« 憐れな靴底 | トップページ | 映画『サルバドールの朝』 »

2009.02.25

ホットヨガ(一四〇回目)

憐れな靴底の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 足元に右足の靴底が転がっているのを見たときは、本当に驚きましたね。あれほど重たそうな靴底がすっかり取れてしまっているのにまったく気付かなかったのは、席を立って歩き回らなかったからでしょうか。靴底が取れてしまっていることに気付かずに席を立って歩き回っていたら、とても恥ずかしいことになっていました。(苦笑)

 土曜日の午前中は、京都駅前店でホットヨガのレッスンを受けた。何故、わざわざ京都まで出掛けて行ったかと言うと、お互い、丸くなったねに書いた友人と一緒に、毎月二十一日に行われている東寺(とうじ)・弘法さんの市に出掛けるためである。お互い、ほぼ同じ時間に京都入りしたものの、友人はひとまず祇園へと出向き、私はホットヨガのレッスンを受けたあと、午後から東寺で合流することにしていたのだった。

 京都駅前店は初めて利用するスタジオだったので、早めに家を出たつもりだったのだが、乗る予定にしていた電車を一本逃してしまい、次の新快速列車を利用することになってしまった。関西地方には、私もしばしば通勤に利用している新快速列車という、滋賀県と兵庫県を高速で結ぶ便利な列車が運行している。走行距離が長いため、ひとたび列車に遅れが出ると、その遅れを増幅させながら引きずり易いのが難点ではあるのだが、何しろ新幹線や特急列車と変わらないほど速いのに特急券が不要なので、どの新快速列車に乗っても利用客は多い。ありがたいことに、新快速列車を利用すれば、我が家から京都までわずか一時間足らずで着いてしまうのだ。我が家から京都までは、阪急電車を利用する手もあるのだが、最終目的地の東寺が京都駅前から近いことから、阪急電車よりもJRを利用して移動したというわけである。

 京都にあるホットヨガのスタジオには、かつて京都四条通店に何度か通ったことがある。そちらはJRではなく、阪急電車を利用して出掛けて行くのに便利なスタジオである。一方、今回利用することになる京都駅前店は、JRを利用したときに便利なスタジオである。

 初めて利用するスタジオということで、地図を見て念入りに調べて狙いを定めていたものの、京都駅に着いたのがレッスン開始の二十分ほど前だったため、私はかなり慌てていた。しかも、レッスン直前になって、もう一度地図を確認してみたところ、最初に地図を確認したときに「ここだ!」と思っていた場所とは違う場所にスタジオがあることがわかってしまった。果たして、私の地図の見方が間違っていたのだろうか? それとも、あとから確認した場所のほうが正しいのだろうか? いずれにせよ、あまり悩んでいる時間はなかったので、私は慌てふためきながらも、京都駅前店のスタジオを血まなこになって探した。

 私は、京都駅を背にして立ち、目の前にある京都タワーを目印にして、狙いを定めたスタジオのある場所まで歩き始めた。ありがたいことに、ほんの少し迷いはしたものの、京都駅前店のスタジオは、あとから確認した通りの場所にあった。スタジオの名前通り、本当に京都駅前だった。私はホッと胸をなで降ろし、スタジオに続くエレベータに乗り込んだ。ところが、エレベータを降りた途端、私はトイレに行きたくなった。見ると、ビルに備え付けのトイレがある。受付でロッカーの鍵を受け取ったあと、ロッカールームの奥にあるであろうトイレを利用するよりも素早く利用できそうだと思い、私は受付を済ませる前にビルに備え付けのトイレを利用することにした。ひとまず、やれやれである。

 それから受付のスタッフにあいさつをして、ロッカーの鍵を受け取った。京都駅前店を初めて利用するため、ロッカールームの場所を尋ねると、受付のスタッフが丁寧に教えてくださった。私は急いで支度を整え、自宅から用意した水と受付で受け取ったタオルを持って、指定されたスタジオに入った。

 もたもたしていたせいで、既にレッスンが始まってから二分ほど経過していた。私は慌てて深い呼吸に加わった。今回、レッスンに参加していたのは私を入れて十名だった。参加したレッスンは、六十分の脂肪燃焼コースである。本当はもっと緩いコースに参加したかったのだが、時間と場所の関係で、脂肪燃焼コースを選ぶしかなかったのである。

 実は、今回のレッスンは、生理の三日目に当たっていた。三日目と言っても、一日目が夜遅くに始まったので、実質的には二日目と同等である。いつもならば、生理が始まってすぐのレッスンはキャンセルしてしまうのだが、このチャンスを逃してしまうと、次にいつ京都駅前店を利用できるかわからなかったので、意を決してレッスンに臨んだのである。私はレッスン中に生理の血を漏らさないように、細心の注意を払っていた。

 前回、梅田店で七十五分のパワーアクティブコースに参加してヘトヘトになってしまい、途中退場してしまった私だが、今回参加した六十分の脂肪燃焼コースは、生理中であったにもかかわらず、それほど私の身体の負担にはならなかった。取るポーズが多少きつくても、六十分という短い時間が私には目標になり、ちょうど良かったのかもしれない。また、生理の血が漏れないように細心の注意を払っていたおかげで、漏れることもなく無事にレッスンを終えた。

 シャワーを浴びたあと、冷え取り健康法の靴下を履く前に、私は足の爪を切った。ホットヨガのレッスンを受けたあとに爪を切るのは、私にとって、昼間に爪を切る唯一のチャンスなのだ。

 京都駅前店のスタジオは、京都四条通店よりもあとに出来たスタジオで、比較的こじんまりしている。スタジオの規模としては、神戸店よりも少し広いくらいではないだろうか。

 せっせと帰り支度を整えていると、マフラーがないことに気が付いた。確か、トイレに入ったときには首に巻いていたはずだ。私は「あっ!」と思った。トイレで生理用のナプキンを取り替えるときに邪魔になったので、マフラーを外してトイレのフックに掛けて、そのまま置き忘れてしまったのだ。ああ、外のトイレに残っていればいいのだが・・・・・・。そう思いながら、ロッカーの鍵を受付に返しに行くと、使い古した私のマフラーがきれいに巻かれて受付の小さな籠の中に収められていた。私はロッカーの鍵を返したあと、
「これ、トイレにありましたか? すみません、私のです」
と言いながら受け取った。使い古しのマフラーだったので、とても恥ずかしかった。こんなことになるくらいなら、もっと新しいマフラーを首に巻いて来るべきだった。しかし、そんなことを後悔してももう遅かった。

 私は、スタッフにお礼を言って、京都駅前店をあとにした。京都駅前店は京都駅からかなり近いので、JRで京都に来たときに利用するには本当に便利である。私は、また京都で用事を作ってここに来ようと密かに誓ったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 確か京都駅前店は、私がホットヨガの会員になってからしばらくしてオープンしたスタジオです。ということは、私のほうがちょっぴり先輩なのですね。(笑)本当に京都駅前にあるので、東寺で行われている骨董市に足を運ぶときはセットにできそうです。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 憐れな靴底 | トップページ | 映画『サルバドールの朝』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/44181646

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一四〇回目):

« 憐れな靴底 | トップページ | 映画『サルバドールの朝』 »