« ミルクティーからレモンティーへ | トップページ | スプリング・ハズ・カム? »

2009.05.31

映画『グラン・トリノ』

ミルクティーからレモンティーへの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。筋腫がきっかけで始めたことの一つ一つが、今は楽しくてたまりません。一旦、進み過ぎて、戻ろうとするプロセスを楽しんでいるかのようです。最初から健康であれば、あまりにも当たり前過ぎて気付かなかったことを復習しているのかもしれません。

 この映画は、ゴールデンウィーク最終日のレディースデーに、自宅近くの大型映画館で鑑賞した作品である。その数日前には、映画サービスデーを利用して、同じ映画館で一日中映画館を実践しているというのに、うっかりこの作品を鑑賞スケジュールに組み込むのを忘れてしまったため、慌てて鑑賞したわけである。

 クリント・イーストウッドの監督及び主演作品ということで、この映画が劇場公開されるずっと以前から、予告編を観て気になってはいた。しかし、正直言って、この映画が何をテーマにした作品なのか、予告編を観ただけでは良くわからなかった。印象に残っているのは、クリント・イーストウッドが銃を構えているシーンと、手で銃の形を作って銃を撃つ真似をするシーンだ。予告編の中に、「どうしてこんな傑作を次々に生み出せるのかわからない」といったコメントが寄せられていたが、鑑賞してみると、まさしくそのコメント通りの逸品だった。本作に深い感動を覚えた私は、もっと早くにこの作品のレビューを書きたくて、記事作成の準備を進めていたのだが、やはり鑑賞した順番を守ろうと思い、今までぐっと我慢していたのだ。

 最愛の妻を亡くし、一人で年金生活を送り始めた頑固な老人ウォルトをクリント・イーストウッドが演じている。朝鮮戦争で軍人として戦ったウォルトは、戦争とはいえ、人を殺めてしまったことをずっと心の傷として残している。ウォルトには息子たちがいるのに、どういうわけか、彼らとの溝は深い。一人暮らしの父を気遣って、息子たち夫婦がウォルトに持って来た誕生日プレゼントは、ウォルトの生活にはまったく必要のないものばかりだった。大切なのは、物を持って来ることじゃない。相手を知らずに物を持って来るということは、親孝行の役目を果たしたという息子夫婦の自己満足に過ぎない。本当に大切なのは、相手が何者であるかをじっと観察し、知ろうとすることだ。離れたところで暮らしている息子たちには、ウォルトの生活の基盤が何であるのかがわからないのだ。

 一見、人嫌いの頑固オヤジのように見えるウォルトの住む家のすぐ隣に、ラオスからやって来たモン族一家が引っ越して来る。最初のうち、ウォルトは異民族に対する偏見を持ち、彼らをひどく嫌悪していたが、彼らが同じモン族のチンピラどもにつけ狙われているということを知り、彼らをチンピラどもから守ろうとする。とりわけ、チンピラどもの命令で、ウォルトの大切にしているフォード製のグラン・トリノを盗もうとした隣人の息子タオや、タオの姉との交流が深まって行く。文化や風習の違いを乗り越えて、彼らが結んで行く絆が実にいい。血の繋がった息子たちでさえ結ぶことのできなかったウォルトとの絆を、モン族の彼らは時間を掛けて少しずつ確実に結んで行く。それは、互いに相手が何者であるかを良く観察しながら関わることで実現できたのではないだろうか。思わず、「遠くの親戚よりも近くの他人」という言葉を思い出してしまった。

 心を固く閉ざしている老人が少しずつ顔をほころばせて行く様が実に良く描かれていた。グラン・トリノを盗もうとしたことを許してもらおうと、ウォルトに精魂込めて奉仕しようとしたタオの熱意にも感動させられる。鑑賞している人は、これまで敵であった人たちが、やがて味方同士になって行くプロセスを見守ることになるのだ。

 ウォルトの亡き妻の遺言に従って、ウォルトの足を懸命に教会に向けようとする神父の熱意もいい。神父になりたての彼は、人間の死についての理解がまだまだ浅いと決め付けていたウォルトだったが、神父の熱心な歩み寄りにより、次第にその距離を縮めて行く。

 ウォルトが朝鮮戦争で人を殺めてしまったことを、心の痛みとしてずっと引きずっているという背景が、あまりにも意外で心温まるラストに生きている。銃を使っていないのに、まるで銃で撃たれたような衝撃を受けた。これが、人を殺めたことを心の痛みとしてずっと引きずっている人の取った行動なのだ。ウォルトは、自分と同じような苦しみを決してタオには味わって欲しくなかったし、また、彼自身、同じ過ちを繰り返したくもなかったのだ。それでも、タオたちを守るための唯一の方法として、その計画を実践したのだろう。私は鑑賞後も、ラストの衝撃の余韻にしばらく酔いしれていた。

 本作に登場している役者さんたちは、本作への映画出演が初めての役者さんたちが多いようだ。それにもかかわらず、ウォルトと結んだ人間的な絆をはっきりと感じ取ることができる。おそらく撮影中も、出演者たちは、本作と同じように人間的な絆で結ばれていたのではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m タイトルの『グラン・トリノ』が車の名前であることを、鑑賞するまで知りませんでした。(苦笑)それはともかく、素晴らしい作品です。素晴らしい作品だからこそ、予告編を観ても、どのような映画であるのか、わかりにくかったのかもしれません。まだご覧になっていない方に、強くお勧めしたい作品です。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ミルクティーからレモンティーへ | トップページ | スプリング・ハズ・カム? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/45199304

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『グラン・トリノ』:

» 辞世の句 [辞世の句]
生涯を振り返り、感慨・総括・死への思いなどを詠う辞世。戦国武将や軍人、歌人らが死に際し詠んだ漢詩、和歌、発句等をなどの辞世集。予め用意された辞世や、とっさに詠んだ辞世、辞世を作れず、偶然生涯最後の作品となったもの(絶句)等があり、その人生・人柄・生き様などを鑑みることができます。... [続きを読む]

受信: 2009.06.18 11:04

« ミルクティーからレモンティーへ | トップページ | スプリング・ハズ・カム? »