« ホットヨガ(一三七回目)(前編) | トップページ | 「良く来た」 »

2009.02.04

ホットヨガ(一三七回目)(後編)

ホットヨガ(一三七回目)(前編)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。何とも小ぶりなスタジオではありましたが、私のように大きな荷物を持ち歩いていると、横幅の広いロッカーがうれしいのです。私の知る限りでは、関西方面で横幅の広いロッカーがあるのは、南森町店だけです。

 スタジオ内は、普段、私が通っているスタジオよりも少し暗かった。照明を落とすことで、それぞれが内へと向かい易い状態を作り出しているのかもしれない。気のせいか、スタジオの温度もそれほど高くはなかった。

 レッスンの開始時間になると、スタジオに入って来たのは、前髪の一部だけ金髪の混じったインストラクターだった。ヨガマットは十二枚用意されていたが、一名キャンセルが出たのか、十一名でのレッスンとなった。

 レッスン始めに行う深い呼吸や、ウォーミングアップのストレッチなどは、私がこれまで受けて来たレッスンの流れとほとんど変わりはなかった。しかし、それら一つ一つのストレッチが身体をリラックスさせることを強く意識したもので、例えばストレッチをしたあと、足を念入りにトントンと叩く時間も設けられていた。

 私はストレッチを通して、自分の身体に起こっていた、ある変化を感じ取っていた。それは、冷え取り健康法を始めたことにより、以前よりも足の指が広がるようになったことだ。ウォーミングアップで行うストレッチの中には、手の指と足の指を握手させて足を圧迫するストレッチがある。これまでは、足の指がなかなか開かなかったため、足の指を完全に広げ切れずにストレッチを行っていた。ところが、五本指ソックスを毎日履き続けているおかげで足の指が開き易くなり、手の指と足の指を楽に握手させることができたのである。

 ウォーミングアップのストレッチが終わり、いよいよポーズに入ったのだが、どのポーズも目新しいものばかりで驚いた。ゆらゆらとリラックスしながら行うポーズが多く、ほとんどと言っていいほど、初めて取るポーズばかりだった。私は、スタジオ内に走り書きできるメモ帳を持ち込めば良かったと後悔している。かろうじて覚えているのが、揺れる吉祥のポーズ、人魚のポーズ、ヴィーナスのポーズ、寝転がって行う牛の顔のポーズ、それから、猫のポーズの振り返りバージョンくらいである。

 揺れる吉祥のポーズは、足を組み、股関節を緩めながら、左右にゆらゆらと揺れるポーズである。私は、自分自身が振り子になったような気がして、とても気持ちが良かった。人魚のポーズは、両足を投げ出して座り、片足をもう片方の足の上に置いて身体をねじるポーズだった。ヴィーナスのポーズは、前かがみになって身体を片方にねじり、ねじった側にある手を上に上げ、もう片方の手は下に下げるポーズだった。寝転がって行う牛の顔ポーズは、仰向けになり、両足を交差させるポーズだった。座って行う牛の顔のポーズは、いつものレッスンで行っていたが、寝転がって行うポーズは初めてだった。

 他のスタジオでは、スタジオ内が暑くなると、クーラーのスイッチが入れられるのだが、溝の口店ではインストラクターが入口のドアをパタンパタンと手動で何度か開閉して、冷たい空気を送り込んでくださった。溝の口店の冷気の取り入れ方はエコロジーを感じられるもので、地球にとても優しい気がした。

 ちなみに、今回受けたリラックスコースの紹介をホットヨガ サロン ラビエのページから抜粋させていただくと、

全体がゆったりとしているリラクセーション系プログラムです。様々な体位変換があり、全身を伸び伸びと動かしていきます。また、ゆらぎを含むポーズで背骨、骨盤など歪みを調整します。ゆっくりとポーズを行うことで、リラックスしながら体への波動(響き)を感じていきましょう。

