« 朝日を浴びながら通勤する(2) | トップページ | 朝日を浴びながら通勤する(4) »

2009.04.22

朝日を浴びながら通勤する(3)

朝日を浴びながら通勤する(2)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。不況の波は、私の出勤時間にまで影響を及ぼしてしまいました。それにしても、短期間のうちにいろいろなことが変化して行くものですね。

 私は、毎朝五時に目覚ましをセットして起床するようになった。目を覚ますと、目覚ましを七時にセットしなおして、すぐ隣で寝ているガンモにキスをしてからそっと起き上がる。それからノートパソコンのスイッチを入れて「ガンまる日記」の下書きを三十分ばかり書いたあと、シャワーを浴びてお弁当を詰める。そして、歯磨きをして軽くお化粧をしたあと、七時には家を出る。

 冷え取り健康法のために四枚重ね履きしている靴下は、履くのにとても時間が掛かるので、一枚もしくは二枚だけ履いて出掛ける。残りの三枚もしくは二枚はバッグの中に忍ばせて職場に持参し、仕事中、トイレに立ったときに格闘しながらトイレで履いている。

 最寄駅まで自転車を走らせたとき、朝日が私を優しく包み込んでくれているのがわかった。獅子座生まれの私は火の星座に属しているので、太陽の光を浴びるとうれしくなる。それに、太陽の光は、子宮筋腫を患って第二チャクラが閉じてしまっている私に、第二チャクラを活性化させてくれるポジティヴなエネルギーを送り込んでくれるのだ。なるほど、早起きをすれば、太陽からのエネルギーをこんなにも受け取れるものなのかとうれしくなった。

 しかし、最寄駅に着いてみると、私がこれまで利用していた時間帯よりも駅がひどく混雑していることがわかった。サラリーマンはもとより、学生さんが特に多いのである。そして、七時過ぎに自宅の最寄駅を発車する快速列車に乗り込むと、これまで利用していた通勤列車よりも人口密度が高くてなかなか落ち着かなかった。これほど学生さんが多いのは、おそらく学校が始まるのにちょうどいい時間帯なのだろう。とは言え、東京に住んでいた頃に、身動きできないほど隣の人に密着するような通勤ラッシュを経験しているので、それに比べればかわいいものである。私は、五時に起きて仕事に出掛けて行くのが辛いなどとぼやいている場合ではないことを理解した。世の中の人たちは、私が実践するよりももっと以前から、早起きして通勤、通学を心掛けていたのである。

 三ノ宮駅に着き、JR線を降りると、今度は神戸市営地下鉄に乗り換える。この地下鉄がJR線以上に混雑していた。エスカレータで駅のホームまで降りて行くのだが、団子になった集団の中に紛れ込むのもやっとと言えるほどの混雑ぶりである。しかも、これまでは三宮から余裕で座れていたのだが、やはり学生さんが多く、座席確保の競争率が高くてなかなか座れない。「ガンまる日記」の更新は、地下鉄の中で過ごす三十分が真剣勝負だと言うのに・・・・・・。私は心の中で、「そこの若い学生さんよ、お姉さんに、いや、おばさんのために席を譲りなさい」と念じてみた。しかし、私の想いが届くことはなく、若者の彼らは私に席を譲ってはくれなかった。

 それでも、学生さんたちは途中の駅で下車されるので、私はすばやく席を確保し、ノートパソコンを広げて、途中まで書き上げた下書きに追記して行く。そして、職場の最寄駅に着くまでのわずかの間に集中して記事を仕上げて行く。ああ、最近のこのめまぐるしい変化は何なのだろう。勤務先で昼休みにノートパソコンを広げられなくなってしまったり、通勤時間が繰り上がることにより、混雑した地下鉄の中でノートパソコンをなかなか広げられなくなってしまったことは、「ガンまる日記」を毎日更新したい私にとって、とても不利な状況である。短期間のうちに、「ガンまる日記」を書き続ける環境が少しずつ崩れ始めているのだ。私はこれから先、「ガンまる日記」を毎日更新することができなくなってしまうのだろうか。そんな不安が私の心に暗い影を落としていた。

 何とか「ガンまる日記」を書き上げて地下鉄を降りると、今度は職場までずんずん歩く。そして職場に着くと、仕事開始のチャイムが鳴るまでの間に、バランス栄養食を胃の中に流し込む。自宅を出るのが七時なので、自宅で朝食を自宅で摂るとなると、昼食までの間にお腹が空いて仕方がない。そこで、朝食の時間をできるだけこれまで通りの時間帯に合わせるために、職場に着いてからバランス栄養食を摂ることにしたのである。

 私が八時半に出勤したのを見て、他の派遣仲間や上司のまた上司も驚いていた。しかし、粋がってはいるものの、正直言って眠い。特に、プロゲステロンクリームを使用している時期は、仕事中に眠気に襲われがちなのだが、プロゲステロンクリームのもたらす眠気に加え、睡眠不足も加わって、私は仕事中に何度も船を漕ぎ、その度にはっと我に返った。

 定時に仕事を上がって帰宅すると、今度は夜、眠くて眠くてたまらなくなってしまった。そのため、帰宅してから一時間か二時間、睡眠を取るようになった。すると、必然的に「ガンまる日記」を書く時間を失ってしまう。もちろん、レディースデイを迎えても、映画鑑賞には出掛けられない。映画を観ているうちに眠くなってしまうことも考えられるが、帰宅してもすぐに眠くなってしまうので、「ガンまる日記」を書く時間を確保することができないからだ。朝の混雑した通勤列車と言い、夜の早い時間から眠くなってしまうことと言い、まるで「ガンまる日記」を書けなくなる方向へとどんどん向かっているかのようだった。

 休日になると、私はホットヨガの予約も入れずに睡眠時間を確保することを優先するようになった。これまでは考えられなかったことだが、睡眠時間を確保するために、朝十時くらいまで布団の中で寝ている。そうして週末のうちに睡眠時間を蓄えておくのだが、週の半ばになると睡眠時間の蓄えは尽きて再び眠くなる。

 私は、これから先もずっとこのような状況が続くのかと思い悩んだ。まだ早起きのリズムが出来上がっていないからだろうか。これまで以上に時間に追われ、なかなか思うような記事を書くことができない。今、私が選んでいることは、本当に私が選びたいことだったのだろうか。私は再び考え始めた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今、私は変わり行く環境に適応して行くのに必死です。(苦笑)ちなみに、私と一緒に仕事をしている人たちの多くは、職場近くに住んでいらっしゃる方が多いので、通勤時間が三十分圏内という方がほとんどです。しかも、勤務先は神戸市のはずれにあるため、自家用車やバイクで通勤されている方が多いのですね。だからでしょうか。本を読んだり映画を鑑賞したりといった芸術的なことを好む人が少ないように思います。最近は思うように足を運べなくなってしまいましたが、仕事帰りに映画を鑑賞したりしているのは、もしかしたら私だけかもしれません。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 朝日を浴びながら通勤する(2) | トップページ | 朝日を浴びながら通勤する(4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44761091

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日を浴びながら通勤する(3):

» Megaporn(メガポーン)で見る1919GoGo.comの世界 [Megaporn(メガポーン)で見る1919GoGo.comの世界]
最大ファイルサイズ5GB、無制限アップロードが可能。Megaporn Videoで1919GoGo.com一部作品を無料視聴!≪前ページ|ホームへ|次ページ≫より、どんどん動画を拝見して参りましょう! [続きを読む]

受信: 2009.04.25 16:25

« 朝日を浴びながら通勤する(2) | トップページ | 朝日を浴びながら通勤する(4) »