« 「がんばりたまえ」 | トップページ | 映画『マンマ・ミーア!』 »

2009.03.03

ホットヨガ(一四一回目)

「がんばりたまえ」の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ガンモがこんなにも頑張り屋さんだったということに改めて気付かされました。もしもガンモのスコアを私が追い越したとしたら、ガンモはどんな顔をするでしょうね。そのときのことを頭に思い描きながら、私も日々英語学習に励むことにします。(苦笑)

 土曜日は、久し振りに神戸店でホットヨガのレッスンを受けた。今回、参加したレッスンは、七十五分のベーシックコースである。神戸店の入口の扉を開けると、初めて顔を合わせるスタッフが二人、受付に立っていた。しばらく神戸店に足を運ばないうちに、人事異動でもあったのだろうか。良く話をさせていただくスタッフがいなくて、私は何となく寂しい気持ちになった。

 レッスンを担当してくださったのは、これまでにも何度かレッスンを担当してくださったことのあるインストラクターだった。しかし、私は普段、そのインストラクターともあまり話をしていない。もしかすると彼女が神戸店の店長さんなのかもしれないが、そのことについてもずっと確認できないでいる。ちなみに今回は、私を含む十二名の参加者でレッスンが行われた。パワーアクティブコースや脂肪燃焼コースに比べると比較的緩いベーシックコースだが、七十五分のレッスンということで、私には少し長く感じられた。

 バランスのポーズに入ったとき、以前、あやふやだった白鳥のポーズが出て来た。インターネットを検索してヒットする白鳥のポーズと、私が体験した白鳥のポーズとは大きく異なっているのだが、インストラクターは確かに白鳥のポーズとおっしゃったのだ。私が体験した白鳥のポーズは、まず両足で立ち、片足を膝のところで九十度に折り曲げる。そして、上げた足とは反対の手をまっすぐ上に伸ばし、手先だけをちょこんと斜めに折り曲げる。上げていないほうの手は、確か腰に添えていたと思う。そう、まるで身体全体でリフトを作るような感じのポーズである。ちょこんと斜めに折り曲げた手が白鳥の頭を意味しているのかもしれない。

 無事に七十五分のレッスンを終え、シャワーを浴びたあと、着替えを済ませてロッカーの鍵を返却するために受付に足を運ぶと、さきほどのレッスンでインストラクターを担当してくださったスタッフのほか、あまり見掛けないスタッフが二名ほど受付に立っていた。ああ、私は溝の口店でリラックスコースのレッスンを受けたことをスタッフの誰に話したくてたまらないというのに、今回も良くお話をさせていただくスタッフがいらっしゃらなかったので、とうとう切り出すことができなかった。

 私は、自分の言いたいことをなかなか切り出せないこの状況が、普段の仕事の状況と良く似ていると感じた。職場での私は、聞き役に徹するわけでもなく、かと言って、自分の世界を誰かにペラペラしゃべりまくるわけでもない。そのため私の職場の人たちは、私がスピリチュアルな世界に興味を持っていることなど知る由もないだろう。おそらく職場の人たちは、私が意図的に見せている入口が正規の入口だと思っている。しかし、それは勝手口なのだ。私の本当の入口は、もっと別のところにある。

 ところで、そろそろ回数券の期限が切れてしまうので、新しい回数券を購入しようかどうしようか迷っていたところ、二月末までに回数券を購入すると、バスタオル無料レンタル券が付いて来ることがわかった。ちょうど二月末日だったので、私は十回回数券を購入することにした。本来ならば五十回回数券を購入したいところだが、五十回回数券は既に販売が終了してしまったので仕方がない。しかも、現金払いのみである。「クレジットカードを使うことができれば、マイルが貯まるのに」などと思いながら、私はしぶしぶ現金で支払った。それでも、ありがたいことに、一生懸命貯めた「スタンプラリーでGET! 美肌系スリムボディ」スタンプカードが手元にあったので、二万四千円の十回回数券が千円引きになった。

 私は新しい回数券を受け取り、神戸店のスタジオをあとにした。あれ? ひょっとすると、さきほど回数券を購入するときに対応してくださったのは、三宮店のスタッフだったのではないだろうか。そう言えば、三宮店ともしばらくご無沙汰である。土曜日の午前中に好みのレッスンを受けたい私には、三宮店のスケジュールがなかなか合わず、すっかり足が遠のいてしまっている。次回というわけには行かないが、たまには三宮店に足を運んでみることにしよう。

 ホットヨガのレッスンを終えたあと、お昼ご飯を食べて、「ガンまる日記」を書き上げた。ガンモは仕事に出掛けていたので、私はすずらんの湯に出掛けて行く予定で家を出て来たのだが、「ガンまる日記」を書いているうちにどんどん時間が経ってしまい、時計を見ると既に十五時を回っていた。こんなに遅くなってしまっては、すずらんの湯の最終の無料送迎バスには間に合わない。結局私は、すずらんの湯を諦めて、自宅近くの映画館で映画を一本鑑賞してからおとなしく帰宅したのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m いつもお話をさせていただいているスタッフの姿が一人も見えないと、何となく調子が出ませんね。まるで自分の居場所を失くしてしまったかのような寂しさを覚えてしまいます。これまでじっくりと時間を掛けて、神戸店のスタッフと築いて来たコミュニケーションの基盤はとても貴重なものだったのですね。コミュニケーションの大切さをひしひしと実感させられました。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 「がんばりたまえ」 | トップページ | 映画『マンマ・ミーア!』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44240992

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一四一回目):

» 大人使いのできるクレジットカード [大人使いのできるクレジットカード]
大人使いのできるクレジットカード [続きを読む]

受信: 2009.03.09 05:05

« 「がんばりたまえ」 | トップページ | 映画『マンマ・ミーア!』 »