とある。なるほど、揺れる吉祥のポーズのようにゆらぎを含むポーズは、私が最も望んでいる背骨や骨盤の歪みを調整するポーズだったわけだ。

 六十分のレッスン中、ほとんど汗をかくことはなかったが、これまで取ったことのないポーズをいくつも体験することができた私はすっかり満足し切っていた。レッスンを終えたあと、シャワーを浴びるため、ロッカールームへと足を運んだ。シャワーは七つしかないのですぐに埋まってしまったが、七つしかない分、他の人に素早く空け渡す技が鍛えられているのか、皆さん、シャワーを浴びる時間がとても短かった。あっという間にシャワールームに空きが出たので、私も続いてシャワーを浴びた。シャワーを浴びたあとも、溝の口店の設備が目新しくて、あちらこちらを撮影して回っていたら、気が付いてみると、ロッカールームに残されていたのは私一人だけだった。

 着替えを済ませて受付に行くと、先ほどのレッスンを担当してくださったインストラクターを含むスタッフが三人、受付に立っていた。私が使用したロッカーの鍵を受け取ってくださったスタッフが、
「次回のご予約は、○○店ですね」
と確認してくださったので、
「はい」
と答えると、
「いつもは関西方面のスタジオに通っていらっしゃるのですか?」
と話し掛けてくださった。私の使用している回数券がホットヨガスタジオ・オーのものだったので、少々珍しがられた。私は、
「そうなんです。今回はたまたま夫が出張でこちらに来ていたので、週末だけ私もこちらに来てみたんです」
と答えた。すると、スタッフの顔がニコニコしているのが伝わって来た。

 私は、
「こちらのスタンプは、どんなスタンプなんですか?」
と尋ねてみた。回数券にどのようなスタンプを押してくださったのか、とても気になっていたからだ。回数券を開いてみると、私がこれまで集めて来たスタンプとはまったく異なるスタンプが押されていた。夏休みに旅行先でラジオ体操に参加し、スタンプを押してもらったような特別な気持ちだ。

一番最後に押してある控えめなスタンプがホットヨガ サロン ラビエのスタンプ

 リラックスコースを受けた感想を述べておこうと思い、
「私がレッスンを受けているスタジオでは、リラックスコースがないので、とても新鮮でした。どうもありがとうございました」
と言った。すると、スタッフの一人が、
「でも、あちらには脂肪燃焼やスクイーズコースというのがあるんですよね。こちらにはないんですよ」
と教えてくださった。私は驚いて、
「では、太陽礼拝のポーズは、どのコースに含まれているんですか?」
と尋ねてみた。すると、
「アクティヴコースに入ってます」
という答えが返って来た。スタッフの話では、ホットヨガスタジオ・オーのほうがホットヨガスタジオとしての歴史が古いのだそうだ。なるほど。

 スタッフの一人が、
「またこちらのスタジオにもお寄りください」
と言ってくださり、何故か溝の口店の二月のレッスンスケジュールの紙を渡してくださった。

 そして私はスタッフに見送られ、ホットヨガ サロン ラビエ溝の口店をあとにした。お腹が空いていたので、そろそろ目を覚ましたであろうガンモに電話を掛け、一緒にお昼ご飯を食べることになった。リラックスコースという初めてのレッスンを受けた私の顔は、溝の口の街を歩きながらにやけていた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私が会員になっているホットヨガスタジオ・オーも、今回利用した姉妹店のホットヨガ サロン ラビエも、同じ系列のホットヨガスタジオですが、それぞれ開催されているレッスンが違っているということを改めて知りました。オーのほうがレッスンの種類が豊富で、また、激しいレッスンも含まれているようです。しかし私は、今回受けたリラックスコースがものすごく気に入りました。また関東に足を運んだときは、ラビエでレッスンを受けたいですね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一三七回目)(前編) | トップページ | 「良く来た」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/43962423

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一三七回目)(後編):

« ホットヨガ(一三七回目)(前編) | トップページ | 「良く来た」 »