などとうそぶいた。そして私は、結果を楽しみに毎日を過ごしていた。

 IPテストを受けてから二週間近く経った頃、私の手元にスコアが届いた。仕事が忙しかった頃は、ガンモのほうが私よりも先に仕事から帰宅して、私のスコアをガンモに開封されてしまっていたのだが、ここのところ、私は定時で仕事を上がって帰宅しているため、ガンモよりも早い帰宅となっている。私は、届いたスコアを余裕で開封し、そして驚いた。

 な、何と、大台に乗るどころか、相変わらず小台のままで、しかも、前回のスコアよりも下がっていた。私自身の最も高いスコアから比べると、五十五点も低かったのである。がっかりした私は、過去のスコアと照らし合わせながら、今回の敗北について考えた。そして、間もなく一つの見解にたどり着いた。スコアが下がったのは、Oxford Reading Treeに夢中になるあまり、リスニングの学習を怠っていたからだ。これまでの私は、パソコンに向かっているときはいつも、BBCに耳を傾けていた。しかし、Oxford Reading Treeに夢中になることができたという安心感から、リスニングの学習をさぼってしまっていたのだ。

 今回のスコアにより、私が得た結論はこうである。いくら多読に夢中になったとしても、リーディングのスコアはすぐには伸びないが、リスニングをさぼるとスコアがガタ落ちする。言い換えれば、私の場合、短期間のうちにTOEICのスコアを伸ばそうと思えば、リスニング力を鍛えれば良いということだ。とは言うものの、私が実践しているOxford Reading Treeを使用した多読は、あまりにも楽し過ぎてやめられない。時間は掛かるかもしれないが、Oxford Reading Treeの多読が、いつかはリーディングのスコアアップに繋がるものと信じたい。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m eBayで落札しているOxford Reading Treeは、イギリスの通貨であるポンドで決済しているのですが、ポンドは変動が大きくてなかなか面白いです。飛行機の代金と同じように、夏になると、どんどん高くなるのです。そのため、春のうちに購入したストックもまだあるので、現在は落札を控えています。(苦笑)二年前にロンドンを訪れたとき、確か手数料込みで一ポンド二百五十円程度で換金していたように思います。ところが、この春くらいには、手数料なしで一ポンド百四十二円なんていうこともありました。これほど変動があるなら、ポンド預金なんていうのも面白いかもしれません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『愛を読むひと』 | トップページ | ホットヨガ(一五六回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/45693886

この記事へのトラックバック一覧です: 多読がもたらしたもの:

» TOEICスコア900点って本当に簡単なんです!! [【トーイック試験対策】]
【トーイック】英語を勉強するなら一度は受けたいテストですね!トーイック試験必勝の対策法とは?    [続きを読む]

受信: 2009.07.21 08:45

« 映画『愛を読むひと』 | トップページ | ホットヨガ(一五六回目) »