« ホットヨガ(一四五回目) | トップページ | 映画『戦場のピアニスト』 »

2009.04.18

足しても引いても同じ結果になる計算式

ホットヨガ(一四五回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m もしかすると、学校の勉強なども、教師と生徒の距離感によって、成績が伸びたり停滞したりするのでしょうか。成績がぐんぐん伸びて行く時期というのは、教わる側に吸収しようとする意気込みがあることはもちろんのことですが、教師と生徒の絆が形成されつつある時期に相当しているんでしょうね。この先、教える側と教わる側の距離がもっともっと近くなれば、そこに甘えや惰性が生まれてしまうのか、伸び率は落ちて来るようにも思えます。家庭教師による学習指導は、最初はぐんぐん伸びても途中から停滞すると言われていますよね。自分との戦いに勝つ人だけが、高い伸び率を維持できるのかもしれません。

 頭に白いものが混じり始めたので、およそ二ヶ月振りに天然ヘナを使用した。今回もまた、ナチュラルオレンジを使用したのだが、百円ショップダ○ソーで購入した消費税込みわずか百五円の天然染料であるにもかかわらず、今回で三回目の使用になるというのにまだ一箱使い切ることができなかった。おそらく、次回の使用でようやく一箱使い切ることになるので、私の天然ヘナ一回分のコストは、わずか二十六円程度ということになる。ショートヘアにしたことが、確実にエコに繋がっているようだ。

 百円ショップダ○ソーの天然ヘナ売り場に足を運んでみると、ナチュラルブラウンのほうが圧倒的に売れ行きが良く、私が現在使用しているナチュラルオレンジは売れ残っていることが多い。かくいう私も、天然ヘナをダ○ソーで購入し始めた頃はナチュラルブラウンを愛用していたのだが、最近ではナチュラルオレンジにいろいろなものを混ぜるのが楽しみになって来た。

 今回も、何かを混ぜることを楽しみにしていたはずなのに、ついうっかりして、何も混ぜずにナチュラルオレンジをお湯で溶き始めてしまった。途中でそのことに気付いた私は慌てて、すぐ側にあったガンモの愛飲しているインスタントコーヒーをナチュラルオレンジの中に溶かし込んだ。前回前々回は、予めお湯で溶いておいた紅茶をナチュラルオレンジに溶かし込んだので、今回も同様に紅茶を溶かし込む意気込みでいたところ、ついうっかりしてしまったのだ。

 インスタントコーヒーを溶かし込んだ天然ヘナのナチュラルオレンジを一時間以上寝かせた私は、天然ヘナを塗り易い容器に移し替えて、シャンプーしてタオルドライした髪に少しずつ塗り込んで行った。塗り終わると、すぐに日本てぬぐいで巻き込んで、その上にターバンを着けた。それだけでは不安なので、更にその上にもう一枚、日本てぬぐいを巻きつけ、その上にシャワーキャップをかぶった。

 それから数時間、頭に塗り込んだ天然ヘナを寝かせることになるのだが、私はそのまま布団に入ってお昼寝をした。そう言えば、以前、書いた寝ヘナの記事を読んでくださった方が、
「まるみさんはガンモさんに愛されているよ」
という内容のメールを送ってくださった。これはどういう意味だろうと思っていると、天然ヘナの匂いが強烈なので、自宅で天然ヘナを使うことを嫌がる男性もいらっしゃるということだった。私は、天然ヘナを塗り込んで、シャワーキャップを付けたまま、普段、ガンモと一緒に寝ている枕に頭を乗せて寝ていたので、ガンモが天然ヘナの匂いに対して寛大であると解釈してくださったらしい。

 確かに、天然ヘナの匂いは強いが、私はそれほど嫌ではない。ガンモは、
「ヘナくちゃい(臭い)」
とは言うものの、やはり嫌悪するほどではない。私に限って言えば、嫌悪するとすれば、むしろ化学物質の入った染料のほうがよほど鼻につくような気がするのだ。

 こうして数時間、天然ヘナを寝かせたあと、私は天然ヘナをきれいに洗い流した。時間が経っていたからだろうか。洗い流すとき、髪の毛がゴワゴワしていた。シャンプーしたあと、どれくらい染まったかを鏡で確認してみると、今回もきれいに染まっていた。コーヒーを使用したからだろうか。これまでよりも色が明るくなく、落ち着いた色に仕上がっていた。

 天然ヘナを洗い流した髪の毛をタオルでゴシゴシ拭きながら寝室に戻ると、ガンモが私の髪の毛を見て、
「きれいに染まってる」
と言ってくれた。

 ところで、先日、ガンモが面白いことを指摘した。ガンモと出会った頃の私は、今と同じように髪の毛の一部がオレンジ色だった。とは言え、その頃は、わざわざ髪の毛の一部の色を抜いていた。しかし今は、ガンモと出会った頃と同じように髪の毛の一部がオレンジ色であるにもかかわらず、色を抜いているわけではなく、オレンジ色を足しているというところが面白い。引き算をしても、足し算をしても、同じ結果になる計算式がこの世にあるとすれば、それは髪の毛の色を表す計算式である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 天然ヘナを塗り込んだまま、横になって眠るのはとても気持ちがいいものです。身体に起こる好転反応と良く似ていて、とても眠くなるので、ちょうどいいのです。寝ているうちに、髪の毛がきれいに染まっているのですから、一石二鳥ですよね。今回はコーヒーを混ぜて少し落ち着いた色になりましたが、さて、この次は何を混ぜましょう。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一四五回目) | トップページ | 映画『戦場のピアニスト』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44718830

この記事へのトラックバック一覧です: 足しても引いても同じ結果になる計算式:

« ホットヨガ(一四五回目) | トップページ | 映画『戦場のピアニスト』 »