« 五本指の靴下との友好条約と半身浴 | トップページ | 映画『永遠のこどもたち』 »

2009.02.13

寝ヘナ

五本指の靴下との友好条約と半身浴の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。楽天市場で購入したのと同じような靴下をいろいろなお店で探してみたのですが、どのお店で売られている靴下にも、化学繊維が含まれていることがわかりました。これほど多くの化学物質が、当たり前のように私たちの身体と接触していることに驚きを感じました。とは言え、私自身、絹を使うことに対し、少々複雑な気持ちになってしまうのも事実です。というのも、ガンモと北京を旅行したときにシルクの専門店に案内され、シルクが出来上がるまでのプロセスを見学したからです。シルクの専門店では、蚕(かいこ)がせっかく作った繭(まゆ)を解いて糸にしているのです。繭の中に入っていた蚕はどうなるのでしょう。そのことを思うと、複雑な気持ちになります。天然素材とは言え、奪ったものであるという感覚を拭えません。それを考えると、化学物質は奪わないために生まれたのだろうかと考え始めて、またわからなくなってしまうのです。(苦笑)

 年末年始の休暇から二ヶ月経って、頭に白いものが混じり始めた。天然ヘナの魔法が解け始めてしまったのである。そこで私は、自宅でのんびり過ごすことにした日曜日に、前回の残りのオレンジヘナを使って白髪染めをすることにした。

 髪の毛をショートヘアにしたおかげで、ヘナの使用量はこれまでよりも少なくて済みそうである。取り分けた量からすると、一箱を三回に分けて使用できそうだ。すなわわち、一回分のコストはわずか三十三円というわけである。

 前回と同じく紅茶で解いたのだが、今回は、紅茶の中にヨーグルトを混ぜてみた。ヨーグルトが天然ヘナに対してどのような働き掛けをするのか良くわかっていないというのに、ザ・ダイソー ナチュラル;ヘナのクチコミ - アットコスメ(@cosme)の書き込みを拝見して、私も真似てみたのである。ヨーグルトには、ダ○ソーヘナ独特の臭いを抑える効果があったのかもしれない。いつもよりも草原の臭いが緩かったように思う。

 紅茶とヨーグルトでヘナを溶いてからしばらく放置したあと、溶いたヘナを前回と同じ容器に入れて頭のてっぺんから少しずつ垂らして行った。今回は水分が多くなってしまったためか、ヘナが次から次へと頭から垂れて来てしまい、垂れたヘナとしばらく格闘することになってしまった。それでも何とか塗り終えて、日本てぬぐいで頭をくるんだ上からシャワーキャップをかぶり、そのまま数時間放置した。

 取扱説明書通りに行うならば、ヘナを塗り込んでから三時間の放置でいいはずだが、寒い時期だったので、少し長めに放置することにした。しかも、放置している間に眠くなり、シャワーキャップの上からビニール袋をかぶせてベッドに横になって寝てしまった。二時間ほど眠ってヘナを洗い流したところ、またしてもしっかりとオレンジ色に染まっていた。鏡を見ると、以前よりも、オレンジ色がずっと濃くなっている。白髪がオレンジ色に染まったはずなので、オレンジ色が濃くなっているということは、私の白髪は相当多いということだ。

 ザ・ダイソー ナチュラル;ヘナのクチコミ - アットコスメ(@cosme)によれば、ヘナをしたまま寝ることを「寝ヘナ」と呼ぶらしい。私がベッドで寝ヘナをしたので、ガンモは枕の臭いをクンクン嗅いで、
「ヘナくちゃい(臭い)」
と言った。だからと言って、枕カバーを取り替えるわけではない。天然の臭いなのだから、そのままでいいのだ。

 ザ・ダイソー ナチュラル;ヘナのクチコミ - アットコスメ(@cosme)の書き込みを拝見すると、ヘナの使用感に対し、他の人たちよりも極端に低い評価を付けている人たちがいる。私は、映画サイトのユーザレビューを思い出した。ヘナに呼ばれていないのにヘナを使用すると、ヘナを通しての体験は、その人にとって特別なものにはならない。それは、決してヘナが悪いわけではなく、その人にヘナを受け入れる準備が整っていなかっただけだ。

 二ヶ月に一度のヘナは、私にとっては特別な時間である。何しろ、化学染料を使えばわずか十五分程度で染まってしまう白髪を、今回は七時間も掛けて染め上げたのだから。また、ヘナの中にいろいろなものを混ぜ合わせてみるのも楽しい。そういう意味で、ダ○ソーヘナは、利用者が様々なアレンジを加えられるように、髪の毛を染め上げるというベースだけを私たちに提供してくれているのかもしれない。白髪を染める方法が幾通りもあるなんて、素敵じゃないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今回もいい色に染まりました。(^^) 職場では、「髪の毛が明るくなりましたね」などと言われましたが、色が明るいせいか、白髪染めだとは思われていないようです。「ダ○ソーヘナで白髪染めしたんだよ」と答えたのですが、私の職場にいる女性たちはみんな若いので、白髪を染めるという楽しみをまだ良く知らないようです。私だけが楽しみを独り占めしてはいけないと思い、こうして「ガンまる日記」に綴っています。(^^)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 五本指の靴下との友好条約と半身浴 | トップページ | 映画『永遠のこどもたち』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44056453

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ヘナ:

» 美肌guide [美肌guide]
美肌guide [続きを読む]

受信: 2009.03.08 18:58

« 五本指の靴下との友好条約と半身浴 | トップページ | 映画『永遠のこどもたち』 »