« ホットヨガ(一四三回目) | トップページ | 映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 »

2009.03.18

冷えのぼせ

ホットヨガ(一四三回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m インドの神様Tシャツは、レッスン前にトイレにこもって撮影しているものですから、トイレの明かりの関係で、携帯電話の影が写り込んでしまっています。意外にも肉付きのいいシヴァ神のお腹と同じくらい、かっこ悪いかもしれません。(苦笑)

 最近、仕事中に顔がひどくほてるようになってしまった。他の人たちも暑いのかと思い、周りの人たちの様子をうかがってみたのだが、仕事中に暑いと感じているのは、どうやら私だけのようだった。トイレに立ったときに、鏡に映った自分の顔を見てみると、ほっぺたがひどく赤くなっている。つまり、顔だけが熱くなっているのである。

 やがて私は、仕事中に団扇(うちわ)でパタパタと顔を扇ぐようになった。しかし、それではなかなか仕事に集中することができない。困ったものである。もしかすると、更年期障害のホットフラッシュが始まったのかとも思ったのだが、確かホットフラッシュは、暑い状態と寒い状態が交互にやって来て、汗をたくさん掻くらしい。しかし、私の場合、顔がほてるだけで、寒さはやって来ない上に汗もかかない。インターネットでいろいろ調べてみたところ、どうやら私の症状は、下半身あるいは内臓が冷えているために、冷えているところを一生懸命温めようとして心臓が血液を送り込もうとした結果、熱が上半身に上がって来てしまう「冷えのぼせ」というものらしい。

 冷えには大きく分けて二種類のタイプがあるようだ。一つは、手先や足先が冷えて、身体に冷えがあるとはっきり認識できるタイプ。もう一つは、手先や足先は冷えないが、下半身あるいは内臓の冷えにより、冷えているところを温めようとする作用が上半身に作用してしまうタイプ。どうやら私は、後者の冷えのタイプのようだ。ちなみに私は、手先や足先に冷えを感じることはほとんどない。

 「冷えのぼせ」は、高血圧やホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れなどと関係しているらしいのだが、それらのうち、どれが原因で、どれが結果なのか、私には良くわからない。高血圧もホルモンバランスンの崩れも、自律神経の乱れも、私にはすべて思いあたるフシがあるのだ。

 私が自分の身体で冷えを感じている部分は、やはり大きな筋腫のあるお腹回りである。身体の前面ではバストのすぐ下の辺りからお腹の辺りまでの体温が低く、身体の背面では腰回りの体温が低い。それらの冷えているところを温めようとして心臓が頑張り、血液を一生懸命送り込もうとするものの、内臓には熱がこもりにくいことから、その熱が顔に出ているということらしい。つまり、私が冷えを感じれば感じるほど、私の心臓は頑張ることになり、その頑張った結果が顔に現れるというわけなのだ。最近、血圧が少し高くなって来ているのは、心臓が頑張り過ぎているからかもしれない。そのためには、冷えを感じているところの冷えを改善する必要があるようだ。

 それにしても、冷え取り健康法を始めたことで、これまでよりも冷えは改善されつつあると思っていたのに、おかしなものである。現在、私は冷え取り健康法の靴下を三枚重ね履きしているが、仕事中に顔のほてりを感じるようになるのと同期して、足元に冷えを感じるようになってしまった。以前よりも足を温めているはずなのに、冷えを感じてしまうとはどういうことなのだろう。足が、もっともっと温められることを期待しているということなのだろうか。とは言え、現在、私が履いている靴は、冷え取り健康法の靴下を三枚重ね履きするのにちょうどいいサイズなので、靴下を四枚重ね履きするとなると、より大きいサイズの靴を購入しなければならない。そのため、靴下を四枚履きするのは、自宅で過ごす休日しか実践することができないでいる。確かに、靴下を四枚履くと温かい。

 すぐには冷えを改善できないので、私はひとまず仕事中の対策として、顔のほてりを治めることから始めた。何故なら、ほてった顔を団扇で扇ぎ続けると、仕事に集中できないからだ。そこで、ティッシュを水で濡らし、両側の頬に貼り付けてみたところ、とても気持ちが良かった。恥も外聞もなく仕事を続けるならば、これでいいのかもしれない。しかし、トイレに立ってみると、ティッシュの切れ端が顔にくっついていたりして、ちょっと情けなかった。

