« 映画『ショーシャンクの空に』 | トップページ | ホットヨガ(一三八回目) »

2009.02.09

切磋琢磨

映画『ショーシャンクの空に』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。古い作品のレビューにお付き合いくださいまして恐縮です。人間描写の細かい良い作品でしたね。こうして振り返ってみると、それぞれの役が適役だったと思います。良い映画というのは、製作中に一つの大掛かりなプロジェクトに変身するのでしょうか。その大掛かりなプロジェクトの中で、役者さんたちは、与えられた自分の役に完全になり切るのでしょう。毎回思うのですが、いい作品ほど、他のキャストでは考えられない作品に仕上がっているように思います。

 ガンモがまだ出張中の頃、残業時間中に、ガンモから私の携帯電話に電話が掛かって来た。私は、仕事中は携帯電話の着信音もバイブレータも解除して、光だけで静かに着信を知らせるマナーモードに設定している。そのため、ガンモから着信があったことに気付かなかったのだが、ガンモは私の休み時間を知っているはずなのに、何故、残業時間中に電話を掛けて来たのだろうと不思議に思っていた。とは言え、ガンモからの着信がひどく気になったので、私はコソコソと携帯電話を手に抱え、オフィスの外に出ると、ガンモに電話を掛けてみた。

 ガンモは、やけに明るい声で電話に出て、
「こういうときに限って電話に出てくれないとはね」
となど言った。「こういうとき」と言われても、私は残業時間中なのだ。何をたわけたことを言っているのだろうと思っていると、ガンモは息を弾ませて、
「このあいだのTOEICの結果が、Webから参照できるようになってんの」
と言う。そのうれしそうな様子からすると、ひょっとしてひょっとするようだ。
「もしかして、大台に乗った?」
と尋ねると、
「大台も何も、大台をはるかに上回ったから。○○点」
と得意気に言う。

 ガーン。何だろう、この複雑な衝撃は。ガンモのTOEICのスコアがついに大台に乗り、単に乗ったどころかはるかに上回ったことは喜ぶべきことには違いないのだが、ようやくガンモとの差が縮まったと思ったら、また大きく引き離されてしまったわけである。私はとても複雑な心境だった。私の複雑な気持ちをよそに、ガンモの興奮した口調にはうれしさがにじみ出ていた。その夜からは、ガンモと電話で話をする度に、ガンモはTOEICのスコアを口にした。

 ところで、ガンモの職場では、同僚たちの間でTOEICのスコアがオープンである。つまり、互いに同僚たちのTOEICのスコアを知っている。それは、心地良い競争心を掻き立てているようだ。ガンモは同僚たちにも、喜びとともに、今回のTOEICのスコアを知らせたそうだ。実は、これまでガンモのTOEICのスコアは、同僚たちから少しばかり遅れを取っていて、同僚たちには大台に乗った喜びの声をさんざん聞かされていたらしい。それが、同僚たちのハイスコアを一気に追い越してしまったのだ。同僚の一人はガンモに、
「うれしい気持ちは良くわかりますから、一週間だけ喜んでいいですよ」
と言ってくれたそうだ。

 ガンモが大台をはるかに上回ったことを受けて、同僚たちは早くも三月の公開テストに向けて闘志を燃やしているようだ。ガンモの職場では、TOEICのスコアを公開することで、互いに切磋琢磨し合える雰囲気が出来上がっているのである。日本は隠す文化を持っているが、TOEICのスコアを公開し合うのも、外資系の職場ならではの雰囲気なのかもしれない。

 さて、ガンモは先週の金曜日の深夜に、無事に十日振りの帰宅を果たした。これまで小奇麗で快適なホテル暮らしが続いていたはずなのに、ガンモは帰宅するなり、
「やっぱりウチがいい。落ち着く」
と言った。その夜、ガンモがまたしてもハッスルしたことは言うまでもない。

 ガンモが出張から帰宅したあとの週末は、互いに仕事や出張の疲れを癒していたのだが、ガンモが突然、
「カニを食べに行きたいね」
と言った。私たちは、毎年のように城崎(きのさき)温泉にカニを食べに行っているのだが、今年はガンモがTOEICで大台をはるかに上回った記念として、来月、上海に行くことになった。

 もともと私たちの間では、
「上海に行きたいね」
という話は持ち上がっていて、ガイドブックまで購入していたのだが、ずっと伸ばし伸ばしになっていた。カニを食べに行くなら城崎温泉か、それとも北海道かと思っていたところ、たまたま通常よりも少ないマイルで上海まで利用できるキャンペーンが開催されていることがわかり、これを機会にせっせと溜め込んだマイルを利用して出掛けることにしたのだ。というのも、私たちには、どちらか一人がヨーロッパを往復できるくらいマイルが溜まっているからだ。ガンモはいつものように、インターネットで上海までの航空券と上海の宿泊ホテルを押さえた。ただ、上海蟹のシーズンは終わっているらしく、養殖の上海蟹を食べることになりそうだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 大台をはるかに上回ったガンモの喜びは大変なものでありました。これまで大台を目指して頑張り続けていただけに、喜びもひとしおだったようです。ちなみにガンモの学習法は、現在はニンテンドーDS Liteを使った学習法一本です。ニンテンドーDS Liteは、手軽に持ち運びできるので、ガンモは先日までの出張にも持参していました。悔しいことに、ガンモがTOEICを受験し始めてから、スコアが二百点ほどアップしているのです。私は、この悔しさを養殖の上海蟹にぶつけたいと思います。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『ショーシャンクの空に』 | トップページ | ホットヨガ(一三八回目) »