« 「何かいるものある?」 | トップページ | 映画『バンク・ジョブ』 »

2009.03.09

ホットヨガ(一四二回目)

「何かいるものある?」の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 半年に一度のお祭りが、また一つ幕を閉じました。(笑)我が家の洗濯担当のガンモに、「今回は洗剤を買わなかったよ」と報告すると、「どうせすぐになくなるんだから、買っても良かったのに」と、ちょっぴり残念がっていました。ガンモにそんなことを言われると、現在のストックが半年先まで持つかどうか、少し不安になって来ました。(苦笑)ただ、節約という観点からすると、安くなった洗剤をまとめ買いして遠慮なく使うのと、少々割高でも、洗剤をまとめ買いせずに少しずつ購入してチビチビ使って行くのと、どちらが効果的なのでしょうね。ストックがたくさんあると、チビチビ使うという感覚は薄れてしまうので、節約モードに切り替わらない気がしないでもありません。(苦笑)

 土曜日は、またしても神戸店でホットヨガのレッスンを受けた。今回も、七十五分のベーシックコースである。参加者は私を入れて十七名で、レッスンを担当してくださったのは、今回でようやく三ポイントを獲得されたインストラクターである。

 あろうことか、今回のレッスンでは、かなり息切れしてしまった。おそらく、一番奥のヨガマットを陣取ったせいだろう。鏡のすぐ前なので、自分の取っているポーズを確認しながらレッスンを受けることはできるものの、熱気がこもり易いせいか、とても暑かったのだ。私の息が荒くなっているのを感じ取ったのか、私のすぐ後ろでポーズを取っていた方が、「その荒い息は、一体誰の息?」と確認でもするかのように、私の方を振り返っていた。ちょっと情けない。それでも、途中退場することなく、最後までレッスンを受けた。

 レッスンを終えてシャワーを浴びたあと、受付にロッカーの鍵を返しに行くと、前回のレッスンを担当してくださったインストラクターが対応してくださった。何と、インストラクターは私に、
溝の口店でリラックスコースのレッスンを受けられたとか。いかがでしたか?」
と尋ねてくださったのである。私は、あまりにも突然のことに驚き、言葉を失った。神戸店のスタッフに、溝の口店で体験して来たことを伝えたくてうずうずしていたというのに、まったく予想もしない状況でいきなりチャンスに恵まれたので、なかなか言葉が出て来なかったのである。

 私はしどろもどろになりながら、
「ええ、ゆったりとしたポーズが多かったですよ」
などと当たり障りのない受け答えをしたように思う。インストラクターが、
「ライトコースみたいな感じですか?」
と尋ねてくださったので、
「そうですね」
と答えた。しかし、心の中では、「ライトコースともちょっと違うのだが・・・・・・」とも思っていた。リラックスコースは、骨盤を緩め、身体をゆらゆらと揺らすようなポーズが多かったからだ。ライトコースは身体に負担の掛からないポーズで構成されているが、リラックスコースはどちらかと言うと、脱力のイメージだ。

 私は思い出したように、
「ラビエには、脂肪燃焼コースやフロウコースのレッスンがないそうです」
とコメントした。それを聞いたインストラクターは、
「へええ、それは初めて知りました」
と驚いていた。

 せっかくインストラクターと話が出来たので、私は思い切って、そのインストラクターが神戸店の店長さんなのかどうかを確認してみた。すると、インストラクター曰く、店長さんは別の方だという。どうやら店長さんは、私が先週、十回回数券を購入したときに対応してくださった方のようだ。ちなみに、店長さんはレッスンは担当されていないそうだ。なるほど、それでずっと認識できなかったのだ。

 そして、もう一つ気になっていることを尋ねてみた。それは、良くお話をさせていただいているインストラクターのお姿を、最近、見掛けなくなってしまったことである。すっかりご無沙汰してしまっているインストラクターのお名前を出して、勤務スケジュールを確認してみると、その日は十六時からの勤務になっているそうだ。なるほど、もしも同じようなシフトが組まれていたのだとすると、私はいつも午前中のレッスンを受けているため、顔を合わせる機会がめっきり減ってしまったのかもしれない。もう一人、同じように確認しておきたいインストラクターがいたのだが、あまりしつこく尋ねるのも何なので、私は言葉を引っ込めた。

 それにしても、何故、私が溝の口店でリラックスコースのレッスンを受けたことを話題にしてくださったのだろうか。もしかすると、神戸店のスタッフのどなたかが「ガンまる日記」を読んでくださっていて、「○○さん(私の苗字)から溝の口店で受けたリラックスコースのレッスンの話を聞いてあげてください!」と連絡ノートに書かれていたのだろうか? いやいや、実際に連絡ノートなるものが存在しているのかどうか、私は知らない。あくまでも私の勝手な想像に過ぎない。ただ、もしもそれに近い状況だとすると、ちょっぴり恥ずかしい気持ちである。

 もしくは、私の回数券にスタンプを押してくださるときに、見慣れないラビエのスタンプが押されているのをご覧になり、これは一体どこの支店のスタンプだろうと、私の受講履歴を確認して話題にしてくださったのだろうか。想像は膨らむばかりだが、これからも想像し続けるために、敢えて尋ねないことにしよう。いつも、こうした歩み寄りがうれしいことは事実なのだから。

 ところで、今回からできる限り、レッスンのときに着ていたTシャツの写真を掲載して行く予定である。やはり、ヨガはインドで生まれたので、私はインドの雰囲気を味わうため、毎回、ヒンドゥー教の神様Tシャツを着てレッスンを受けているのだ。今回、着ていたのはドゥルガーである。ヒンドゥー教の神様Tシャツは、様々なバリエーションがあるので、今後もお楽しみに。

今回のレッスンで着ていたドゥルガーのTシャツ。
レッスン前にトイレにこもって撮影。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m いやあ、驚きました。vドッキリカメラかと思いましたよ。(苦笑)それにしても、私という人間は、いざというときに気の利いた台詞を発することができないのだなあと、つくづく実感しました。だから、文章のように、時間を掛けてじっくりと温めることができる表現方法を好むのかもしれません。本番に弱い私です。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 「何かいるものある?」 | トップページ | 映画『バンク・ジョブ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44297998

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一四二回目):

» ポチのBLOG [ポチのBLOG]
ポチのBLOG [続きを読む]

受信: 2009.03.10 01:38

« 「何かいるものある?」 | トップページ | 映画『バンク・ジョブ』 »