 そこで、困ったときの百円ショップ頼みということで、またしても百円ショップに足を運び、面白いグッズを発掘して来た。それは、風水のフェイスマスクである。百円ショップには、様々なフェイスマスクが売られているのだが、それらのほとんどが紙製の使い捨てタイプのものである。しかし私が見付けたのは、繰り返し使えるタオル地のフェイスマスクである。しかも、風水のフェイスマスクとかで、何故かラベンダー色をしている。ラベンダー色は集中力を高めてくれるらしい。

風水のフェイスマスク。
耳に掛けられるように、ゴムが付いているのがうれしい。

 このフェイスマスクを水で濡らし、顔の下半分だけを覆うようにして半分に折り、ゴムを耳に掛ける。すると、瞬く間に怪しい人が出来上がる。もしもこのフェイスマスクを着けたままで銀行に出掛けて行こうものなら、間違いなく銀行強盗がやって来たと人々に恐れられてしまうことだろう。

 怪しいことはさておいて、水で濡らしたタオル地のフェイスマスクは、確実に顔のほてりを治めてくれた。トイレに立ったときに、鏡に映った自分の顔を眺めても、ほっぺたが赤くなっていなかった。それだけではない。オフィスはとても乾燥しているので、水を含んだフェイスタオルが口元にあると、喉にも優しいのだ。フェイスマスクの水分が乾いて来ると、私は霧吹きを使ってフェイスマスクに水を噴き掛け、再びフェイスマスクを耳に掛ける。以前は、団扇でパタパタ扇いでいたのに、両手が使えるようになって、仕事にも集中できるようになった。集中力を高めてくれるというラベンダー色の効果が出ているのかもしれない。

 仕事仲間たちは、ラベンダーのフェイスマスクを着けて仕事をしている私のことを不思議そうに見ている。花粉症や風邪などの理由で白いマスクを着けて仕事をしている人はいるが、私が着けているのは、顔のほてりを治めるためのラベンダー色の濡れたフェイスマスクなのだから無理もない。仕事仲間に尋ねられる度に事情を説明してはいるものの、例え私の仕事中の態度が銀行強盗犯のように怪しくても、周りが寛大であることに感謝している。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 同じオフィスで働いていても、私は他の人たちと身体の作りが違うのでしょうか。またまた怪しい人になっています。(苦笑)それでも、団扇でパタパタ扇ぎ続けるよりは仕事に集中することができます。熱を出したときに取り替える濡らしタオルのように、フェイスタオルに水を噴き掛けると、とても気持ちがいいのです。しばらく手放せそうにありません。と同時に、根本原因となっている冷えを取り除く方法を模索しているところです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一四三回目) | トップページ | 映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44395705

この記事へのトラックバック一覧です: 冷えのぼせ:

» 内側からキレイになる [アルファセレクション On-line shop]
本当の美しさを、いつまでも肌に現れるトラブルは、体の状態を伝えてくれるサインです。そんなときは、体の内側の声に耳を傾けてみましょう。自分の肌と体にいま何が必要かに気付くのは、とても大切なことです。いつまでも美しい肌を保つためにも、外からの ...... [続きを読む]

受信: 2009.03.19 13:54

» 若年性の更年期障害 [若年性の更年期障害]
若年性の更年期障害があるといことをしっていましたか。更年期はつらいと思われる人は知っておくべきことがあります。 [続きを読む]

受信: 2009.03.22 22:19

» 胸が大きくなった [胸が大きくなった]
胸が大きくなったらと悩む人が多いですよね。中学のころから成長がとまってしまい、ずっと胸の小さいことに悩んでいました。でも、最近は女性ホルモンの作用で胸を大きくできることがわかってきたので、その悩みから解消されている人が増えています。 [続きを読む]

受信: 2009.03.29 23:01

» 風水 グッズ [風水 グッズ]
風水グッズで運勢アップを図ってみませんか?仕事に家庭、金運アップまで風水グッズで運勢アップ! [続きを読む]

受信: 2009.04.16 22:48

« ホットヨガ(一四三回目) | トップページ | 映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 »