« 楽しい多読と英英辞典(後編) | トップページ | ホットヨガ(一四七回目) »

2009.04.30

映画『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』

楽しい多読と英英辞典(後編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 英語を使わなければならないような状況に自分自身を追い込んでやると、必要に迫られて英語力がアップして来るのかもしませんね。落札したときに交わす、出品者と英語のメッセージのやりとりは、心地良い刺激になっています。

 この映画を鑑賞したのは、やはり私が犬好きだからということに他ならない。結婚間もない共働きの夫婦が、子育てのリハーサルとして犬を飼い始める。しかもその犬は、雷をひどく怖がり、留守番をしている間に家の中をめちゃくちゃにしてしまうような、予想以上に手の掛かる犬だった。夫婦はその犬にマーリーと名付ける。

 夫婦の夫役ジョンを演じているのは、映画『ダージリン急行』のオーウェン・ウィルソンである。彼の顔を見ていると、映画『ダージリン急行』のときに怪我をして鼻に貼っていたカットバンがまだ残っているのではないかと思わせるのだが、良く見ると、鼻にカットバンは貼られていなかった。映画『ダージリン急行』では、映画『戦場のピアニスト』のエイドリアン・ブロディ同様、どことなく冴えない役柄だったが、本作ではやんちゃな飼い犬マーリーと根気強く向き合う好感の持てる夫の役だった。

 ジョンも妻のジェニーも、新聞社でライターの仕事をしている。夫婦で同じような才能を持って生まれ、互いに切磋琢磨し合っている様子がうかがえる。しかも、妻のジェニーのほうが夫のジョンよりも社会的な立場を確立させているようにも見て取れる。女性が新聞社でライターの仕事をするとなると、家庭よりも仕事の優先順位が高く、いつも仕事で忙しくしている様子が想像される。そのような状況下にあっては、妊娠に対してもついつい消極的になってしまうのも無理はないのかもしれない。だからこそ、犬を飼い始めることが子育てのリハーサルになると考えたのだろう。

 思いがけない妊娠という形で夫婦の転機は訪れる。結局、ジョンとジェニーは三人もの子供たちに恵まれた。新しい家族が増えるとなると、特に、新聞社のライターのような忙しい仕事を抱えている女性にとっては、仕事もこなした上でマーリーの世話と家事、それから子育てをすべて完璧にこなすことは難しい。同じ女性の選択として感動したのは、ジェニーが手放したのはマーリーではなく仕事だったということだ。仕事にプライドを持っていたはずのジェニーが、母になることにより、あっさりとプライドを持っていたはずの仕事を手放したのである。もしかすると、仕事よりもマーリーを手放すという選択肢もあったかもしれない。しかし、ジェニーがそうしなかったのは、マーリーがやんちゃで手の掛かるマーリー犬であり、もはや家族の一員としてかけがえのない存在になっていたからなのだろう。いや、かけがえのない存在どころか、家族の大切な軸になっていた。そして、ジョンとジェニーにとって、マーリーがやんちゃで手の掛かる犬だったからこそ、子育てのリハーサルにもふさわしかったとも言える。もしもマーリーが大人しく、聞き分けの良い犬だったならば、忙しい仕事を抱えているジェニーが妊娠したとき、もっと別な選択肢を選んだかもしれない。「手の掛からないいい子」よりも「手の掛かるやんちゃな子」のほうが、人々の心に落とすものは大きいのだ。

 ペットを飼うと必ず迎えなければならないのは、人間よりも早い彼らの死である。寿命が近くなると、やんちゃなはずのマーリーが次第に元気を失って行く。この映画は、そんなマーリーに、「君はちゃんと幸せでしたか?」としきりに問い掛けている。アメリカ映画らしい展開ではあるものの、すっかり家族の一員となったマーリーと家族の触れ合いが面白おかしく描かれた心温まる作品である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m これまでにも、犬の映画はいくつか鑑賞して来ましたが、作品に登場したどの犬も「手の掛からないいい子」だったように思います。マーリーが「手の掛かるやんちゃな子」だったからでしょうか。夫婦の間に生まれた子供たちは大人しかったように思います。もしかすると、マーリーが反面教師になっていたのかもしれませんね。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 楽しい多読と英英辞典(後編) | トップページ | ホットヨガ(一四七回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44854183

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』:

» ダックスフント [ダックスフント]
ダックスフントは、ドイツ原産の犬種でアナグマ猟に用いられた猟犬です。 ジャパンケネルクラブ登録頭数の国内1位はダックスフントです。 ダックスフントは一番可愛い犬種です。 [続きを読む]

受信: 2009.05.01 12:52

» 産後太り [産後太り]
産後に体型が崩れてしまい、元に戻りたいのに戻れないと産後太りに悩んでいる女性は多くいます。 [続きを読む]

受信: 2009.05.04 10:00

» 妊娠中 セックス [妊娠中 セックス]
妊娠中のセックスはケースバイケースのことが多く一切しないという夫婦もいれば、あまり満足できないという夫婦もいれば [続きを読む]

受信: 2009.05.04 15:35

« 楽しい多読と英英辞典(後編) | トップページ | ホットヨガ(一四七回目) »